カテゴリ:海の釣り( 50 )
南房漁港の転びバテレン(朝マヅメ編)
   

あぁぁ、寒いじゃねえか


ついこの間まであんなに暑かったのに

ウェットスーツを脱いだ濡れた身体に

吹きつける夜風が体温を奪う

夜釣り教を棄て夜釣りを止めた俺だけど

夜通し釣らなければ夜釣りではないと

勝手な理屈をつけて長い夕マヅメの釣りを

今日も楽しんできたところだ


a0279321_12132573.jpg
可愛いよクチブトちゃん


だが老いさらばえた俺に長時間の釣りの

疲労に加えこの寒さはいよいよ堪える

南房磯べりの駐車スペースで

そそくさと身体を拭くと俺は

オンボロ車の運転席に滑り込んだ

背もたれを倒しまぶたを閉じる

朝マヅメまでぐっすり眠ろう








...








小一時間ほど眠ったのだろう

目を開けると車内時計の日付が変わっていた

買い置きの缶コーヒーを開けゆっくりと啜る

a0279321_12140319.jpg
漢(おとこ)はやっぱりグヮテマラだろう

30分くらいボンヤリとしてただろうか

別段グァテマラになることもなかったが

コーヒーに含まれる糖分とカフェインが

俺の体力と気力に喝を入れてくれたようだ

またぞろ釣りをしたくなってきた

ちょっと早いが朝マヅメの釣りを始めてみよう








...








外の様子を窺うとまだ少し風が強い

また濡れて冷たいウェットを履くのはツライ

釣ったクチブトは皆リリースしてしまったし

朝マヅメはどこか風裏の漁港で

喰える魚を狙うことにしよう

ひよった俺はそのままエンジンに火を入れ

ひと山越えて小さな漁港へと降りて行ったのだ








...









漁港の岸壁に車を横付けに停め

とりあえずカニ網を投げ込んだ

寒いのでしばらく車内でグズグズする

竿を出す踏ん切りもつかぬまま

頃合いを見てカニ網の細引きを手繰る

おおっ、何か掛かってるぞ

ちょっと小振りだが久しぶりのアオだ

a0279321_12125078.jpg
ミッドナイトタイワンインタテヤマ

お土産はカニだけでもイイやと

俺らしく軟弱な方針を決め

カニを網から外しバケツに放り込む

サンマを仕込み直して再びカニ網を投げる

冷たい夜風から逃げるように

俺は車の中に戻ったのだ








...









またしばらく車内で時を過ごす

そろそろかと車から出てカニ網の

細引きを手繰ると今度はスカのようだ

海藻やゴミとともに1メートルくらいの

ヒモがエサ袋から垂れている

外そうとそのヒモを握り俺は総毛だった


い、生きてる

きゃ~、いやぁ~ 

初老の男らしからぬ情けない悲鳴を上げ


岸壁のコンクリの上にへたり込んだ俺は

ちょっと下着を汚してしまったかもしれない

a0279321_12090947.jpg
もう勘弁してくれよ








...








恐る恐るヘッドライトでそのヒモを

照らして観察してみると

どうもイソメの類のようだ

仔細あって俺は長いモノが苦手なのだが

この巨大さとヌラリとうねるその様は

俺の許容範囲をはるかに超えている

反射的に俺はナイフを握り

そのイソメを真っ二つに切ってしまった

少しでも短くしようとしたのかもしれない

半島から輸入されるアオイソメのように

のたうちまわったり牙を剥いたり

することがなかったのは救いだが

ゆっくりとうねるそれはまだ充分に長くて怖い

俺はそれを再び真っ二つに切った

それでもまだ怖いのでそれぞれを二つに切る

8等分されたイソメは5インチワームのようになり

俺のココロは少し落ち着きを取り戻した








...








せっかくなので針に付け海に落とし込んでみた

すぐに竿先が引き込まれカサゴが釣れた

a0279321_12095395.jpg
肴追加

真夜中
あまりに早い朝マヅメは

魚の喰いは良くないことが多いが

a0279321_12102960.jpg
メバルも釣れた

潮が利きだしたのか

巨大イソメが特餌だったのか

a0279321_12110083.jpg
デカいのも釣れた

エサを落とすとすぐ釣れる

a0279321_12104135.jpg
旨そうな個体

入れ食いだった

a0279321_12101433.jpg

一つのエサで何匹も

夜釣り朝マヅメ釣り楽し~っ








...








カニもあるし肴にはもう充分だろう

秋分の日はとうに過ぎて

秋の日の日の出はずいぶんと遅い

見上げる夜空にはまだ星が瞬き

夜が明ける気配はまるでなかったが

俺はちょっと早い朝マヅメの釣りを

仕舞うことにしたのだ

a0279321_15094411.jpg

喰う分だけキープ









にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ




最後まで読んでくれてありがとう









[PR]
by US100243 | 2018-10-31 17:26 | 海の釣り | Comments(8)
南房磯の転びバテレン(夕マヅメ編)
  
ある夏の日俺は海に向けて愛車を駆っていた

久しぶりに潮の匂いを嗅ぎたくなったのだ


a0279321_15520778.jpg
海はイイのう

窓を全開にして潮風を迎え入れる

ハンドルを握る手がじっとりと汗ばむ

a0279321_15592873.jpg
外気温は35℃



...



外房は涼しいのう







...









気温35℃で涼しいとはふざけたことを言う

年寄りは熱中症に気を付けろよ
 と

言われてしまうかもしれないが

別に俺はヤセガマンしてるわけでも

老いぼれて暑さを感じにくくなってるワケでもない

俺は普段こんなトコロに棲んでいるのだ

a0279321_16125262.jpg
サイタマなめんなよ








...










せっかく外房まで来たのだから

もちろん魚釣りをする

カゴカキダイにはまだ早いから

メッキやショゴを釣って肴にしようと

漁港でルアーを投げ込んでみたが

豆サバやチビカマスばかりが元気で

喰える魚は一向に釣れない

のみならずアタマまで痛くなってきた

気温はサイタマよりずいぶんと低いが

海べりの直射日光はやっぱり強烈だ

陽が陰るまでちょっと休むことにしよう








...








a0279321_13244362.jpg
ふたりを~ゆ~うやみがぁ~


沈む夕日を眺めながら考えた

辺りも薄暗くなってお魚の警戒心も薄れるだろう

そろそろ旨い魚が釣れるんじゃないか

以前お話したように夜釣りを止めた俺だから

夜釣りをする気はまったく全然無いが

夕マヅメだけちょっとフカセてみよう

a0279321_13285989.jpg
なぜかコマセも解けている









...








南房まで下り久しぶりの磯フカセの準備を

もたもたしてるうちに辺りは暗くなってきた

竿を伸ばす頃には夕マヅメも極まって

磯べりに浮かぶウキがほとんど見えない

仕方がないので点灯してみた

a0279321_13245547.jpg
おおっ、なんなんだこの高揚感は









...








まずはいつもの君にご挨拶

a0279321_13251148.jpg
おコンバンハ

釣るのは夕マヅメの間だけだから

テンポよくコマセを打ち込んでいると

波間に揺れる赤く光るウキが沖に走る

よく走る魚は結構旨そうなイサキだった

a0279321_13265136.jpg
刺身がとれるな

最近ではアジより釣れるイサキだから

あと3枚ほど追加して釣りを切り上げようと

思って釣ったがなぜだか後が続かない

あわよくばフエダイでもと欲も出てきて

どう釣ればイイか海おとこさんにお尋ねしてみた

海おとこさんはご存知夜釣り教の幹部信者で

排便後の犬猫さながら後ろ足で砂をひっかけて

夜釣り教を棄てクリスチャンに戻っていったこの俺を

決してココロよくは思っていないはずだが

それでもちょっとした秘訣を教えてくださった


浅場を釣ってみろ







...








