<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
利根川 X-day ~とかくオトコはミエを張る
   
   
人はみな飾って言うだろう


誰でも自分や自分にまつわる話を語る時

つい自分を実際より良く見せようとして

言葉を選び物語を組み立ててしまう

日経新聞の「私の履歴書」なぞを読んでもそれは瞭然で


a0279321_14164591.jpg

俺ってグレート

功成り名を遂げた一流人士の皆さんだから

自慢の気配を隠そうと試みる謙虚な方も多いが

たいていその試みは失敗している

隠そう隠そうとしても言葉の端々から

ミエや自慢が滲み出てしまうのだ

俺は刑事にカツ丼喰わされて悪行を白状する

犯罪者の告白も半ば自慢話だろうと思っている









...









つい自分を良く見せようとしてミエを張ってしまうのは

ほとんど人間が持つ本能のようなものなのに

青臭かった若年の俺はそのココロの動きを

抑えることができず羞恥しなかば憎んだ

実はいいかげん老いさらばえた今になっても

その自意識過剰ともいえる感覚は衰えることはなく

ありのままに語ろう飾らないで生きよう 

ココロ掛けているのだがこれがなかなかムズカシイ

殊に好いたらしいご婦人を前にすると

我ながらまったくダラシがない

ドリンクいただいてもイイかしら

なんて言われるとケチンボのくせに


a0279321_1422342.jpg

一杯2,000円

内心は惜しくてたまらないくせに

もちろん!お好きなものをおあがりよ などと

我にもあらずミエを張ってしまうのだ








...









6月13日の夜、豚さんからメールが入った

豚さんとは一昨年南房でフエダイマスターの名を

ほしいままにした気鋭のオカズ釣師の豚さんで

ご存知も方も多いことと思う

最近の豚さんはお書きになっている限定公開の

名ブログもほったらかしたままで

渓流釣りとAV制作に力を注いでいらっしゃる

日本一旨いヤマメが釣れるという俺のホーム自慢を

真に受けて利根川に通ってくださるのは嬉しいことだ

今季すでに何本もの尺ヤマメを仕留めてらっしゃるそうで

まったく後生畏るべしとはこのことだろう









...









その夜の豚さんのメールは高揚した様子で

明日は待ちに待った利根川のX-dayだから

入念に仕組んだ計画を発動させて

仕事をサボって釣りに逝くとの内容だった

利根川のX-dayとはダム放流の停止日のことで

平年では6月下旬頃に春先から続いていた


a0279321_1541941.jpg

ガンガンですよ

ダムの放流が停止し流れは減水する

a0279321_15434795.jpg

違う川のようだ

激流に阻まれて近づけなかったポイントで

仕掛け知らずのおぼこいヤマメを釣るのだから

X-dayの利根川は猛烈に釣れる

俺が日本一旨いと思っている旬のヤマメが

誰にでも釣りたいだけ釣れてしまうのだから

知ってる釣り師がうわずってしまうのは無理もない

ちょっと早いがそうなのかとPCを立ち上げて

国交省のリアルタイム水位をチェックしてみると

まさに豚さんがメールを下さった時刻から

利根川の水位は下がり始めていたのだ









...








いくらヤマメが釣れるからといっても

明日15日はいわゆるゴトウビで

支払やら商談やらやるべきことは山ほどあって

今日14日はそれらの準備でとても忙しい

とても釣りに逝ってる暇はない

明日出来ることは今日やらない怠惰な俺でも

さすがに今日は釣りには逝けない

それでも我慢できずに逝ってしまうようなヤカラは

はっきり言って社会の落伍者だろう

俺はそんなイイカゲンなことはできないから

午前中に一所懸命仕事をして


a0279321_16333597.jpg

ありゃ

一日分の仕事を終えた(ことにした)

a0279321_1652414.jpg

社会人失格!








...









群馬県は利根川中流域の駐車スペースに

車を乗り付けると時刻は既に15時を回っていたが

それでも律儀に桑の実を摘んで喰う


a0279321_13254221.jpg

ルーティーンってやつだ

奥利根の山岳地帯から運ばれてきた山砂と

栄養豊富な腐葉土の養分に覆われた石を

フェルトスパイクの鮎タビで滑らぬように

伝い歩きながら流れに立ち込んでいく


a0279321_13451466.jpg

水温チェック

水中糸は利根川では極細といえる0.3号を使った

報道されてもいるようにこの冬は雪が降らず

水瓶と頼む山奥のダムはどこもカラカラだ

だから放流期間中も水位は低めで釣りやすく

いつもの年よりヤマメはかなりスレている

それでも X-day だけあってヤマメはよく釣れて

喰い頃サイズのぽってりとしたものだけ

俺は喰う分確保したのだ


a0279321_1523077.jpg

これくらいのが旨い








...









調子はいかがですか

ひとしきり釣った後のんびりソーセージを喰いながら

俺はこの広い流域のどこかで釣っている豚さんに

様子うかがいのメールを送った


a0279321_15401516.jpg

年をとるとすぐ疲れる

するとシビアな当たりに苦戦しているが

ぽってりヤマメを七つキープした
とのこと

例年になくスレスレの状況だから

AV(アングラーズ・ヴィデオ)を撮影しながら

七つ獲れれば上出来だろう

夕マヅメは早瀬の尺ぽってりを狙います

俺は豚さんに再度メールした

俺は豚さんにお会いしたかったのだ

2年前夜中の南房磯で初めてお会いした時

年長者としてエラそうに語るつもりだったのだが

カウンターパンチを喰らってしまった

少しはやりこんだヤマメ釣りならそんなこともないだろう

30年間乏しいながらも貯めてきた引き出しの一部を

お若い豚さんに教えて差し上げたかったし

やっぱりちょっとイバリたかったのだ

これから合流します

豚さんは喰いついてきた









...









