<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
もしもし姐さんなぜ泣くの~デカいヤマメを釣りに逝く(実釣篇)
   
<<続き
   

第三のヤマメはどこにいるのか

a0279321_10225649.jpg

観覧車の上が怪しい

風格ある渓流の主でもなくサクラマスでもない

俺の狙う第三のタイプのデカいヤマメは

どこにいるかと言えば速い流れの中にいる

渓流釣り師ならヤマメの居着く適水勢は

ほとんどカラダに沁み込んでいることと思うが

たぶんそれよりずっと速い流れの中にいる

利根川中流域の喰っても旨いデカいヤマメは

まさかと思うくらい速い流れの中にいるのだ


a0279321_1220920.jpg








...









針は8号以上の丈夫な針がいい

銘柄はお好みもあるだろうが何でも良く

昔定番だった青焼きのヤマメ針に比べたら

どんな種類の針だって上出来だろう


a0279321_10591556.jpg

手持ちの針を使えばいい


中古釣具屋であさった古針でも充分用は足りるが

流行の小針はバラシが多くなるから避けたほうがいい

小針を使ったところで飲み込んでくれるほど

早瀬に付くデカいヤマメはウブじゃないのだ









...









糸も0.8号くらいの太さならなんだっていい

0.25号以下の細糸ならばよく吟味した方がよかろうが

太糸だから質はこだわらなくていいだろう

俺はケチンボだから一番安い糸を探していると


a0279321_1222697.jpg

あちゃ~ラパラか

すぐ錆びたり製品ムラがあったり散々なラパラクオリティだが

ガキの頃からお世話になりっぱなしだから許してしまう

急な流れに早く沈めたいからナイロンよりフロロがいいだろう

実は単線のメタルラインがかなり有効なのだが

仕掛け作りがメンドクサイからめったに俺は使わない

結局は釣り様で、どんな糸でも何とかなるのだ









...








エサはクロカワムシを使う

サクラマス系のデカいヤマメにはミミズが定番だが

なぜか早瀬のデカいヤマメにミミズは効かない

タニヒラタカゲロウという種類だろうか

石の裏に付くデカいヒラタしか喰わないなんて

気紛れを見せたこともあったが

まあたいていクロカワムシで喰ってくれる

河原に降りたらヨモギをむしろう


a0279321_12595942.jpg


別に草モチを作るわけではなく

水で濡らしてエサ箱に敷くのだ


a0279321_133204.jpg


これは利根川の本流ヤマメ師の流儀で

ヨモギの薬効で川虫のモチがいいのか

ホントのところは分からないが俺は従っている








...









竿は8mくらいの本流竿がいいだろう

一気にノサレるからズーム機能もあれば重宝する

中調のアユ竿を流用してた頃を思えば

格段に釣りやすくて楽しめるようになった

何より繊細な作りで感度の高い穂先がイイ


a0279321_1350685.jpg

ありゃナニコレ

おおそうだった何年も前なので忘れていたが

最後にデカいヤマメを狙った時

俺の常として不注意で穂先を折ってしまったのだ

仕方がないから天井糸をグルグル巻きに縛り付け

それでも不安だから後先考えずにアロンを垂らしこんだのだ

だからホドクこともできない

さあどうしよう困ったな

まあ...

仕方ないな


a0279321_14173811.jpg

再び直付けw

試しに振ってみるが使えないことはなさそうだ

穂先の感度もヘッタクレもないが

アユ竿で釣ってるみたいで懐かしい

こんなフザケたやり方で釣れるのかと言えば


a0279321_16203980.jpg

釣れる

まあ結局竿も何だってイイということだ








...









俺の釣りたいデカいヤマメは30~40cmくらい

速い流れを釣るから釣り方にちょっとコツがいる

自分より上流でアタリを出して釣り上げてしまうのだ

何しろ速い流れだから幅広の魚体で下流に走られると

30cmそこそこのサイズでも0.8号を引きちぎる

ズームを駆使してやり取りしても獲れないことが多い

掛けた瞬間にキアイで引き抜いてしまう手もあるが

岸に誘導して石の間に泳ぎ込ませて獲るのが無難かもしれない


a0279321_17193770.jpg

尺上なのにポッテリ








...