ヤマメだって夕マヅメにはチャラ瀬に出てくるだろう

フエダイも同じだ

何という説得力だろう

寸分も疑わずウキ下を50cmに詰めて

浅瀬を釣るとさっそくアタリだ

a0279321_13273276.jpg
クチブト君登場

それからはクチブトメジナが連発してきた

特にデカいメジナを浅場で掛けると

トルクのある引きで縦横に走るから

まるでフエダイの良型を掛けたように

錯覚してしまってそれはそれで面白い

a0279321_13273919.jpg
いつでもポッテリだね


夜釣り夕マヅメ釣り楽しぃ~








...









暫くして写真に写らないくらい黒いソイが釣れた

a0279321_13274844.jpg
見えますか?

ソイとイサキで喰うには足りる

おや、俺の格安スマホが光ってるぞ

見れば海おとこさんからのメッセージだった

夏場のクチブトを喰ってこそ真の漢

a0279321_13280353.jpg
仕方ないので1枚キープ

早く帰らにゃ日付が変わる

ちょっと粘り過ぎてしまったが

竿をたたんでコマセを流し

俺は夕マヅメの釣りを終わりにしたのだ









にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ




最後まで読んでくれてありがとう












  


[PR]
by US100243 | 2018-09-26 16:05 | 海の釣り | Comments(8)
俺のブラクリ


皆さんもワレメがお好きだろう


そんなことを言うと 当たり前だろう

ワレメが嫌いな男などどこにいる とか

僕はぷっくりしているワレメが好き とか

あらぬことを口走る御仁が出現するに違いないが

そんな問題ではなくこれは魚釣りのお話で

小磯の岩のワレメや堤防のコンクリのすきまや

積み上げられたテトラとテトラの間に生ずる

狭い間隙について言っている

a0279321_13323959.jpg
可愛いよワレメちゃん

まだほんのガキの頃俺は

タンスの隙間や机の下や押し入れの中の暗がりに

じっとうずくまっていることがよくあった

物悲しい気分の中にもこの世の困難や災厄や

辛い出来事から隠れ逃れられるような気がして

ちょっと安心できたのだと思う

外敵から身を隠し岩の間に潜んでいる

魚達のココロも同じなんじゃないだろうか









...









その日もアタリは遠かった

荒磯に挑んでルアーを失くしたり

a0279321_13512482.jpg
ルアー高すぎ

堤防からヒラメを狙ってみたり

a0279321_13593950.jpg
頼りのワームで

いろんな所でいろんなルアーを投げてはみたが

一向に魚の気配はなかった

回収したルアーがずいぶんと冷たい

試しに漁港でコマセを撒いてみたが

ミニフグ以外の魚は現れなかった

a0279321_14193344.jpg

どんなときも

水温が低すぎるのか

腕が悪すぎるのか

そもそも魚がいないのか

こんな時皆さんはどうしますか

海の風に吹かれただけで満足だよ と

早めに帰って家族サービスするのもイイだろう

ボウズ上等の漢釣りだぜこの野郎 と

ルアーを投げ続けて肩を痛めるのもイイだろう

だが俺はケチンボでちょっと浅ましいから

何としてでも魚を釣って喰いたい


そんな時俺はブラクるのだ

a0279321_14515567.jpg

可愛いよカサゴちゃん








...









ブラクリの主なターゲットは根魚だが

a0279321_15225838.jpg
メバル君

ワレメの中には結構いろんな魚がいる

a0279321_15084973.jpg

高値で売られているらしい

そして身を隠している安心感からか

普段は臆病な魚も大胆にエサを喰ってくる

a0279321_15153492.jpg

コッパ君

潮や天候が芳しくなくても何とかなるし

掛かった魚を問答無用でワレメから

引きずり出すコーフンもクセになる

俺は本命の釣りそっちのけで

終日ブラクってしまうこともあるくらいだ








...









そんな楽しいブラクリを使った釣りだが

岩やコンクリの隙間に仕掛けを入れるのだから

頻繁に根がかりするのは避けられないだろう

そして出来合いのブラクリ仕掛けは結構高い

だから俺は自作のブラクリで釣っている

特徴的な赤いハリスはDIY店で買う

a0279321_15572837.jpg

500円くらい?

測量に使われる化学繊維の撚糸だろう

これは電車結びで道糸に結び付ければ

ウキ止めにもなって重宝している

ひと巻買えば一生分あると思う

これに釣れる魚に合った針を結べばいいが

ムツ針やカサゴ針のようにネムリが入った針なら

いくらかでも根がかりが防げてイイだろう

でも新品の針を使うのはもったいないから

俺はタックルベリーで買った中古針を結ぶ

オールドファッションの海津でも伊勢尼でも

太軸の針なら何だってイイのだ









...









リールは仕掛けの長さを調節するだけだから

何だってイイが軸受けリールが使いやすい

俺は50年前に早逝した伯父貴の形見の

タイコリールを引っ張り出してみた

a0279321_16424668.jpg

ポンコチスト垂涎

昔のタイコリールは横転リールとも言って

キャストする時はこう回転させる

a0279321_16432705.jpg

糸がとんでもなくヨレる

構造はとてもシンプルだ

a0279321_16442729.jpg

イヤン見ないで

50年前の道糸は捨てて

a0279321_16450127.jpg

もったいないけど

30年前に買った14号を巻く

a0279321_16452778.jpg

ナマダ用漢糸

ずいぶん太い糸だと思われるかもしれないが

根がかり必至とはいえできるだけ海中に

仕掛けを残したくないからだ

喰いにはまったく影響ない









...









竿は使い古しのシーバスロッドが頃合いだ

岩やテトラに頻繁にぶつけるし

根魚はいったん根に張り付かれたら

なかなか獲れずに往生する

そんな時は道糸を巻いて巻いて

竿先を海中に入れ穂先を抵抗する獲物の

口中に突っ込むまで巻いて

強引に引きずり出したりする

a0279321_17261971.jpg

穂先折れる

もちろん高い竿が折れても気にならない向きは

ブランジーノでもエクスセンスでも

お好きな竿を使えばよろしい








...









エサはイソメの類が持ちが良くて使いやすいが

船からのカサゴ釣りによく使われる身エサは

ウツボが喰ってくるからあまりお勧めできない

なにボウズ逃れのお土産作りくらいなら

使いさしのオキアミで充分釣りになる

a0279321_17374760.jpg
エサ持ちは悪いけど

季節によって場所によって

喰える魚がいろいろ釣れる

a0279321_15162943.jpg
天種君

長竿を繰る正統派フカセ師の皆さんも

C&R派のスポーティなルアーマンも

たまにブラクリをお試しになってはいかがだろう

一度この味を覚えてしまったら

ワレメを見たらガマンできない釣り人に

アナタもなってしまうかもしれない






にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ



皆さん良いお年を











[PR]
by US100243 | 2017-12-29 18:17 | 海の釣り | Comments(10)
漁港でアイゴる~バリバリ喰うべし
 

漁港にアイゴが湧いている

a0279321_15472786.jpg
バリバリですよ

アイゴという魚はどうも毀誉が分かれる魚で

かなり旨いという評価もたまには聞くし

臭くて喰えないという悪口はしばしば聞く

沖縄には稚魚を塩辛にした珍味もあるし

西日本の所々ではヒラキが賞味されてるそうだ

そんな知識だけはあったから若い頃俺は

赴任先の九州で釣ったデカいアイゴを

開いて一夜干しにして喰ってみたことがある

こんがりと炙られて脂の滲み出たアイゴは

発酵した小便を想わせる強烈な磯臭さで

変なモノを喰っては食通を気どる癖のあった

若い頃の俺にしても喰えたものじゃなかった

ふたくちほど喰ってギブアップし残りは捨てたが

ケチンボな俺が腐ってない喰い物を捨てたのは

後にも先にもこの時だけだったかもしれない








...








