<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
旨いヤマメを焼いてみる
   
   
<<続き

料ってみると言ったってやっぱり塩焼くだけなのだが

それじゃあんまり愛想がないだろう

だから俺は家に帰ると積み上がったガラクタの中から

ずいぶん前に衝動買いした秘密兵器を引っ張り出した


a0279321_13404362.jpg

七輪知ってるかい

もう10年近く前になるだろうか

漁期には利根川やら那珂川やらに通い詰めて

走りから名残りに至るまで大量のヤマメやアユを

ひたすら塩焼きにして喰い続けていた俺は

釣ったヤマメで一杯飲っていたある晩発作的に思ったのだ



ガス火で焼いたら失礼だろう


俺の釣ってくる旬のヤマメは素材としては一流だ

高級料亭だってなかなか手に入らないレベルだろう

まあアユに関しては俺のウデではたいして釣れないから

さんざん引き回して消耗しきったアユのことが多いが

それでも新鮮な天然ものだ

ここは敬意を表して炭火で焼いてやらねばなるまい

酔った勢いですぐにPCを立ち上げた俺は

楽天市場で売っている一番大きな七輪をポチったのだ








...








皆さんお察しの通り届いた七輪はそれから何年もの間

梱包すら解かれることなく部屋の片隅に放置されていたのだが

ついに陽の目を見る時が来たのだ

この七輪に炭火をくべて一番旨いヤマメを焼いてみたい

炭だってその時ポチったのが手付かずである

備長炭とはいかないが熊本産だから肥後炭か

よか肉がおいしく焼けると謳っているから

よかヤマメだって湿気ってなければ焼けるだろう


a0279321_1249337.jpg

バッテン利根川








...








炭に火をつけて七輪をセットしてみる


a0279321_132554.jpg

ずいぶんデカいな

ダブルでワイドだから尺上のヤマメも丸ごと焼ける

大人数ならお勧めだが今回はあまり意味なかったな


a0279321_13244041.jpg


煙も出ないので始めは何だかココロもとなかったが

火が回ってくるとなかなかどうして凄い火力だ

乗せたヤマメはあっという間に焼けてしまう

a0279321_13251145.jpg

化粧塩なぞ打ってみた

ヤマメを焼き終えてもまだ炭は盛んに燃えているから

手羽先やらピーマンやらも乗っけてみた

a0279321_1338674.jpg

何だか楽しい

独りバーベキュー結構クセになるかも








...








旬のヤマメの炭火焼きをどうぞ


a0279321_13534696.jpg

初夏の山里の膳

炭が多すぎたのかすぐ表面が焦げてしまったから

中まで火が通っているかシンパイだったが

芯までふっくら焼けている

遠赤外線のチカラ畏るべしだな


a0279321_14132316.jpg

これは旨いよ

皮目にはヤマメの臭いでなく香りがして

身肉には汁気がしたたるようだ


a0279321_1428289.jpg

このジュース感がお分かりか

半身を喰ってこんな感じ

a0279321_1434523.jpg

背も腹も豊か

前にもお話したと思うがヤマメはアタマと骨が旨い

好き嫌い言わずにぜひ召し上がっていただきたい

骨に含まれる豊富なカルシウムと微量のセシウムが

丈夫な骨格と精神の安定に貢献してくれるだろう


a0279321_1581790.jpg

でないとポキ

トースターであぶり直しても香ばしくて旨いが

こんなヤマメならそのままムシャムシャ喰えるのだ


a0279321_1525217.jpg

ご馳走様でした








...









利根川中流域のヤマメが一番旨いなどと

ホームグラウンド自慢をさせていただいたが

今の季節はどこの川のヤマメも一番旨い

喰って味わうことも対象を理解する一環だ

普段は大物狙いのルアーマンも

いつもはC&Rのフライマンも

たまにはそんなヤマメを味わってみたらいかがだろう


a0279321_1537282.jpg

手羽先が一等うめぇ


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2015-06-23 09:50 | 山の幸 | Comments(12)
初夏の本流~旨いヤマメを釣りに逝く
   
