「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今日のお料理~フエダイの姿煮
   
   
ある晩俺は磯でフカセていた

狙いはもちろんクロダイとメジナで

波間にゆらりと赤く光るウキが沈むたび

俺のココロは期待にときめいた


a0279321_1359690.jpg

嬉しいな

産卵から完全に回復したパワフルなメジナだ

a0279321_145145.jpg

楽しいな

でもたまには違う魚が釣れないかな

a0279321_14105224.jpg

...

たくさん釣れたクチブトメジナに満足し

俺は竿をたたんだ

中くらいを三枚〆て丁寧に血抜きをし

ハラワタを出して海水で洗った

夏場のクチブトを旨く喰ってこそ

真の魚喰いと言えるだろう









...









エサやら釣道具やら〆たクチブトメジナやら

諸々を放り込んだランドリーショイコを背負い

俺は貝殻混じりの粗い砂の上を歩いていた

おや、ずいぶん沖に見える根の先端辺り

何やらボンヤリと光って見えるぞ

塩で曇ったメガネをタオルで拭き

よくよく夜目を凝らして見てみると

このあいだ魚をくれた御坊様が修業しているようで



またまたフエダイをもらってしまった


a0279321_1365453.jpg

つぶらな瞳がカワユス

いかに俺の日頃の行いが善いからといっても

貴重なフエダイををひと夏に二枚もくださるなんて

まったくもって文字通り有り難い話で

とても現世の御坊様とは思えない

ごめんなすって といいながら去って逝ったから

ひょっとすると江戸時代の頃の

高僧の生まれ変わりなのかもしれないなぁ


a0279321_13282236.jpg

イメージ画像です








...









フエダイを最上に味わい尽くすには

身をサクに取って刺身にし残りはアラ煮だろう

だが今回はこのフエダイを丸のまま煮てみたい

俺はその料理を夜釣り教の広報サイトで見た

夜釣り教の面々にとってフエダイは

既に何のプレミアムもないフツーの魚らしく

無造作に丸のまま煮付けられていたのだ

俺もこのもらったフエダイでそんなゼイタクをしてみたい

おや、何ですと

釣りブログのクセにいつももらった魚ばかりで

記事を書くのはいかがなものかとおっしゃるか

釣師としてのプライドはないのかとおっしゃるか



そんなものはない(キリッ








...










喰う際にウロコが口中に入るのは興醒めなものだから

ウロコはヒレの付け根まで念入りに落そう


a0279321_15521085.jpg

これは大切

腹は割かずにエラと胃袋をツボ抜く

a0279321_12441343.jpg

ミカン色は内臓脂肪

身が暴れないよう切れ目を入れて

a0279321_12474585.jpg

煮汁も沁み込む

一番直径のデカい鍋に入れたが収まらない

a0279321_12505969.jpg

シッポがはみ出てしまう

どうしても姿煮にしたいので悩んだが

結局思案の末こうなった


a0279321_12583914.jpg

オトナの妥協

ゴボウも一緒に煮てみよう

a0279321_13358100.jpg

俺は見切り品に弱い

フエダイを煮てる間にもうひと仕事

嫁とセガレのためにクチブトを刺身にした


a0279321_13122324.jpg

ココロなしかぞんざい









...









a0279321_13184132.jpg

結局皿にも収まらない

嫁に 旨い刺身を造ってやったぞ と声をかけ

俺は煮ものでいいや と言ってフエダイを独り占めする

周辺からじらして攻めるセオリー通りゴボウから喰うが

フエダイ出汁の煮汁と土の香りが相まって

これがしみじみ旨いのだ


a0279321_13322290.jpg

健康にも良さそうだ

たくましく盛り上がった胸鰭の付け根の身肉をむしる

しっかりとした歯応えで俺の好む部位だ


a0279321_13562782.jpg

ウロコはちゃんと取ってね


腹まわりのやや軟らかく脂の乗った

身肉を愛好する向きも多いだろう


a0279321_13455840.jpg

どっちも旨い

禁断の内臓脂肪も入ってるぞ

a0279321_13481628.jpg

磯くちゃい








...









肴が旨いと酒もすすむ

フエダイの半身を喰って俺は箸を置いた

さすがに丸々一匹は喰い切れない


a0279321_1513952.jpg

満足じゃ

その頃になってクチブトの刺身を喰い尽くした嫁が

煮た魚も喰いたい と欲深なことを言い出した

喰い意地の張ったヤツめ と一喝すべきところだが

肴が旨いとココロも優しくほぐれるのだろう

酔ってはいたが俺は嫁のために台所に立ち


a0279321_15122299.jpg

クチブトのアタマを煮てやった

残ったフエダイの半身と煮汁の煮凝りで

明日も旨い酒が飲めるだろう

ありがたや ありがたや

俺は千葉の方角に向かってコウベを垂れ

両の手をそっと合わせた






にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2016-08-25 15:38 | 海の幸 | Comments(9)
今日のお料理~フエダイの内臓脂肪
   