以来俺は身辺からアイゴを遠ざけてきたのだが

馬齢を重ねて少しは分かってきたことがある

喰い物の旨いマズイを軽々に言ってはならない

同じ魚種であっても季節によってサイズによって

棲家の水質やもちろん喰ってるものによっても

ずいぶんと味わいが違うものだ

アイゴを高く評価する地方があることは

故無きことではないに違いない

漁港に群がる無数のアイゴを見て俺は思った


しばらくアイゴを追究してみよう


いろいろアイゴを釣って料って喰ってみて

俺なりにアイゴを評価し直してみたいと思うのだ

マトモな魚が釣れないから言ってるワケでは決してない








...








追究するなんぞとカッコつけてみたが

外房にも南房にも今アイゴはいくらでもいる

コマセをパラリと撒いてみよう
a0279321_15463452.jpg
カゴカキダイはいないのか

手のひらくらいのアイゴが湧いてくるだろう

口が小さいからアジサバ釣るより難しいが

カゴカキダイやハコフグほどテクニックは要さず

小バリを結べば簡単に釣れる

a0279321_15491779.jpg
小さいのはバリコと呼ぶ

カゴカキダイやサンノジと同様平たい磯魚だから

パワーとスピードはサイズの割には強烈で

細仕掛けで釣れば釣りとしてはとても面白い

鋭いヒレに毒を持っているのは皆さんご存知だろうが

これくらいの大きさなら別に大したことは

...


ぐわっ


a0279321_17363557.jpg
めごちバサミを使いましょう








...








イロイロ外道も釣れてくるが

a0279321_17490320.jpg
マイクロコッパ

雑魚釣りだって楽しいものだ

a0279321_17485220.jpg
これは旨くない

本命のバリコが釣り溜まってくる頃には

a0279321_17552454.jpg
これだけあればイイかな

秋の陽はつるべ落としに翳ってくるだろう

大型のアイゴと違ってヒレを切り落とすこともない

〆たり血抜きをする必要も全くなく

ただちょっと厚手のビニール袋にでも入れて

冷やして持って帰ればそれでよろしい








...








料ってみると言ったってもとより怠惰な俺だから

毒ヒレを落とさないばかりかウロコも引かず

ワタすら出さず下拵えはほとんどしない

ざっと洗って多めの塩をまぶしつけてみた

a0279321_12085256.jpg
まったくの手間いらず

これをタッパーに入れて冷蔵庫に格納する

アブッテカモをまねてみたのだ

ご存知の方もおいでだろうが

アブッテカモとはスズメダイの塩漬けで

よく博多辺りで焼いて肴にするから

九州北部の流儀だろう

ウロコが頑丈なスズメダイなら

なかなか塩が入って行かないから

しばらく漬け込むようだが

ウロコがないに等しい小さなバリコなら

一晩おけば頃合いだと思う

もちろんサイズや塩加減の好みにもよるから

イロイロ試してみてください








...








次の日タッパーを開けるとまぶしつけた塩は融け

少し磯臭い水が出ていた

a0279321_12362303.jpg
ポッテリとして旨そうだ

これをグリルで焼くだけだ

a0279321_13145331.jpg





...







あっという間に焼けたらさあどうぞ

a0279321_13250961.jpg

バリコ定食

おまじないのようにスダチを垂らして


a0279321_13274732.jpg

磯臭さ消えるかな

さあ喰ってみよう

a0279321_13304899.jpg

恐る恐る

カゴカキダイのように脂はのってないが

旨味のあるしっかりとした身質の白身だ

こんがりと焼き色のついた皮目も

ニカワを含んで香ばしく旨い

懸念していたションベン臭さはまったく無く

わずかに帯びた磯の香は

魚喰いには好もしい個性と言えよう

調子に乗って肝臓にも箸をつけてみた

a0279321_13501929.jpg

さすがにキモは...

おお大丈夫だ

普通の魚のキモのように普通に旨い


アイゴはかなり旨いぞ







>>低水温による資料不足のため
  続きはしばらく後になります






にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ


最後まで読んでくれてありがとう



[PR]
by US100243 | 2017-11-24 14:12 | 海の釣り | Comments(8)
漁港でカゴカく~そして冬の釣りへ
   
   
>>前回からの続き


さすがにこれは気恥ずかしい

彼岸もとうに明けて花の便りもちらほらと

聞かれる今になって「そして冬の釣りへ」はないだろう

日頃旬は大切だなどと分かったふうなことを言ってるクセに

季節外れも甚だしいとお怒りの向きもおいでかもしれない

あるいはこの期に及んで冬の釣りの話を持ち出すのだから

何やら深慮遠謀があってのことではないかと

深読みされる向きもおいでかもしれない

だがそんなことは全く無くて

ひとえに俺が怠惰でダラシナイからで

早く書こうと思いながらもメンドクサがってグズグズするうちに

季節は廻り春になってしまっただけなのだ

a0279321_14144892.jpg
自然農園(狭い庭)の雑草

恥じ入ってフォントも赤くなりそうなタイミングだが

そこはこの変痴気ブログをお読みくださる皆さんの

温情に甘えてお話を続けさせていただきたい

名残のカゴカキダイ釣りのお話をさせていただいて

このシリーズの締めとしたいと思うのだ








...








さて前回大型漁港でスレッカラシのカゴカキダイを相手に

イケそうでイケないカウパーな釣りを余儀なくされた俺だが

再びその漁港でカゴカくことを決意した

別に喰うために釣る小魚に過ぎないのだから

違う小磯や漁港でおぼこいカゴカキダイを

釣ればイイようなものだがそうは問屋が卸さない

釣れないとどうしても釣りたくなってしまうのは

釣師の本能のようなものだろう

ハードルが高いといよいよ燃え上ってしまうのは

オトコの本能のようなものだろう

a0279321_14533347.jpg
できるかな

このオトコ達のチャレンジ精神が生み出す付加価値によって

お魚釣りと水商売の世界は成り立っているのだと

言ってしまっても過言ではないかもしれない








...









スレたカゴカキダイに口を使わせるにはどうしたらいいか

誘いは効くようだが今一つよく分からない

イロイロ試してはみたのだが

ショゴに対する上下のアクションのように

特効薬的な動きは見いだせなかった

ならば仕掛けを落としてみよう

俺は渓流釣りの道具箱からこんな糸を引っ張り出した

a0279321_15143654.jpg
まだ使えるかな

メタルラインを除けば俺が釣りに使う糸としては一番細い

ちなみに俺は流行のゼロ釣法はやらない

この釣法の提唱者の伊藤稔についてはデビュー作の

「究極のヤマメ釣り」の頃からのファンではあるが

これからもゼロ釣法を試すことはないだろう

それについてはまたヤマメ釣りの頃にでもお話することにして

今度は小物釣りの道具箱からこんな針を出してみた

a0279321_16023696.jpg
クチボソや手長エビを釣るために買った針だ

0.2号の糸に秋田キツネの2.5号という細仕掛けに合わせて

竿はいつ買ったのかも覚えていないくらい古い

ペナペナのグラスロッドの穂先と穂持を抜き出して

握りにガムテープを巻いてみた

a0279321_16170967.jpg
エサにも念を入れたい

嫁がいないのを見計らって冷凍庫を探る

奥から凍っていてもクサイ小汚いビニール袋が出て来た

a0279321_16244698.jpg
中にはオキアミよりずっと小さい付けエサ用のアミと

使いかけのアミコマセまで入っていたから臭いワケだ

付けエサ用のアミはコマセのアミと同じものだろうから

コマセと同調させて海中に漂わせれば

スレッカラシのカゴカキダイもきっと喰ってくれるだろう


準備は万端整った







...










a0279321_17294505.jpg
夜釣りはしない俺だから

明け方に片道3時間走って大型漁港に着く

岸壁沿いに車を停めてドアを開けると


さっ寒い


風速10m位の北風が吹いている

もう季節は冬なのだ

よく晴れてはいるがあまりに寒いからだろう

普段は平日でも釣り人の絶えない漁港なのだが

こんな日に釣りをしようという酔狂な人間は

見渡したところどうやら俺だけのようだ

岸壁から海中をのぞき込んでみたが

小魚一匹見えなかった








...