   
裏の畑の桑の実を

小籠に摘んだは幻か


a0279321_1348543.jpg

唱歌が好きです

俺はガキの頃イジメられっ子だった

小学校低学年の年頃だから大したイジメではなかったが

俺のココロは確かに傷ついていたと思う

まだ幼くて愚かだったからどうしてイジメられるのかも分からず

抗うすべもなくその不条理にただ呆然と絶望していた

幼いなりにプライドもあるから親にも言えず

まったくの孤立無援と思っていたがそれは子供の了見で

群れに交われない俺を教師たちは察していたのだろう

音楽の女教師は俺によく声をかけてくれた

ガキの俺にはずいぶん大人に思えたが

今思えばまだ大学を出たばかりの色白の娘だった


a0279321_16213884.jpg

イメージ画像です

女教師は俺を音楽教室に招き入れると

オルガンの前に椅子を並べて隣に座らせた

咲いたマン君一緒に歌おう

俺たちは童謡の「赤とんぼ」を一緒に歌った

そして女教師は子供には難解な歌詞の意味を解説してくれた

喰い意地の張った俺は2番の歌詞の「桑の実」に反応した

紫色をしていて甘くて美味しいのよ

「桑の実」を知らない俺に女教師は話してくれた

学校帰りに寄り道して内緒で摘んで食べたの

指もクチビルも紫色に染まってしまって

お母様にバレて叱られてしまったの


女教師の柔らかな笑い声がココロの傷口に沁み込んでいく

桑の実は俺にとってかけがえのない喰い物になったのだ









...









その昔カイコの餌として栽培された桑の木は

よほど繁殖力が強いのだろう

養蚕の絶えた今でも結構いろんな所に生えている

鳥に喰われて種が運ばれるのか

山奥の沢筋から住宅地の庭先まで

どこにでも生えるからご存知の方も多いだろう

確か鵜原漁港の山際にも生えていたな


a0279321_1346780.jpg

俺の庭にも生えてきた

その実はマルベリーなんてスカした名前を付けられて

高級フルーツ店なんぞで売られていたりもするから

つい買ってしまって喰ってはみても

やっぱりただウスラ甘いだけの何の変哲もない桑の実で

ああしまった損をしたと思ったこともある

でも桑の実は俺にとって特別な味わいの果実だから

梅雨入りの時分にはいつもその実を喰いに出かける

その頃まさに旬を迎えるヤマメを釣りがてら

桑の実の果汁でココロの渇きを癒すならわしなのだ









...









関越道を北に走る


a0279321_1474386.jpg

久しぶりだ

天然のヤマメの旨さを決定する要素はいくつかあるが

一番大切なのは旬であることだろう

何時かと言えば梅雨時で明けると不思議に味は落ちてくる

そして俺の経験では北の地方へ行けば行くほど

また上流域に上れば上るほど旬の期間は短いようだ

郡上八幡では「五月アマゴにゃアユ負ける」と言われたそうだが

言い伝えは陰暦だろうからやっぱり6月頃がピークなんだろう









...









次に大切なのはエサが豊富であること

a0279321_13593476.jpg


クロカワムシでもヒラタでも川虫を飽食して

ポッテリ太ったヤマメが旨いのは説明するまでもないだろう








...









三つめに大切なのはヤマメの育ち具合だ

旬の時期でも沢で育った鼻が曲がったような

立派なヤマメは釣って嬉しいが旨くない

喰わずに写真でも撮って逃がしてやったほうがいい

昨秋産卵に参加しなかった三寸くらいの

新子と呼ばれた個体は梅雨の今頃になれば

川にもよるが六寸くらいに育っているだろう

そんなヤマメが骨まで柔らくて一等旨い








...








最後に挙げたいのは水質だ

アユほどではないがヤマメの味に影響すると思う

生活排水の流れ込むような汚い感じの川のヤマメの

皮目や身肉に臭いを感じるのは気のせいだろうか

だが水のキレイさと川虫の多さは相反する場合も多く

ちょっと微妙な要素かもしれない








...











それがどうしたとおっしゃるか


ノーガキばかり垂れてないで旨いヤマメを釣って見せろと

言われてしまえばまことにその通りで

だからありていに申し上げましょう

俺の知る限り群馬県は利根川本流の

それも中流域に育つヤマメが一番旨い

今日は渋川 I.C.で降りてそんな旨いヤマメを釣りに

物見高い皆さんをご案内したいと思うのだ









...









利根川の源流域にはいくつものダムがある


a0279321_14473822.jpg

八木沢ダムかな

群馬・新潟の国境で名だたる豪雪地帯だから

それらのダムは雪解け水を満々と湛えている

飲料と農工業用水のためその冷たい雪解け水は

夏になるまで利根川に放流され続けるのだ

だから昔では思いもよらなかった下流域まで

聞けば埼玉との県境あたりまでヤマメはいるらしい

上水を取るから水質はキレイに保たれているし

石の豊富な大河川だから川虫も多い

そんな言わば人工的な特殊事情で

利根川中流域には旨いヤマメが棲んでいるのだ









...









