フグ高きがゆえに尊からず
   
俺はサイタマの平凡な家庭に生まれたから

大したものを喰って育ったワケじゃない

特に魚介類について関東の内陸部では

旨いものを追求する食文化はなく

普段喰いの魚といえばしょっぱい塩ジャケと

アジやカレイの醤油を効かせた煮付けくらいで

たまに喰うマグロの刺身は大御馳走の部類だった

もちろんフグなんぞは目にすることもなく

それでもガキの頃から俺は

人一倍喰い意地だけは張っていたから

喰い物に関する文献を読み漁っては

オトナ達の絶賛するトラフグという魚を

喰ってみたいものだと憧れていたのだ

a0279321_11051960.jpg
ヨダレで下着枕を濡らしていた







...









長じてサラリーマンになった俺は

担当した九州は大分に住むことになった

大分の地で俺はそれまでのフグに対する

妄想と欲望を炸裂させた

フグといえば下関が有名だが

下関は単に集積地であるだけで


日本一旨いのは大分だろう


まあこれはお国自慢の類だが

豊後水道あたりで獲れる魚は何でも旨い

フグも旨くてそのうえ安いから

公に私に俺はフグをずいぶんと喰った

他県ではご法度の猛毒の肝を

毒抜きして当たり前のように喰わせるのも

面白い食文化だった

バブルを迎える頃で時代も良かったのだろう

晩秋から春先まで毎週のように喰った

俺は大分に住んだ5年間で

一生分のフグを喰った気がする







...








サイタマに戻って俺は料理屋で

トラフグを注文することはトンと無くなった

好物だから接待がらみでたまには喰うが

高くて普段喰いの魚とは言えないだろう

養殖物で味も大したことはない

だから俺は釣って喰う

フカセていると外道でよく釣れる

アカメやショウサイも素敵に旨いが

a0279321_12241484.jpg
リリースしてね


猛毒ゆえこのブログで触れる気はない

毒に関してはちょっと微妙だが

漁港の雑魚釣りの獲物の中で

俺がその味わいや泳ぎふるまいを

こよなく愛しているハコフグの

お話を今日はしてみたいと思うのだ








...








漁港でぱらぱらとコマセを撒いて

足元に群れる小魚を釣っていると

しばしばハコフグが現れるだろう

つぶらな瞳といいピロピロピロと

尾ビレ胸ビレを懸命に動かして

泳ぐ姿といい愛らしいことこの上ないが

その泳法ゆえかなりノロマで

なかなかエサを喰うことができない

近くのエサにピロピロと泳ぎ向かっても

先に他の魚に喰われてしまう

エコ贔屓して目の前にエサを落としてやっても

タカベなんぞにサッと横取りされてしまう

そんなことを何度も繰り返してやっと

エサを喰わせてやることができたのだ

a0279321_12570066.jpg
よかったね








...








釣り上げたハコフグは20cmくらいの良型で

a0279321_12571448.jpg

体内の半分以上は旨い肝が詰まっているから

一匹あれば肴には充分だろう

さっそく帰って料ってみようと思うが

しばらく活かしておくなら他の魚とは

別のバケツに入れて置いた方がいい

体表の毒で他の魚が死んでしまうからだ








...








以前は肝を取り出して味噌やネギなどを刻み込み

再び体内に戻して焼いて喰ったものだが

最近はメンドクサイのでただ丸焼きにして

ポン酢で喰うがそれでも申し分なく旨い

そのまま焚火に放り込んで焼くのが浜の漁師の

流儀というがワタの内容がちょっと気になる

だから俺は料理バサミで硬い腹を開けて

消化管だけは抜き取るならわしだ

a0279321_12573413.jpg
ウンコ詰まってます

アルミホイルで包んで網に乗せて焼く
a0279321_12575394.jpg

腹を上に向けて焼いても

滴り出てくる大量の脂で

炎が盛大に燃え上がるが

a0279321_12580655.jpg

ひるまず焼き上げる

料ると言ってもこれだけだ

多少焼きすぎてしまっても

硬いハコと肝に含まれる脂で

中身はふっくらと焼けるからシンパイない








...








a0279321_12582000.jpg
漁港の宝石箱

お話したようにこれをポン酢で喰うのだが

もしお手元に青い柑橘類でもあるならば

開いた腹に絞り込んでやればなおイイだろう

さて注目の肝を喰ってみよう

a0279321_12584248.jpg
トロトロですよ

ハコフグの肝は他の魚の肝同様旨いが

さらりとした脂を大量に含んでいて

その食感はトロリと軟らかい

味噌と薬味でかさ増しするのもイイが

ポン酢でさっぱりと喰うのもイイ

腹の中身はほとんど肝だが

背骨周りやヒレの付け根には筋肉もあって

フグだけあって白身で旨い

a0279321_12585639.jpg
ホクホクですよ

肝をまぶしつけて喰ったりすれば

酒がススんで仕方ないだろう








...








こうして料理屋で高い勘定を払うことなく

しばしばフグを楽しんでいる俺だが

残念ながら皆さんにお勧めすることはできない

テトロドトキシンより凶悪といわれる

パリトキシンという蓄積毒を

含んだハコフグに中った事例が出たそうだ

そのため今では他のフグ同様ハコフグにも

フグ調理師免許が人に供するためには必要で

肝はご禁制になってしまった

パリトキシンの供給源は

イワスナイソギンチャクらしく

これは熱帯に棲むイソギンチャクだから

イシガキダイを喰ってシガテラ毒に中る

確率とほぼ同じだろうと俺はイメージして

もしアタッタならそれも運命だと

構わず俺はハコフグを愛好している

だが半ば人生を諦観してる俺と違い

まだ人生に前途やら未練やらをお持ちの方は

ヤメテおいた方がいいだろう

野暮を承知で申し上げねばなるまい


くれぐれも自己責任で





にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ



最後まで読んでくれてありがとう








[PR]
# by US100243 | 2017-10-06 15:53 | 海の幸 | Comments(8)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
カツさん、おはようご..
by 咲いたマン at 07:06
今晩は。 9月は色々と..
by カツ at 18:58
もも兄ぃ さん、おは..
by 咲いたマン at 07:27
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:18
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 09:43
あの難しいハコフグを釣り..
by 海おとこ at 08:21
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:28
今回は危険な香りのするb..
by 磯トンボ at 09:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:26
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 08:11
スマホォ デビューおめで..
by 磯トンボ at 07:11
おお、とうとうスマホにな..
by 海おとこ at 22:06
こんばんわ。 新しい家..
by しげ at 21:46
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:13
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 08:26
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 08:12
夏の夜の磯は北国でも虫で..
by atlanticnighttales at 01:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 06:49
良いなぁ~ うちに来る..
by しげ at 20:56
ブログジャンル
家庭菜園
釣り