スプーン一杯のコマセアミを海中に落とし込む

緩やかな潮の流れに乗ってアミが拡散していく

5分くらいの間をおいてまた落とし込む

綺麗に澄んだ潮でアミの動きがよく見える

根気よくコマセ続けていると魚っ気がでてきた

底の方から魚達が湧き上がってくる

トウゴロウや小メバルやネンブツダイ

時おり青く通過していくのはタカベだろうか

数は少ないがカゴカキダイの姿も見えた








...









コマセが効いてきた頃合いを見計らって

小さなサシアミを小針に付けて仕掛けを入れる

散り広がるコマセの中にアミを付けた針を漂わせる

さざ波に揺られる玉ウキがゆるゆる沈んだ

a0279321_13411985.jpg
ちびメバルだ

今度はぴゅんと玉ウキが沈んだ

a0279321_13442444.jpg
タカベだった

ポツリポツリと魚は釣れるので

退屈はしないが何しろ寒い

吹きすさぶ寒風を背に受けて短竿を握り

細仕掛けに玉ウキを付けてエンコ釣るなんて

こりゃまんまタナゴ釣りだな

a0279321_13581935.jpg
画像拝借









...









最近リバイバルの様子も見せるタナゴ釣りは

あまり季節にこだわらず産卵期を迎える春先に

釣ってその婚姻色を愛でたりする向きもあるようだが

昔は真冬に限られた釣りだった

ガキの頃長兄が俺にくれたバイブルを見てみよう

a0279321_14104635.jpg
紀元前42年刊


a0279321_14130065.jpg

釣ったらたいてい喰っていた

俺の育った家の近くには用水路が流れていて

利根川から引いていた水だから水質は良く

小鮒やオイカワをしばしば釣って楽しんだものだ

あれは10歳になるかならぬかの頃の冬

用水路の曲がりの深みで俺はタナゴを釣っていた

農閑期なので水は落とされていたが

今と違ってコンクリで護岸されていなかったから

カーブではえぐれて深みが形成されていたのだ

近くで初老の本格的なタナゴ師も釣っていた

俺は卵の黄身とメリケン粉を合わせた黄身ネリで

ポツリポツリとタナゴを釣った

玉虫を使うタナゴ師はほとんど釣れていなかった

よく釣れるね

タナゴ師が声をかけてきた

黄身ネリの方が喰うみたいですね

良かったらどうぞ使ってください

俺は大人びた口調でそう言い

黄身ネリを絡みつけた割り箸を彼に差し出した

ありがとうとタナゴ師は礼を言い、そして俺に訊いた

キミ釣り上手だね、いつごろからやってるの

10歳になるかならぬかの俺は答えた

ずっと昔からですよ

子供の使うずっと昔という表現に初老のタナゴ師は

ちょっと驚いたふうで彼のその戸惑いは

幼くて愚かだった俺にも確かに伝わった








...









そんな昭和の時代のタナゴ釣りを思い出して

寒さに足踏みしながら岸壁上で釣りをしてると

電光のように記憶がよみがえったのだ

おお、今カゴカキダイを釣るこのグラスロッドは


あの時タナゴを釣った竿ではないか

a0279321_15322504.jpg
なんと物持ちのよい

時間の感覚というものはその人が生きてきた

年月の長さに反比例するという説があるが

俺はほとんどそれは正しいと思っている

子供の頃の一年はとても長かったと

皆さんも思い当ることはないだろうか

いわば人生の冬に差し掛かった俺の10分間を

1時間の生として楽しめた頃の俺の時間軸が

重なったような不思議な感覚を覚えた








...








その日は結局4匹のカゴカキダイを釣った

a0279321_15432611.jpg
片道3時間かけて帰ろう

さて晩酌の肴だがさすがに皆さんカゴカキダイは

ちょっと続きすぎて食傷気味でしょうから

針を呑まれて持ち帰った外道のタカベを

今夜は料って喰ってみましょう

a0279321_15531929.jpg
小さいけどね

タカベは俺にとってちょっと分からない魚で

高級魚とされているようだがあまり旨いと思ったことはない

最初に釣ったのは九州でサラリーマンをしていた若い頃で

遠征した五島でグレ釣りのエサ取りとしてしこたま釣れた

連れて行ってくれた磯釣り会のベテランたちも

結構高級魚らしいねと言いながら持ち帰らない

俺は試しに持ち帰って塩焼いて喰ったのだが

パサパサしてまるで旨くなかった

そう言えば何年か前、まだ鵜原漁港でコマセが使えた頃

釣侍の大将に連れて行ってもらって釣ったこともあったな

やはり塩焼いて喰ったがあれは悪くはなかった

だが高級魚だと言われてしまうとちょっと首をかしげてしまう

ハタイた後のイサキのようなクセのないムロアジのような

何だかとらえどころのない身肉の味わいで

ひょっとすると旬と旬ハズレの差が大きい魚なのかもしれない

そんな魚は刺身で喰うのが無難だろう

三枚に卸して皮を引く

皮は硬くて引きやすい

小さいからシンコのように半身で一切れだ

醤油は使わず薄く塩味をつけてみた

a0279321_16250613.jpg
イイ感じだ

もう色付いてしまった名残のスダチをたっぷり絞って

さあ召し上がれ

a0279321_16265957.jpg
これは旨いよ











にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ



最後まで読んでくれてありがとう







  

[PR]
by US100243 | 2017-03-31 16:55 | 海の釣り | Comments(10)
漁港でカゴカく~南房総寸止めプレイ
   
>>前回からの続き


まずは 舐めるな!と申し上げたい


そんなことを言うとホントは舐められるの好きなんだろう

などとお下劣な茶々を入れる向きがおいでかもしれないが

そうではなくこれはマジメな魚釣りのお話で

たいして珍しくもなく簡単に釣れるからといって

カゴカキダイのような小魚釣りを

バカにして侮ってはいけないと申し上げたいのだ

a0279321_12265542.jpg
あぁぁダメだと言ってるのに








...









正直を言えば実は俺も舐めていた

そんなことを言えばほほう舐めるのも好きなのか

などと下品な茶々を(ry

秋の日差しを浴びて爽やかな海風に吹かれ

ルアーを投げるフリをしながら

a0279321_13240619.jpg
狙いはヒラメ

サンマを投げ込んでみたり

a0279321_13370412.jpg
狙いは???