駐車スペースに車を止めてまずは深呼吸

群馬県は養豚が盛んだからちょっと臭かったりする

おやっ農村には似合わないネオンが光ってるぞ


a0279321_1541655.jpg

成魚放流中?


これは上流のダムが放水しているとの警告で

サイレンも鳴るようだから注意してほしい

どれ河原に降りて見てみよう


a0279321_15143972.jpg

全力放流中w

こんな時の本流筋には決して近づいてはいけない

石はノリのついた冬場の磯のように滑るし

一抱えもある大きな石が浮石だったりもする

流されたらどんなに泳ぎが達者でもまず助からないだろう

だから石に腰かけて魚肉ソーセージを喰ったり


a0279321_15403866.jpg


竹やぶに潜り込んででタケノコを探したり

a0279321_15372329.jpg


桑の実を摘んで喰ったり

a0279321_15433513.jpg


自然と親しんで過ごすのが分別ある釣り人というものだろう








...









熟した桑の実を口に含むとそのほのかな甘みが

幼い俺に優しく接してくれた音楽教師を思い出させる


a0279321_1612592.jpg


その恋慕に似たものにココロ満たされていつまでも

梅雨の湿った空気の中にたゆたっていたいのだが

それではお魚釣りの話が進まない

そろそろ竿を伸ばしてみよう








...








こんな時にはどこを釣るか

流れが広がって水勢が穏やかになる平瀬を釣る


a0279321_12181721.jpg

いい雰囲気だ

釣師なら誰でも考える簡単なことだが

実際話はそう簡単ではない

その瀬には渇水時でも流れがなくてはならない

どんなに良さそうに見えても渇水時に干上がっている流れでは

川虫はいないしそれではヤマメはつかないだろう

渇水の時、増水の時、中くらいの水の時

何度も訪れて川を観察し引き出しを増やせばいい

そんな条件に合う流れに立ち込むと



うひゃあ冷たい


a0279321_1656670.jpg

水温8℃!

源流域よりも冷たい水だ

それでも石を返してみると


a0279321_16534353.jpg

大漁だぁ


これが利根川の生産力









...









久しぶりのエサ釣りだ


a0279321_136178.jpg

釣れなかったらこれを喰おう

ポイント選びは毛鉤釣りより難しい

利根川の広大な流れのどこを釣ればいいのか

慣れないと分かり難いがやっぱりヤマメは流れに付く

川の中の川を釣るイメージと言えばいいだろうか


a0279321_12252029.jpg

渓流域より難しいよ

石が大きいから流れを立体的にも見てエサを流すが

太くて強い流れは避けたほうがいい

そんな流れにはデカいヤマメが付いているからだ

喰い頃のポッテリ肥えた旨いヤマメは

そこそこの流れに付いていることが多い









...








広い利根川といえどもダムが全力放流中では

頃合いの流れはそう多くはない

石だらけの河原を歩いたり車で何キロも移動したり

俺の引出しからそんな流れを探っていくと

こんなヤマメが釣れるのだ


a0279321_12451917.jpg

ポッテリですよ

アンバランスな体高とアタマの小ささを見て欲しい

肥える身肉に骨格の成長が追い付かないのだろう

腹を割けば川虫がみっちりと詰まっている


a0279321_1326987.jpg

みっちりですよ

こんなヤマメが旨くないわけがないだろう








...









釣れるヤマメは23cm前後の型が多い


a0279321_1421036.jpg

すくすく育って

これが昨秋新子だった他の川の18cm前後の魚に相当する

豊富なエサと広い生息空間で成長が速いのだろう

一雨ごとに大きく育っていくようだ







...








移動を重ねて拾い釣りをしたが

俺の引き出しももう尽きた

喰う分のヤマメは釣れたから

早く帰って料ってみたいと思う




料理篇に続く>>




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2015-06-18 14:36 | 川の釣り | Comments(10)
新たな草を喰ってみる
   
   

山芋たちまちと言うだろう


黒マムシの皮を失くしてモチベーションダダ下がりの俺だが

オトコの気力と精力を鼓舞する喰い物は

マムシやらウナギやらオットセイの生殖器やらの

動物性の喰い物ばかりとは限らない

昔から「葷酒山門に入るを許さず」というくらいで

ニンニクやニラが効くんじゃないかと言われているが

何が効くとか効かないとかクダラナイことばかり考えている人々の間で

地味なキャラだが山芋が結構な実力を持っていると

秘かに語られているのは皆さんもご存知のことと思う









...