   
穢れなき少年とよく言うが本当か


俺は少年の頃イヤラシイことばかり考えていた

経験がないが故にかえってアンナコトをしてみたいとか

コンナコトもしてみたいとか口にするのも憚られるような

はしたない妄想にココロの大部分を占領されていた


a0279321_13503682.jpg

若い娘もはしたない

長じてめでたくアンナコトやらコンナコトやらを

するようになるのだが果たしてどうだろう

初めこそアァァと感じて悪くはないが大したことはない

無理めなミッションにはそれなりにコーフンするが

それも達成するまでのことだ

場数を踏むにつれ感動は薄れてしまう

なんだか寂しい話だが

それが大人になるということなんだろう









...









数年前の夏の夜フエダイ童貞を卒業した俺だが

たぶんめったに釣れない魚だからだろう

釣ったり喰ったりするといまだにけっこう感動する

だが慣れてくるといけないプレイを試したくなるのが

ニンゲンのはしたなく罪深いところで

俺は捨てていたフエダイの内臓脂肪が喰いたくなった

ミカン色も鮮やかな内臓脂肪が喰いたくてたまらないのだ

釣った仔フエを丸蒸しにして試してみたが

絶対イヤと断られ小さいフエにはその内臓脂肪がなかったと

以前お話したことがあったと思う

内臓脂肪だけに大人のフエダイでなければダメなのだ

といって簡単に釣れる魚でもないから

今度フエダイを釣ったらその内臓脂肪に

アンナコトやらコンナコトやらをしてみたいものだと

いいかげんスレッカラシた大人のくせに

俺は妄想し日々悶々として過ごしていた









...









たまたまフエダイをもらった


a0279321_152092.jpg

とれとれですよ

フエダイのような希少な魚を他人にやる者がいるか

いつもいつもイイカゲンなことを言うな 


言われてしまうかもしれないが本当のことだ

たいていお魚は神父様が下さるのだが

今回は御坊様が下さった

まったく信心はするものだろう









...









もらったフエダイは40cmオーバーの脂の乗った

ポッテリとした大人のフエダイだった

腹を割くと期待通りに内臓脂肪がまろび出てくる

どうだい旨そう...

...


どうだい毒々しいだろうw


a0279321_15355857.jpg

喰えるのかな

南方の魚はシガテラやらなにやら毒を含んで

普通の魚でも中ったりすることがあるから

このオレンジ色に恐れをなして今まで捨てていたのだが

なに構うものか

イケナイことやアブナイことにちょっとコーフンしてしまうのは

皆さんも経験がおありだろう









...









a0279321_15574023.jpg

もらいフエ御膳

内臓脂肪はアラと一緒に煮付けてみた

アアどんな味なんだろう早く喰ってみたいと

逸るココロをなだめながらまずは刺身だ


a0279321_14174585.jpg

脂のノリがおわかりか

レモンを垂らし込んだ醤油を付けて

a0279321_14152993.jpg

どうだい羨ましいだろう


うめ~っ


きめ細かく締まった白身にほどよく脂がのって

フエダイの刺身はやっぱり旨い

咀嚼する時に鼻腔に抜ける幽かな磯の香は

好みの分かれるところかもしれないが

たいていの刺身喰いには好もしい要素だろう









...









さてアラ煮の皿に移るがいきなり核心は攻めない

周辺から攻めていくのが大人のプレイ

まずは肝臓を喰ってみよう


a0279321_14555477.jpg

普通に旨い

そして身肉をむしって喰う

a0279321_1545125.jpg

ちょっと煮汁に付けて

純白の身肉に皮目のニカワ質や脂が絡まって

フエダイのアラ煮もしみじみ旨い

ひょっとするとフエダイの刺身とアラ煮を比べれば

アラ煮に軍配を上げる人の方が多いかもしれない









...









セルフじらしプレイに昂ぶった食欲をスパイスに

いよいよフエダイの内臓脂肪に箸をつけてみる


a0279321_15291071.jpg

もうヌルヌルですよ

加熱された内臓脂肪はやや透明感が出るが

鮮やかなオレンジ色はそのままで

融けだして煮汁に浮かぶ脂はまるでラー油のようだ


a0279321_15392978.jpg

さあ喰っちゃうよ

口に含むと内臓脂肪は噛むまでもなく融けてしまう

味はと言えばまさに魚の脂でまあ旨い

まあまあ旨いがちょっと磯臭い

魚喰いの俺には苦にはならないが

嫌う人もいるかもしれない

俺が料理屋の主人ならたぶん客には出さないだろう









...