クロカワムシという大エサを使っていても

アワセは早ければ早いほどイイ

コツンと当たってたいてい終わりで

待っていたって呑み込んでくれることはない

速い流れに太糸だからエサを咥えた瞬間に

ヤマメは違和感を感じてエサを吐き出してしまうようだ

アタリもないのに仕掛けの下でヤマメがギラリと光るから

慌てて竿を立てると掛かっていることがよくある

これは俺がアタリを感知する前に

ヤマメはエサを咥えて怪しんで吐き出そうとして

針先が口中に掛かってしまって暴れているのだろう

いくら早アワセしても早過ぎることはないと思う









...









こうして釣った利根川中流域のデカいヤマメは

尺物なのに顔つきが幼くて肉付きもイイ


a0279321_1874946.jpg


小さな喰い頃のぽってりヤマメには及ばないが

このタイプのデカいヤマメも結構旨い

皮目に少しサケ科特有の匂いが出てくるが

それも個性として俺は美味しくいただいている


a0279321_18245932.jpg

ムニエルが旨い








...








これまでは独りで楽しんでいた釣りだが

こうして皆さんにお話しするのだから分かりやすく

このデカいヤマメを尺ポッテリとでも名付けてみようか

咲いたマンよサイズが同じなら戻りヤマメだろう

ちょっとした個体差を思い込みで区別してるんじゃないか


言われてしまうかもしれない

確かに耳石のストロンチウムを分析してみれば

あるいは群馬県水産試験場の論文の検体と同様に

降海経験があるのかもしれない

だがこの尺ポッテリには戻りヤマメ改めサクラマスとの

大きな違いがまだあるのだ









...








間のいいことに新進気鋭のオカズ釣師の豚さんが

同時期同地域で頃合いのサクラマスを釣った


a0279321_15111530.jpg

又長37cm

何でも0.4号の水中糸で仕留めたとおっしゃるから

凄いですね天才ですねとオダテあげて

機密情報である臓物画像を入手したのだ


a0279321_15164571.jpg

白子喰いたい切実に

腹の中に喰ったエサらしきものは何もない

那珂川で釣れるサクラマスも神流川で釣れるサクラマスも

こんな感じでたいてい胃袋は空っぽだ

ただ精巣よりも卵巣のことの方が多いと思う

それでは俺の釣った尺ポッテリの腹を割いてみよう


a0279321_15375042.jpg

うおっソーセージかよ


消化管はパンパンで生殖巣はまるで未熟だ

胃袋を割いてみると


a0279321_1601262.jpg

川虫飽食

釣り上げられる時までエサをむさぼり喰っていて

育ちざかりのヤマメの腹の中身と変わらない

だから俺は思うのだが尺ポッテリというデカいヤマメは

やはり利根川中流域に特有のタイプのヤマメで

豊富なエサと広大な生息空間の中で素質にも恵まれ

無邪気に大きく育ったヤマメのように思えるのだ

未熟な生殖巣にも大きな意味があるような気がするし

長く続くダムからの冷放水も関与してるように思えるが

凡百のオカズ釣師の俺にはこれ以上分かることもなく

この魚は醤油と味醂で付け焼きにしてみようなどと

喰うことばかりを考えるだけなのだ









...









尺ポッテリは何しろ肉量はたっぷりあるから

数匹釣れば喰うには充分だろう

でもせっかく群馬まで走ってきたのだから

残りの時間でタケノコでも採ってみよう

もう夏なのにタケノコなんて何を言ってるんだと

訝る向きもあるかもしれないが

俺が採るのは真竹のタケノコで

梅雨時の今が旬なのだ


a0279321_1773453.jpg

結構旨いよ








...