俺の自然農園(狭い庭)は開拓して二十余年になるが

何しろあるがままの放置プレイの農法だから

スギナがはびこったりヤブガラシに覆い尽くされたり

年を経るに従いその植物相は遷移し続けている

千年単位で見ればそのうち照葉樹林になってしまうのだろうが

ミクロに見ればこの数年ハバを利かせているのは山芋だ


a0279321_13542261.jpg

中の人はスダチです

秋になるとこの山芋のツルには大量のムカゴが着いて

a0279321_14325855.jpg

秋の空に映える

それらがコボレ落ちてまた山芋のツルになるから

ネズミ算式に山芋のツルは増えていくだろう

それでは大変だからできるだけムカゴは拾って喰うのだが

とても拾いきれるものではなく今年の春もアチラから

a0279321_147385.jpg

ニョキニョキ

コチラからも

a0279321_14132259.jpg

ニョキニョキニョキ

アチコチから芽吹いてきてこの夏も思いやられるだろう

萌え出た山芋のツルを手に取ってよくよく見て

けれども俺は思ったのだ


a0279321_14421962.jpg

結構旨そうじゃないか

このツルを喰ってみたらどうだろう

アケビの芽にも似てると思えば似てる

イモだってムカゴだって旨い山芋なんだから

ツルだって旨いに違いあるまい

それに山芋の芽なんていかにも効きそうじゃないか

覇権に驕る山芋をやっつけた上に喰って旨くて効くのなら

まさしく一石三鳥だ

俺は芽吹いた山芋のツルを折り採ってみた


a0279321_1458885.jpg

ポキリ

折口からはみるみるうちに清らかな樹液が滲み出てくる

清冽に澄んで少し糸を引くその液体は

まるでカウパー腺液のようだった









...









俺は不思議に思うのだがどうしてカウパーさんもバルトリンさんも

あんな恥ずかしいところに自分の名前を付けてしまったのだろう

凡人の俺には科学者のキモチが分からない

俺ならガマン汁が世界中で咲いたマン液と呼ばれるのは嫌だ

もしお子さんがいたのなら学校でイジメられたんじゃないだろうか

時空を超えてシンパイなことである









...









庭中いたる所に生えているからずいぶん採れた


a0279321_1213112.jpg

大漁だぁ


サッと茹でてお浸しにしようと思ったがもう一工夫

タマゴの黄身を落としてアケビの巣ごもり風にしてみた


a0279321_1355897.jpg

上等な卵を使った

鮮やかな黄色が焼いたヤマメとよく合うな

我ながらイイ感じの膳だ


a0279321_13103294.jpg

さあどうぞ

黄身を崩して醤油を垂らす

山芋のツルにそれを絡めて喰ってみよう


a0279321_13525648.jpg

これは絶対旨いだろう


こりゃう...旨くないな


口当たりはゴソゴソして特に香りもない

生の時イメージしたシャキシャキ感もネットリ感もまるでない

喰い物のレベルとしては以前喰ったヤブガラシと同じくらいだろう

吐きも下しもしなかったから別段毒ではないだろうが

苦労して採り集めて喰うほどの物ではないかもしれない

まずはご報告まで



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2015-06-03 15:09 | 庭の収穫物 | Comments(6)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 17:57
キンキンに冷やしたズブロ..
by atlantic night tales at 06:10
内房の名無しさん、お..
by 咲いたマン at 07:50
おお ズブロッカ 商用..
by 内房の名無し at 15:00
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 09:10
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 09:04
orchid.tit..
by 咲いたマン at 08:57
こんばんはー ラムとお..
by しげ at 00:09
毎日更新されてるか確認し..
by katsu at 22:43
お久しぶりです。 ..
by orchid.titi at 10:58
タミーさん、おはよう..
by 咲いたマン at 07:20
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:14
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:06
咲いたマンさん、こんばん..
by タミー at 21:25
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 12:18
アルコール度数7度の酒を..
by 磯トンボ at 10:20
もも兄ぃさん、こんに..
by 咲いたマン at 18:06
銀玉ピストルさん、こ..
by 咲いたマン at 17:56
キュウリ草さん、こん..
by 咲いたマン at 17:42
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 11:27
ブログジャンル
家庭菜園
釣り