ウェット着けてサラシに挑むフリをしながら

a0279321_13410101.jpg
狙いはヒラスズキ

イシガニにちょっかい出して流血してみたり

a0279321_13425045.jpg
学習能力ゼロ

ちんたらちんたら海べりで遊ぶ合間に

そう言えばもう一品オカズが欲しいなと

ちょっと竿を出せば釣れてしまう

夕マヅメまでの暇つぶしの手慰みにと

ちょっと仕掛けを下ろせば釣れてしまう

そんな付き合いのいいカゴカキダイを

俺は呼べばすぐ来る都合のイイ魚扱いで

舐めてしまっていたんだと思う

a0279321_13551793.jpg
釣った魚にエサはやらない








...









よく晴れた晩秋の日の昼下がり

俺は外房から南房へと車を走らせていた

夜釣りはやめた俺だから夕マヅメだけ磯に乗って

ちょっとフカセてみようと思ったのだ

そろそろクチブトメジナにもポッテリと

脂がのってくる頃だろう

途中途中の漁港に寄り道して

水色を観たりどんな魚が入っているのかいないのか

調べてみるのは日頃の俺の習わしだ








...









とある南房の大規模漁港

釣り場としても有名で平日の今日も

岸壁にポツリポツリと釣り人が見える

サビキで盛んに小魚を釣り上げている老夫婦に

俺はこんにちはと声を掛けながら近づいた

コマセの効いた竿下に小魚が群れをなしている

多くはトウゴロウだがジンタやらアイゴやらタカベやら

種類もけっこう豊富なようだ

小魚の中には一際目立ってカゴカキダイもいた

釣り人の絶えない有名漁港だからだろう

コマセを飽食してるであろうそのカゴカキダイ達は

ずいぶんと大きくポッテリと肥えて見える

こりゃ旨そうだな

夕マズメまではまだたっぷり時間がある

ちょっとこいつらと遊んでやるか

俺はそのカラダ白身目当てに車の荷台を開け

カゴカキダイ釣りの支度を始めた








...









1.2号フロロに早掛けのキス針を結ぶ

エサは千切ったオキアミでいいだろう

人様の足元に寄った魚を釣るのも気が引けるので

俺は岸壁に横付けした自分のオンボロ車の前に

新たに自分だけのポイントを作ることにした

フカセ用のアミブロックの表面から

解けかけたアミをスプーン1杯ほど掬い取り

目の前の海面にパラリと撒いた

音と臭いに気付いた小魚が寄ってくる

最初に駆け付けたトウゴロウの群れが

すぐに撒いたアミを喰い尽くしてしまう

またパラリと撒く

またすぐに喰い尽くされる

何度か繰り返すうちに騒ぎに気付いた他種の魚達も

次々と駆け付けてコマセを喰い始めた

カゴカキダイはその姿に似ず結構アグレッシブで

他魚を押しのけて沈下するアミを喰っている

そのうちの何匹かはテンションあがりまくりで

バシャバシャと落ちたばかりのアミを喰ってる始末だ


これはもう釣れたも同然だろう








...









千切ったオキアミをキス針に付け

群がる小魚達のそばにポチャリと仕掛けを落とす

水音に気付いた何匹かのカゴカキダイが

猛然と針に付いたオキアミに突進してくる

素早くアワセようとグッと竿尻を握りしめる

最初にエサに到達したカゴカキダイが

数ミリの間合いでストップしエサを凝視する


だが喰わない


プイと顔をそむけるとエサから離れてしまう

遅れてきた他のカゴカキダイ達もそれに倣い

水底に去って行ってしまった

エサは横からアイゴに喰われちまった

a0279321_13493371.jpg
そのうち喰ってみます








...









今度はオキアミを剥き身にしてみた

それでも突進してきたカゴカキダイ達は

エサの寸前でストップしてプイと横を向いてしまう


結構スレてやがるな


俺は針の全容が隠れるように丁寧にエサをつけた

これならどうだと振り込んだ仕掛けにも

近づいてきたカゴカキダイ達は顔をそむけた

エサは横からフグに喰われちまった

a0279321_14235986.jpg
くっ...

オキアミが気に入らないのか








...









俺はイソメを買いに釣り場を離れた

片手間のカゴカキダイ釣りのためだけに

わざわざエサを買うのも何だか癪に障る話だが

このまま引き下がるわけにはいかないだろう

釣りは難しいくらいがゲームとして面白い

近所の釣具屋で活きのいい青イソメを1パック買い

ヤル気を奮い立たせながら俺は釣り場に戻ったのだ







...








のたうちまわる青イソメをハサミで細切れにする

汁まみれのそれを針に付けて振り込む

やっぱりカゴカキダイは突進してくるが


くっ...喰わない


オキアミよりは幾分長く凝視していたが

カゴカキダイはイソメにも背を向けてしまった

ほらっ、キミの大好物だよ

俺は針に付いたイソメを小刻みに動かした

傷口から流れ出て海中に漂うイソメの肉汁に

やっぱり抗いきれなかったのだろう

振り向いた彼女はついに口を付けたのだ


でも先っちょだけ


前歯で皮の部分だけ甘噛みした彼女は

岸壁上で竿を握り締め見つめる俺を見上げると

うふふうふふといたずらっぽく笑うのだ

a0279321_15210280.jpg
イメージ画像です









...









チモト近くにガン玉を噛ませて

速く沈めてみたり上下に誘ってみたり

ハリスを長くして自然に漂わせてみたり

万策尽きた俺が竿をたたむ頃にはもう

漁港は夕闇に包まれ常夜灯が点きはじめていた

結局4時間釣って釣れたカゴカキダイは

誘いにリアクションで喰いついてきたのを

何とかアワセることができた1匹だけだった

a0279321_15562800.jpg
敗戦の膳







...







釣れた1匹だけのカゴカキダイを塩焼いて

純米酒を啜りながら俺は反省した

カゴカキダイを愛してると公言しているくせに

俺はココロのどこかでカゴカキダイを軽んじて

ちょっとバカにしていたんだと思う

彼女の優しさに甘えていたのかもしれない

ぞんざいに扱ってしまってゴメンよ

俺は謝った

いいのよ、分かってくれれば

カゴカキダイが答えた





懲りずにまだ続く>>










にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ



最後まで読んでくれてありがとう

[PR]
by US100243 | 2017-02-16 16:37 | 海の釣り | Comments(12)
漁港でカゴカく~昔の名前で出ています
   
   
<<続き

正直言えばもう帰ろうかと思った

せっかく旨いアカヤガラをもらったのだから


a0279321_16461219.jpg


早めに帰ってシコシコの新鮮な刺身で

純米酒でもチクリと飲りたかったのだ

中落ちの焼き物や削ぎ身の吸い物でも添えて

写真に撮ってブログの記事を仕立てあげ

お茶を濁してしまおうかと思ったのだが

さすがにちょっと気が引けた

このところ俺のブログの料理の記事は

貰いものや買った魚の料理が多い

俺にだって釣り師のハシクレとしてのプライドが

少しは残っていたのかもしれない

ここは一番自分の腕で旨い魚を釣り上げて

料って喰ってお読みくださる皆さんに

ご報告したいものだと午後の釣りを続けたのだ









...









俺は漁港や小磯をラン&ガンして

そろそろ旬を迎えるアイツを探し続けた

小ぶりな魚だがイソベラじゃない


a0279321_17143690.jpg

太夫崎漁港にて捕獲

キュンキュン引くがサンノジでもない

a0279321_17201395.jpg

小正月漁港にて捕獲

キレイでポッテリしているが海ギルでもない

a0279321_17233060.jpg

コイツは旨いような気がする

幼い顔つきのくせにポッテリとしたそのカラダは

旨いに違いないが今日の趣旨とは違うので放流


a0279321_17284785.jpg

野島崎東港にて捕獲

ここまでくればもう皆さんお察しだろう

そう俺が秋の海で釣って喰いたかったのは

やっぱり可愛いコイツだったのです


a0279321_17382886.jpg

あぁ会いたかったよ








...