皆さんもご存じの一番ポピュラーなタケノコは

八百屋に売られている孟宗竹のタケノコで

もちろんこいつは春に生える

孟宗竹は遅くに外来したせいかその竹林はたいてい私有地で

勝手に入ってタケノコを掘ることはできない

だが真竹はたぶん在来種でいたる所で野生している

利根川の河川敷にも多くその竹林はあるから


a0279321_17255852.jpg

ここ渡ったら死にます

皆さんも質のいいタケノコの生える竹林を探して

マイポイントとして引き出しに仕舞っておくとよろしい


a0279321_17362779.jpg

折り採るだけだから手軽だ

朝掘りのタケノコが有り難がられるように

タケノコは掘ってから茹でるまでの時間が短いほどいい

釣りの終わりに採って帰ってすぐ茹でるなら

これ以上のものは望めないだろう

清水に浸して冷蔵庫に格納し時々水を替えてやれば

数週間くらいラクにもつから

タケノコ好きな俺は釣りに来るたびたくさん採って

季節の間存分にタケノコを堪能する習わしなのだ


a0279321_17494028.jpg

これ以上は鍋に入らない








...









河原にしゃがみ込んで採ったタケノコの皮をむき

その姫皮のちょっと乳臭いような匂いを嗅いでいると

母性に包まれていた幼かったあの頃に

俺のココロは回帰する

始めに孟宗竹(モウソウチク)が生えて

次に淡竹(ハチク)が出てきて

最後に真竹(マダケ)が生える

そんなタケノコの順番を教えてくれたのは

イジメられっ子だった俺を優しく気遣ってくれた

新任の音楽の女教師だったな









...









ちょうど今頃の季節だったろう

今にも降り出しそうな梅雨空の放課後

小学二年生の俺はその日も遊びに加えてもらえず

校庭の片隅に造られた花壇のふちに座っていた

誰にも遊んでもらえないなら早く帰ればいいものを

家族にそれを悟られるのが嫌だったのかもしれない

音楽の女教師が渡り廊下を歩いてきて俺を見つけ

校庭に降りて俺の方に来る

俺はうつむいて顔を上げなかった

俺はイジメられっ子である自分を酷く恥じていた

女教師は俺の前で歩を止めると言った

咲いたマン君、大丈夫?

俺は虚勢を張った

別に...草むしりしてるの

言って初めて手元に生えていた草を引き千切った







...








女教師は俺の隣に腰を下ろすと

肩に手を回し少し俺を抱き寄せた

そしてその手で拍子をとるように

俺の肩を優しくたたきながら

小さな声でゆっくりと唄った



もしもし姐さんなぜ泣くの

あの山奥のその奥に

孟宗淡竹は生えたれど

真竹が生えぬと泣いている




そしてこの唄は彼女の故郷で唄われている唄で

タケノコの生える順番を唄っているのだと

まだ幼くて愚かだった俺にも分かるよう

ちょっと饒舌に説明してくれたのだが

しばらくして押し黙った

まだ千切った草を握り締めたままの

俺の手の甲にしずくが落ちた

見上げると彼女のほの白いホホが濡れている



先生は泣いていた









...








ガキがイジメられたり仲間外れにされるなんて

今も昔も学校では日常茶飯のことで

女教師は俺の境遇に同情して泣いたわけではあるまい

地方都市出身だと言っていたから

望郷の想いにでも胸を衝かれたのだろうか

ガキの俺から見ればずいぶん大人に見えたけど

今思い出せばまだ大学出たてのスベスベの娘

何か人に言えない悩みでもあったのかもしれないなぁ


a0279321_1216591.jpg

ポン!