車で移動し早瀬のポイントに入った

竿を本流竿に持ち替え流芯を流す

水中糸は0.8号だ

すぐに当たりがあり良型のヤマメが掛かるが

俺は一歩も動かず一気に引き抜く

タモに飛び込んできたのは肉付きのいい

見るからに旨そうな27cmだ


a0279321_16372294.jpg

瀬に着くヤマメはヤル気満々

立て続けにもう一匹釣り

三匹目にデカいのが掛かった

抜くこともかなわず竿を満月にしならせていると

水中でヤツがギラリとヒラを打った

40cmくらいありそうで

瀬に着くヤマメとしては最大級だろう



これは獲りたい



獲ってこれからおいでになる豚さんにお見せしたい

もちろん素直にハシャイだりせずに

別に大したことないですよとさりげない素振りで

自慢するのがオトナのミエの流儀









...









そんな俺の妄想をよそに

デカいヤマメは本気を出したらしい

流れに乗って下流に降りだした

危うくノサレそうになるが

そんな時に役に立つのがズーム機能だ

素早く縮尺して竿をタメ直すのだ

俺は腰を落とし縮尺し主導権を奪回...



縮尺できないーっ


説明しよう

俺の本流竿はこの間尻栓を失くしてしまったから

竿尻が決まらずズームが使えないのだ


a0279321_12595476.jpg

どこまでもスコスコ

設計外のトンチンカンなところを支点に握れば

竿は折れてしまうかもしれない

滑る石を踏んでついて駆け下るわけにもいかず

へっぴり腰でああっああっと言ってるうちに

竿は満月から半月へとノサレていき

やがてふつりと抵抗はなくなった


a0279321_139713.jpg

針のばされた

照れ笑いを浮かべながら辺りを見渡すと

遠くタマネギ畑の向こう側の

石だらけの農道を走る車が見える

AV監督豚さんのお車だった









...









久闊を叙すると俺は再び流れに入った

豚さんの視線を背中に感じながら竿を振る

AV(アングラーズ・ヴィデオですよ)のカメラは廻っているのだろうか

この調子ならまたすぐに釣れるだろう

華麗な竿さばきでいいヤマメを釣ってお見せすれば

作品に出演させていただけるかもしれない



ついに俺も竿男優デビューか
もうビンビンに


まだまだ若いもんには負けない
ミエ張ってしまいました








...









信じられないことだが

それから当たりは全く無くなった

窮した俺はどうぞ釣ってみてくださいと

豚さんにその瀬を明け渡し

よろよろと上流へ向かった

数百m歩いて鉄板ポイントを釣ってみたのだが

普段よりずいぶん減水したその流れでも

ハヤの仔一匹釣ることはできなかった

X-day当日の夕マヅメに当たりがないなんて

俺にも初めての経験で

減水し過ぎで警戒してるのか

直前にカワウが悪さをしたのか

理由は全く分からない

だがそれが自然というものなんだろう









...









細糸が有利ですよ

駐車スペースで着替えをしながら

俺は豚さんに語る

流芯を狙うのですよ

釣って見せてないのだから説得力はない

それでもココロ優しい豚さんは

ふんふんふんと相槌を打ってくださったが

夏至が近いとはいえ19時を回った利根川の

河川敷の夕闇はもうずいぶんと深く

豚さんの本当の表情を窺うことはできなかった









...









帰り道俺は行きつけの酒屋に寄った

ワインを買ってそのコルク栓を細工して

本流竿の尻栓にしようと思ったのだ

店番は3年前に嫁に来た若おかみだった

去年赤ん坊が生まれたがまだ新妻のように初々しい

シャンペン!と言いかけた言葉とミエを呑み込んで

辛口の白ワイン下さい、一番安いの

俺は分相応の注文をした

安い買い物だからといってぞんざいに扱うこともなく

若おかみはチリ産のワインを選んでくれた

家に帰って栓を開けると...


a0279321_1442563.jpg

安いワインはスクリュー栓なのね



料理篇に続く>>



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2016-07-15 15:28 | 川の釣り | Comments(18)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
カツさん、おはようご..
by 咲いたマン at 07:06
今晩は。 9月は色々と..
by カツ at 18:58
もも兄ぃ さん、おは..
by 咲いたマン at 07:27
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:18
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 09:43
あの難しいハコフグを釣り..
by 海おとこ at 08:21
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:28
今回は危険な香りのするb..
by 磯トンボ at 09:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:26
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 08:11
スマホォ デビューおめで..
by 磯トンボ at 07:11
おお、とうとうスマホにな..
by 海おとこ at 22:06
こんばんわ。 新しい家..
by しげ at 21:46
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:13
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 08:26
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 08:12
夏の夜の磯は北国でも虫で..
by atlanticnighttales at 01:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 06:49
良いなぁ~ うちに来る..
by しげ at 20:56
ブログジャンル
家庭菜園
釣り