なんだカゴカキダイかと言われてしまうかもしれないが

秋から冬にかけてのカゴカキダイはかなり旨いから

やっぱり釣り物から外せないだろう

岩や岸壁上でエンコ釣るから

スポーツフィッシングとはちょっと言えないが

結構面白いゲームフィッシングとは言えるだろう









...









ゲームフィッシングと言ったって俺が釣る魚だから

そんなに難しいことはない

エサはイソメの切れ端でもスロープで拾った巻貝でも

動物質のエサならなんだってよさそうだ

エサの匂いに興奮してくると群がる小メジナやクサフグを

押しのけてエサを突くくらい食い意地が張ってるから

居ればたいてい釣れる

気にするのは針のサイズと形状くらいか

何しろあのオチョボ口だから大きな針では釣れない

そのくせガッツキで針を呑み込むから

軸は長い方が扱いやすいだろう

俺はピンギスを釣る競技用キス針を使うが


a0279321_1522561.jpg

最後の一本

フグに喰いちぎられて切らしてしまった

だからアタック5で使えそうな針を物色する


a0279321_1581332.jpg

これが良さそうだ








...








釣り場に戻って針にハリスを結びながら思った

早掛なんぞとスカした名前が付けられているが

こんな針なら持ってるんじゃないだろうか

俺は荷台の混沌に首を突っ込み

ガラクタの中から針袋を引っ張り出した


a0279321_1528119.jpg

一緒やん

これは昔からある秋田キツネという針で

クチボソや手長エビを釣るために

もう何十年も前に買ったものだと思う

そう言えば競技用キス針だって


a0279321_15355825.jpg

まんまやん

これもアブミというクラシックな針で

昭和の昔、泥鰌釣りに入れ込んだ頃に

呑まれて往生するので試してみた針だ









...








昔の針に比べれば今の時代の釣り針は

値段は高くなったが針先の鋭さも防錆性も

焼き入れの具合も格段に進歩したと思う

でも名称は出来るだけ残してほしい

釣り針の名前もまた文化だと俺は思うのだ









...








昔買った針を再登板させたり

ヤドカリも喰うか試してみたり

暖かな小春日和の日差しの中で

磯べりの小魚を釣るのは楽しい

そしてバケツの中に釣れたカゴカキダイが

少しずつ増えてくるのを見ているだけで

俺はずいぶんとシアワセな気持ちになれるのだ


a0279321_1662683.jpg

早く喰いたい








...









家に帰ってカゴカキダイを塩焼く

庭にひとつだけ出ていた名残のミョウガは酢味噌で


a0279321_16132731.jpg

トンチンカンな奴

集めたムカゴは素揚げにして塩を振る

a0279321_16143562.jpg

精がつくかな


さあどうぞ

a0279321_1616328.jpg

秋の海の膳








...









いそいそと箸をつけるがちょっと期待に届かない

もう秋もたけなわの海のカゴカキダイなのに

脂のノリが足りないように思えるのだ


a0279321_16264368.jpg

充分旨いけれど

魚の旨いマズイを軽々に言ってはいけない

同じ魚種でも季節によってサイズによって

喰ってるエサや棲んでる水によっても

ずいぶんと味が違うものだ

このカゴカキダイは磯に張り付いたような

綺麗な漁港で釣ったから

栄養がちょっと足りないのだろうか

あるいはいつまでも下がらない海水温の

影響が旬を遅らせているのだろうか



カゴカキ深いな


そうしてこの秋俺はこのカゴカキダイを

少しこだわって追い続けてみたのだ





このシリーズまだ続く>>






にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ



明けましておめでとうございます






[PR]
by US100243 | 2017-01-06 16:45 | 海の釣り | Comments(10)
昼下がりの漁港~ラッパの声も高らかに
   
   
夜釣りをやめた俺だから

朝日とともに釣りへ逝く


a0279321_16254322.jpg

太陽光が目に沁みる

雲は白く空はあくまで青い

ひんやりとした潮風を胸いっぱいに吸い込み

海べりをドライブするだけでも楽しい


a0279321_16523839.jpg


今日は暗くて臭くてジメジメした夜釣りから足を洗った俺の

明るくて爽やかでちょっとカッコイイかもしれない

秋の日のスポーツフィッシングのお話をしたい









...









秋の声を聴くと青物が接岸してくるだろう

ヒラマサなんてゼイタクは言わない

ワラサくらいあれば味も乗って旨いだろうが

なにイナダだって上等だ

ナブラやらトリヤマやら魚の気配を探して

外房から南房に向けてパトロールしてみよう

ややっ、テトラの先にトリヤマ発見!


a0279321_10315226.jpg

バンバン差してるぞ

潮通しのいいポイントだから付いているのは青物だろう

いかにも釣れそうだがたいてい釣れない

なぜなら届かないからだ

俺の出くわすトリヤマは微妙に沖目に遠のいて

俺のキャスティング技術では届かない

指をくわえて見ているばかりだ

ジグをブン投げて挑んではみたが

やはり届かず沈みテトラにでも引っかかったのだろう

根がかりでロストしてしまった









...









水温が下がってくるとヒラメに味が乗ってくる

春に産卵を終えて痩せてしまったヒラメも

秋になれば身肉がポッテリと厚くなってくるのだ

ややっ、サーフで鳥が騒いでいるぞ


a0279321_17231681.jpg

もう釣ったも同然

本気でコイツを投げてみるか

a0279321_172627100.jpg

浜荻漁港で拾った

海底から50 cmくらい上を泳がせるイメージで

ゆっくり巻いたり速く巻いたりしてみるが

ミノーの釣りはたいてい釣れない

ならば手堅くコイツで攻めてみよう


a0279321_17355833.jpg

一番できる子

やっぱり釣れない

ルアーの釣りは妄想ばかりが膨らむが

なぜだかあんまり釣れないのだ








...









何がスポーツフィッシングだ

何が明るい昼間の釣りだ

釣れなきゃ話にならんじゃないか

今晩の肴はどうするのだ とおっしゃるか

マアマアそうせっつかないでいただきたい

急いては事をし損じる

そんな釣れないアナタのために

今日はとっておきのメソッドをお教えしましょう

向き不向きもあってちょっと難易度が高いかもしれないが

練習すればきっとアナタにもできるはず


a0279321_1845436.gif

頑張ってね







...









一向に釣れない釣りにクタビレ飽きてくる頃

時刻は昼に近づいているだろう

そこでおもむろに竿をたたんで漁港に逝く

カツオなんぞを水揚げするガチの漁港でなく

遊漁船の多い漁港がいい

そこには釣り客を乗せた船の帰港を待って

船宿のおかみがいるだろう

さりげなく挨拶をして世間話でもする

ここは大切で決して警戒心を抱かせてはいけない

俺は中身同様外見がしょぼいので上手くいくことが多い

木化け石化けといわれる渓流釣りを

少しはやりこんだのが役に立っているのかもしれない

漁港の風景に溶け込んで

おかみと一緒に船の帰りを待つのだ









...









ほどなくして船は帰ってくるだろう

さりげなく釣れてそうな釣り人に声をかける

クーラーボックスを揚げるのを手伝うのもイイ

最近では釣果画像をブログにアップして宣伝する

デジタルな遊漁船も多いから

撮影時に釣果を確認することもできる

その釣り人が大漁で大らかな気持ちになっているなら

話術を尽くして自慢話を聞かせてもらうのだ

興味を持ってリスペクトの態度を欠かさずに

そしてココロの奥で強く念じる

そうニューヨークのスラム街に生まれ育った

あの貧しい黒人の少年のように


a0279321_18501399.jpg

トランペットほしい



トランペットほしい



トランペットほしい



トランペットほしい



a0279321_1857370.jpg

トランペットげっと~!