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

四周年ということでご容赦のほど
[PR]
by US100243 | 2015-07-20 19:01 | 川の釣り | Comments(13)
もしもし姐さんなぜ泣くの~デカいヤマメを釣りに逝く(講釈篇)
   
   
釣りの好みは人それぞれだろう


夜磯にジャブってヌカカに献血するのが楽しい人もいれば

大海原に船を出しトローリングを楽しむ人もいる


a0279321_13105690.jpg

アニキ好きには堪らないらしい

借金で買った工芸品のような和竿でタナゴを釣る人もいれば

水辺の枯れアシを竿に手長エビを釣るお金持ちもいる

買ったばかりのリールのハンドルを特注品に付け替えて

眺めて楽しむだけで一向に釣りに逝かない人もいたりする

俺からすれば正気の沙汰とは思えないが

まあそれが道楽の道楽たる所以なんだろう







...









俺の釣りの好みと言えばこのブログをご覧いただいてお分かりの通り

喰える魚、できれば喰って旨い魚を釣りたいと思っている


a0279321_13214526.jpg

今夜もポッテリしちゃうだろう

言うなればオカズ釣師で我ながら何だかカッコ悪い

釣りの好みは人それぞれだと思ってはいても

喰い意地の張ったその姿にあまり上品なイメージはない

でもちょっと負け惜しみを言わせてもらえれば

そんな俺にも技巧を凝らして数を競ってみたり

ボウズ上等で大物を志向した時代もあったのだ

本流竿などなかったから代わりのアユ竿を満月にしならせて

激流の大ヤマメと対峙した時代があったのだ



ウソを吐くなとおっしゃるか


思い出話に証拠はいらない口は重宝なものだなと

言われてしまっては心外だ

よろしいそれなら今日は趣向を変えて

デカいヤマメを狙ってみようじゃないか

それでも俺にはオカズ釣師としての矜持のようなものがあるから

デカいけれども喰えば結構旨いという

ちょっと変わったヤマメ釣りを皆さんにご紹介したいと思うのだ









...









渓流釣りを嗜む方ならご存知と思うが

デカいヤマメにはいくつかの種類がある

まずは渓流域に棲む居着きのヤマメだ

成長が速いのか長生きなのか運がいいのか分からないが

言ってみればエリート中のエリートヤマメで

天然で尺上まで育つ個体は価値があると思う

もちろん成魚放流魚は話の外だ

昭和の時代尺ヤマメと言ったら渓流釣り師のアコガレで

なかなか釣れるもんじゃなかった

30年前大分県の山奥で35cmのそんなヤマメを釣った俺は

夕やみ迫る河原で獲物を押え込みしばらく震えた

そいつは空の色を映して黄金色に光って見えた

そのまま2時間かけて山を下り釣具屋に持ち込み

魚拓を取ってもらったもんだ


a0279321_15592230.jpg

30年ぶりに発掘

墨汁を洗い流して焼いて喰ってみたが

その身肉はパサついてまるで旨くなかった









...









次に挙げるデカいヤマメはなんちゃってサクラマスだ

これにはいわゆる戻りヤマメも含まれる

なぜサクラマスだと言いきらないかと言えば小さいからだ

エサで俺たちが釣るサクラマスあるいは戻りヤマメは

40cmくらいのものがほとんどだから

北日本各地で漁獲される鮭と見紛うような

立派なサクラマスと一緒にするのはちょっと気恥ずかしい

俺はこの小さなサクラマスを神流川と那珂川でよく釣った

神流川で釣れるサクラマスはダム湖で育った湖沼型のサクラマスで

大雨で増水した時に大場所で釣れる

アユ竿に仕掛けを着けてミミズをエサに釣るのだが

すらりとスマートな魚体は銀色に輝きなかなかカッコイイ

だが味はそれほど旨くない

ついでに言えば神流川のヤマメもあまり旨くない

河川敷をこれでもかとイジリ過ぎるせいだろうか

石が小さく川虫相が貧弱なのだ







...