これから先フエダイを釣ってアラ煮を作る時

俺はミカン色の内臓脂肪も加えると思う

そしてその磯の匂いをよすがに

波の音や満天の星空を思い浮かべるのだ

だがその味わいを知らなかった今までのように

トキメクことはないだろう

ずいぶん年老いてしまった俺だけど

また一つオトナの階段を上ったのかもしれない






にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2016-08-15 16:26 | 海の幸 | Comments(10)
たまにはワインで
   
   
<<前回からの続き

俺は酒も喰い物もほとんど好き嫌いはないが

強いて言えば米で作った焼酎が苦手だ

泡盛も球磨焼酎も匂いがどうも好きになれない

ご婦人のワキの匂いはかなりガマンできる性質だし


a0279321_14281155.jpg

イメージ画像です

より匂いにクセのある芋焼酎はむしろ好物だ

米を醸した日本酒は日頃常飲してるのだから

人の好みとは不思議なものだと思う

だが米焼酎以外の酒はなんでも好きで

ワインなら赤でも白でもシャンパンでも

俺はたいそう愛好している

結婚式の披露宴で残った乾杯用のシャンパンを

自分のテーブルのみならずよその卓の分まで

そっとボーイさんに頼んで持ってきてもらって

飲んでしまうのだから我ながらイジキタナイ









...








お前のブログでワインなぞ見たことはない

ミエを張るな 
と言われてしまうかもしれないが

確かに俺がワインを嗜む頻度は多くはない

だがそれには理由がある

ワインはかなり喰い物を選ぶのだ

醤油味や味噌味はたいていダメで

釣った魚を刺身や煮付けで喰ったり

むしった草をオヒタシで喰ってばかりの俺だもの

食卓にワインが登場する機会が少ないことは

致し方のないところだろう









...









だが今テーブルには栓を開けたワインがある

地球の裏側のチリ産の安物のワインで

本流竿の尻栓を作成することも叶わなかったが

せっかく酒屋の新妻おかみが選んでくれたワインだ

利根川で釣った旬のヤマメを肴にして

今夜はコイツで一杯やりましょう


a0279321_1545763.jpg

たまにはワインで








...









ヤマメは粉をはたいてバターで焼けば

より白ワインに合うに違いないが

メンドクサイのでいつも通り塩焼いた

だがこの画像をご覧いただきたい


a0279321_15124952.jpg

ジュクジュクですよ

旬のヤマメの体内は脂や肉汁に満ちていて

塩焼くだけでそれらが滴りあふれてくる

油で焼いたムニエルに負けずワインに合うと思う

かわりに付け合せのエリンギとピーマンを油で焼いて


a0279321_15212359.jpg

ニンニクをひとかけら


チルドルームに残っていた安物の牛肉片を

炒め合わせて肉汁を絡めてみた

漬物はオリーブの実の塩漬けだ


a0279321_15252949.jpg

箸休めにどうぞ

豆腐は塩と油を掛けて喰おう

胡麻油でもオリーブオイルでも好みでいいが

新鮮で上質なものを掛けてほしい

意外に結構旨いことは俺が請け合う


a0279321_1533157.jpg

ワインにも合う

茹でたインゲンはゴマダレで喰うが

これには醤油を使わざるを得ない

だがゴマダレとワインの相性は悪くない

カシューナッツやらアーモンドやら

ナッツ類は白ワインによく合うものだから

それらに似た風味と油気を帯びたゴマダレも

白ワインに合うのだろう


a0279321_1622451.jpg

野菜も喰おう








...









ヤマメの身をむしっては白ワインをちびり

ゴマダレの甘味と油にも白ワインをちびり

結局いつもと変わり映えしない喰い物ばかりだが

調味料を少し変えるだけでワインでもイケる

ワンコインで買える安物のワインでも俺には旨い

梅雨と共に去ってしまう短いヤマメの旬だから

成り行きとはいえ栓を開けてしまったワインだから

そんなふうに大切に味わいたいと思うのだ




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2016-08-01 17:10 | 山の幸 | Comments(8)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
デミさん、おはようご..
by 咲いたマン at 10:53
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:45
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:38
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:31
 フムー、文章は面白いの..
by デミ at 08:30
都合の良い女・・・いや魚..
by katsu at 19:44
イソメ買いに走りやしたか..
by 海おとこ at 10:11
おはようございます。 ..
by 磯トンボ at 07:05
orchid-tit..
by 咲いたマン at 21:21
katsuさん、こん..
by 咲いたマン at 21:14
デミさん、こんばんは..
by 咲いたマン at 21:09
磯トンボさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:07
海おとこさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:02
遅ればせながら、明けまし..
by orchid-titi at 21:02
今晩は。 流石 咲い..
by katsu at 22:22
これは続きが楽しみな記事。
by デミ at 01:46
懐かしいですね~小正月港..
by 磯トンボ at 21:22
野島崎東港での獲物が気に..
by 海おとこ at 21:14
海おとこさん、明..
by 咲いたマン at 15:13
もも兄ぃさん、明けま..
by 咲いたマン at 14:58
ブログジャンル
家庭菜園
釣り