...








この顔が全長の半分以上ある奇天烈な魚は

もちろんトランペットではなくアカヤガラだ

その釣り人は小アジを釣ってそれをエサに

呑ませ釣りを楽しんだのだそうだ

他にもショゴやらシマアジやらヒラソウダが釣れていたから

気を良くしてそのアカヤガラを俺にくれたのだ

奇妙な魚だがこのアカヤガラはとても旨い

あまり市場に出回る魚ではないので

ご存じない方もおいでかも知れないが

上品な脂を帯びた身質のいい白身魚で

煮ても焼いても刺身にしても堪らない

大喜びでクーラー替わりのトロ箱に格納しようとしたが

長さが1m以上あるから入りきれない

何だか惜しい気もしたが顔を切り落とす


a0279321_19224869.jpg

首ちょんぱ








...









アカヤガラとヤツが咥えていたエサの小アジを手に入れて

今晩の肴のシンパイはなくなった

ココロに余裕が生まれれば釣りも変わってくるだろう

さあ秋の日の陽光に包まれて

午後のスポーツフィッシングに出掛けようじゃないか


a0279321_19365058.jpg

何が釣れるかな





年を越して続く>>






にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ


皆さん良いお年を
[PR]
by US100243 | 2016-12-30 19:54 | 海の釣り | Comments(8)
解けた洗脳~もう夜釣りなんてしない
   
   
夜は冷たく暗いだろう


a0279321_1317273.jpg

ここへおい~で~よ~

黙って夜更けまでギターの弦やらご婦人の縮れた毛やらを

爪弾いているのがヒトとして正しい在り方だと思うのだが

一部の釣り人にはそれが分からない

昼間はボンヤリしているくせに陽が陰ってくるにつれ

妙にソワソワと落ち着きを失くし粉の臭いを嗅いだり


a0279321_13522919.jpg

くんかくんか

無闇に磯べりを歩き回ったりし始め

a0279321_1461375.jpg

スベって危ない

電気ウキに灯が点ると妄想と興奮は頂点に達っする

a0279321_14583686.jpg

今夜も逝きまくるよ

こんな人間はもうビョーキと言っていいと思う

かつては俺もそうだった








...









夜釣りといえば J 師だろう

もちろんこのブログにお越しくださる磯トンボさんは

房総半島の遠投籠釣りのパイオニアで

南房の夜磯を主戦場としていらっしゃるし

他にも夜釣りが得意な大勢の名人ベテランがおいでだろう

だがその腕前のみならず「夜釣り教の教祖」と奉られるような

カリスマ性といかがわしさを持った人物は

J 師においてほかにないと思う

俺も数年前房総に足しげく通い出したころには

爽やかにルアーでメッキなんぞを釣っていたものだが

魔が差したのだろう、ふと覗いた J 師の主宰する

「夜釣り教広報ブログ」にやられてしまった

巧妙に仕掛けられた洗脳プログラムにやられてしまった

明るく清々しい昼の釣りから暗くて危険でアミ汁臭い

禍々しい夜釣りの世界へとハマりこんでしまったのだ


a0279321_1324287.jpg

ベトベトですよ








...









俺はJ 師には今だに一面識もない

だが調べてみるとインターネットの世界のみならず

メジャーな紙媒体にまでその影響力は及んでいて

各界に狂信者その熱心な信者は多い

国防軍内にまで信者を潜入させていると聞くから

いずれ公安の監視対象になるかもしれない

a0279321_14253668.jpg

敵は爽やかルアーマン

俺は J 師のチカラを怖れそして心酔した

「全人類釣りマシーン化計画」などという

オドロオドロしい企てがあるとの噂を聞けば

あぁ俺も J 師のオチカラになれればと

磯べりで星降る夜空に祈ったりもした

俺はナンチャッテクリスチャンから改宗し

夜釣り教の信者となったのだ









...









そうしてこの数年俺は夜釣り教の敬虔な信者として

凪の夜には磯べりでメジナやアジを釣ったり

a0279321_1605263.jpg

赤メジナと茶アジ

荒れた夜には漁港でセイゴを釣ったりしてきたのだが

どうしたのだろう、この所ちょっと様子が変なのだ

あんなに狂おしいまでに夜釣りがしたかったのに

まるで憑き物が落ちたかのように最近はそうでもない

もちろん好きだから釣りはしたいのだが

別に夜釣らなくてもイイと思えるようになった

どうも夜釣り教の洗脳が解けたらしいのだ









...









季節になるとせせらぎに乱反射する陽の光に包まれて

ヤマメを釣ることが作用したのだろうか


a0279321_1646678.jpg

清らかな世界

夜釣りの主要なターゲットであるウナギやアナゴが

ちょっと怖くて触れないせいだろうか

夜釣りの至高のターゲットであるフエダイが

あんまり釣れないからだろうか

何が理由なのかは分からないが


俺は夜釣り教の信仰を失った



信仰を失った今、俺は昼の釣りを楽しむ


a0279321_16524750.jpg

ああいい景色だ

漁港でシロギス釣ったり

a0279321_1659186.jpg


ニザダイ釣ったり

a0279321_1734026.jpg


とても楽しい

おお、あそこに何か生ってるぞ


a0279321_1751286.jpg

木の実げっと

これはエビズルだろう

里山によく見る野生のブドウで

奥山に生るヤマブドウよりちょっと小さい

その黒熟した実を口に含むと


酸っぱ~い

夜釣りに比べて昼間の釣りは情報量が格段に多く

こうしていろいろな楽しみを楽しめるのだ









...








朝から遊んで陽の傾きかけた漁港


a0279321_1814534.jpg

タイワンげっと

カニを獲る俺の横を釣り人がすり抜ける

ウェーダー履いてライジャケ着けて

諸々を押し込んだショイコを重そうに背負い

チャランボを杖によろよろと歩いている

この先の階段から磯場に降りて

夜通しフカセるつもりなんだろう

夜釣り教信者のアナタに申し上げたい

夕マヅメを釣ったら早くお家にお帰りなさい



夜は眠るものですよ







にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ


最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2016-11-30 18:37 | 海の釣り | Comments(12)
外房ガチ磯~新春漢(おとこ)祭り
   
   
ヒラメが湧いているらしい


外房だろうが南房だろうが泳がせだろうがルアーだろうが

竿を出せば誰でもたいてい釣れるらしい


a0279321_1346498.jpg

ふ~ん

寒のヒラメは旨いのだからお前も釣れとおっしゃるか

釣りは大自然が相手なのだから

その時釣れる魚をスナオに釣れとおっしゃるか

...

だがそこに漢(おとこ)はあるのかな

ワームなんぞはフグにでも喰わせておけばいい


a0279321_1350949.jpg

一袋喰われた

漢はやっぱり身エサだろう

a0279321_13561468.jpg

出盛りに冷凍保存

南西強風大サラシ

a0279321_17341363.jpg

漢ぢる分泌

漢針

a0279321_1434977.jpg

小湊漁港で拾った

漢糸

a0279321_1445842.jpg

30年前に買った

ダイコーのナマディングロッド

a0279321_1464185.jpg

ベリーで700円

...

役者は揃った

ここに開催を宣言します

スマップ25周年



新春漢(おとこ)祭り066.gif


a0279321_14212580.jpg

明けましておめでとうございます







...