那珂川で釣れるサクラマスはれっきとした降海型で

やはり増水時にミミズをエサに大場所を狙う

気紛れなところもあるのか俺は一度だけだが平水時に

カゲロウの成虫を水面に浮かせて仕留めたこともある

那珂川のサクラマスあるいは戻りヤマメはかなり旨い

胃袋は空っぽなのになぜか肉付きも悪くない

サクラマスは消化が速いのだと言う地元民もいるが

俺には真偽のほどは分からない

サクラマスがエサで釣れるのは梅雨明けまでで

ルアーで釣れば夏の終わり頃まで釣れるし


a0279321_942346.jpg

闘争心に訴えるのか

50cmオーバーも狙えて釣りとしては楽しいのだが

そんな個体は婚姻色も出て成熟が進み

喰って旨くないから俺は釣らない









...









利根川本流にも那珂川と同じタイプの

サクラマスあるいは戻りヤマメが差してくる

喰って旨くてルアーで釣れば大物が狙えて

禁漁間際の頃まで釣りになるのは那珂川と同様だ

俺は関東のサクラマスが北日本や日本海側の

立派なサクラマスと比べて随分と小さいのは

たぶん海までちゃんと降らずに河口あたりでお茶を濁して

澄まし顔でまた溯ってきているからだと思っていた

身肉の色に紅を差しているのは海で確かに甲殻類を

喰ってきた証拠だと擁護する向きもあるが

なに河口堰辺りで手長エビでも喰ってたんだろうと

俺は思ってたしそう思うのは俺だけじゃないから

戻りヤマメなんて妙な呼称も生まれたんだろう








...









だが話はここにきて急展開する

今春の「月刊 釣り人」の4月号にも紹介されていたが

群馬県水産試験場が利根川の戻りヤマメについて

かなり踏み込んだ研究論文を発表したのだ

a0279321_9627.jpg


釣りで捕獲した4匹の利根川産の戻りヤマメと

10匹ほどの神流湖産やら養殖物やらのヤマメの

耳石に含まれるストロンチウムの含有率を

分析することによって成育歴を解明したのだ

そして解ったことは4匹の戻りヤマメは全て

数日前まで海で泳いでいたらしい








...









他にも神流湖産も含めて降海型の個体は

みな天然繁殖物で養殖されたものではないとか

川に差してきてからもエサを喰ってるらしいとか

興味深い論文だがいかんせん検体数が少ない

より規模の大きな後続研究が俟たれるが

俟っているのは俺のようなヤマメフェチくらいで

たぶん予算はつかないだろう








...









ともあれ戻りヤマメやなんちゃってサクラマスの

「お前横着こいて海まで降ってないだろう」疑惑は

この論文によってメデタク晴れつつあるわけだが

それでも俺は合点が逝かない

利根川中流域にはまた別のタイプの

デカいヤマメが棲息していると思うのだ

そんなヤマメを狙うのが今日の釣行のテーマだが

慣れない硬い話が続いてちょっと俺もクタビレた

ここでいったんマウスを置いて

次回(実釣篇)へと話をつなぎたい




>>続く




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

長くなったのでいったん切りますね
[PR]
by US100243 | 2015-07-16 14:42 | 川の釣り | Comments(8)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
キュウリ草さん、おは..
by 咲いたマン at 06:50
こんにちは♪カゴガキダイ..
by キュウリ草 at 14:56
あおみのさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:20
お久しぶりです 全..
by あおみの at 21:56
デミさん、おはようご..
by 咲いたマン at 10:53
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:45
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:38
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:31
 フムー、文章は面白いの..
by デミ at 08:30
都合の良い女・・・いや魚..
by katsu at 19:44
イソメ買いに走りやしたか..
by 海おとこ at 10:11
おはようございます。 ..
by 磯トンボ at 07:05
orchid-tit..
by 咲いたマン at 21:21
katsuさん、こん..
by 咲いたマン at 21:14
デミさん、こんばんは..
by 咲いたマン at 21:09
磯トンボさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:07
海おとこさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:02
遅ればせながら、明けまし..
by orchid-titi at 21:02
今晩は。 流石 咲い..
by katsu at 22:22
これは続きが楽しみな記事。
by デミ at 01:46
ブログジャンル