まずはメデタイ新年の釣り初めなのに

何が悲しくてウツボなんぞを釣るのかと言えば

決してヒラメが一向に釣れなくてヤケクソになったのではなく

以前ウツボを釣って喰った際にずいぶん課題を残したからだ

長物恐怖症を克服したことを喜ぶばかりで

この特徴ある食材を探求しきっていなかった

刺身を試してないし臓物も喰ってない

ウツボの旬は寒だそうだから

波しぶき漢汁ほとばしる真冬の荒磯に君臨する

獰猛なポッテリウツボを見事釣り上げて

あれこれ料って味わい尽くしてみたいと思うのだ









...









さて今回の対ウツボ戦に臨むにあたり

俺は強力なウェポンを準備した


a0279321_15424029.jpg

750g300円

そう、何の変哲もない塩である

これがウツボに効くのだ

俺はそれをうなっくすさんに教えていただいた

皆さんはうなっくすさんをご存じだろうか

長物が怖い俺からするとちょっとアレなお名前だが

お書きになるブログを怖いもの見たさでのぞいてみると

魚の処理や料理や盛り付けに造詣が深く

とても勉強になるブログなのだ

それもそのはずでうなっくすさんは本職の

魚を商材として扱うプロでいらっしゃるとのこと

そして大陸からウナギやらウツボやらの長物を

輸入したり加工したりするのが専門だそうな

お名前といい長物を大陸から輸入してるといい

長物が苦手な俺からするとメキシカン・マフィアなみの

凶悪な人物をつい思い描いてしまうが

もちろんうなっくすさんはそんなこともなく親切な紳士で

ウツボは塩で簡単にやっつけられる

ついでにヌルも取れてしまって具合がイイ


そう伝授してくださったのだ









...









タフなウツボ相手のタタカイは

なかなかトドメを刺せなくて難儀する

それが塩で簡単に殺せると知って俺は

ココロも軽く勇んで外房へ向かった

初場所の土俵に向かう相撲取りのように景気よく

ばっさばっさと塩を撒いてウツボをやっつけてやろうと

思って磯に乗りかけたがちょっと待てよ

750g300円の「伯方の塩」じゃモッタイナクないか

ちょっと漢スーパーをのぞいてみよう


a0279321_16502086.jpg

いらっしゃいませ

やっぱりあったぜ漢塩!

業務用5kg入りだ


a0279321_1652370.jpg

値段は忘れた









...









解凍サンマをいくつかに切り刻み

アタマとシッポを狙い澄ましたポイントにコマセる

冷たい冬の海だから少しでもヤツの活性を高めておきたい

しばらく様子を見ていると果たしてヤツは出てきた

メーターオーバーの黄色と黒のモンモンが

海藻の間をゆらりぬめりと舞っている



ああ気色悪い


そこで漢針にサンマを付けて海に放り込むのだが

ヤツはうろうろするばかりでなかなかエサを見つけられない

最初は警戒してるんじゃないかと思ったが

ひょっとしてウツボは目が悪いんじゃないだろうか

鼻先にエサを持っていくと躊躇なくパクリと喰いついた

ぐいとアワセるがすぐに外れる

ウツボの口中は硬くて針掛りが悪いのだ

サンマの切り身を丁寧に付け直すと

コーフンして舞い泳ぐウツボめがけて再び放り込む

すぐに喰いついてきたが今度は強くアワセない

アワセないがヤツが引き込もうとすることも許さず

そのポジションでじっと耐えるのだ

ヤツは怒って糸に巻きついてくるだろう

そうして引っ張り合っているうちに針が外れるが

巻きついた胴体のどこかに針が刺さるのだ

ヤツの頑丈な皮膚に刺さればもう外れることはないし

鋭い歯で糸を喰い切られることもない

スレ掛りのウツボの強烈な引きを

ティップからバットにかけての理想的なシナリで

ダイコーのナマディングロッドは吸収する

そしてその反発力でウツボは水たまりに引き上げられた


a0279321_13263037.jpg

うひょーっ、やっぱり怖い








...








おお、そうだ塩!塩を掛けねば

俺はウツボを岩上にさらに引きずり上げると

握り締めた漢塩を力任せにヤツに叩きつけた

怖いのでちょっと遠くから



えいっえいっ


a0279321_13384395.jpg

ウツボ悶絶

塩水の中にいるイキモノなのに

ナメクジのように塩で殺せるのだろうか

効かなかったらどうしようとの疑いと恐怖が

俺の脳裏にあったのは否めない

だがうなっくすさんの教えは本当で

ほどなくしてウツボは息絶えた


a0279321_13493630.jpg

大勝利

同様にしてもう一本を釣り上げて

a0279321_15544916.jpg

ナマディング上達

難なく仕留めることができたのだ

a0279321_11174465.jpg

お塩最強








...









デカいウツボを2本も釣れば

喰うには充分すぎるだろう

家に帰ってまな板の上に乗せれば

その気味の悪さにココロが萎えてしまうから

縄文マインドがたぎる祭りの現場の磯の上で

あらかた捌いてしまおうと思う

念のため殺めたウツボをチャランボの先端で突いてみると


a0279321_11172762.jpg

ガブリ!

ウツボは死んでも咬みつくからよくよく注意されたい

こうしてやっと安心できる


a0279321_11233677.jpg

首ちょんぱ

肛門あたりから真っ二つにぶった切って腹を割く

a0279321_11285819.jpg

意外とキレイだ

黄色いヒモ状のものは未熟な卵巣だろうか

楽しみにしてたのはこの妙に頑丈なウキブクロだ


a0279321_11372269.jpg

ウツボにゃ必要なさそうだが

煮付けたらきっと旨いと思う

肝も旨そうだが今回はやめておこう

肝臓は栄養素と毒素の集積地だから

たいていの魚の肝は旨いがたまにアタる


a0279321_1145570.jpg

またの機会に

イブクロを裏返すとイセエビの仔が入っていた

a0279321_11481251.jpg

イイもの喰ってるな

イブクロもよく洗って持って帰ろう








...









潮もだいぶん上げてきた


a0279321_11552688.jpg

さあ撤収だ

外海の磯に棲む旬のポッテリウツボ

釣ってすぐに殺してヌルもキレイに洗い落とした

外気温も低くこのままクーラー代わりのトロ箱に格納すれば

食材としてこれ以上の状態の物はちょっと望めないだろう

久しぶりの漢(おとこ)釣りの首尾におおむね満足した俺は

いつになくメデタイ気分で家路へとハンドルを切ったのだ



料理篇に続く>>



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村



海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ


最後まで読んでくれてありがとう





[PR]
by US100243 | 2016-01-29 12:39 | 海の釣り | Comments(14)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
しげさん、こんにちは..
by 咲いたマン at 19:15
ルーツってまだ売ってたん..
by しげ at 20:10
海おとこさん、こんに..
by 咲いたマン at 17:51
お疲れさんでござんす♪ ..
by 海おとこ at 12:28
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:01
咲いたマンさん 詭弁を..
by katsu at 19:32
寒さ暑さも彼岸まで~ ..
by 磯トンボ at 07:27
mikawazinさ..
by 咲いたマン at 18:48
今日のNHKラジオ第一で..
by mikawazin at 23:00
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 07:01
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 06:50
もも兄ぃさん、おはよ..
by 咲いたマン at 06:39
こんにちは。 ずるいで..
by katsu at 17:20
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 12:49
お久しぶりです。 ..
by もも兄ぃ at 12:42
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:14
おいでませ~南房東磯へ ..
by 磯トンボ at 08:11
銀玉ピストルさん、お..
by 咲いたマン at 05:01
こんにちは! ウチダザ..
by gindama_pistol at 13:46
ブログジャンル
家庭菜園
釣り
画像一覧