「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
白鳥の湖
   
   
アジとカマスが湧いている

a0279321_1459121.jpg

カマスは旨い

俺が房総通いを始めた数年前のシーズンは

アジはあまり釣れてなくて餌で釣ってもルアーで釣っても

粘ってツ抜け達成がやっとだったと思う

カマスに至っては時期も限定、ポイントも限定で

それでも尺オーバーのいいカマスはなかなか釣れなかった

それがこのところアジカマ共にムチャクチャ釣れてないか

通った年数が短いから外房の常態がどれくらいか

ホントのところは知らないが

俺の感覚だとまさに湧いてるイメージだ


a0279321_14594828.jpg

アホ俺でも釣れる








...









ネットの中の情報も爆釣のヨロコビに満ち溢れていて

俺も釣れてるからいつものように嫉妬することもなく

素直に嬉しく思うのだがちょっと困ったこともある



釣り場が混んで仕方ないのだ


房総の釣り人の分布はアジの分布に等しいから

今外房の漁港は釣り人だらけだ

俺は平日釣行なのだがそれでも結構混んでいる


a0279321_1502741.jpg

あんたら仕事は?

俺はヘタな釣りを見られるのがイヤなせいだろう

人の多い釣り場が苦手でそんなところで釣りはしない

夜フカセやカニ獲りの合間にひと気のない漁港で

穂先の折れたアジングロッドを振るのだが

それでも喰う分くらいはすぐに釣れてしまう


a0279321_151032.jpg

アジも旨いよ









...









なにより捌くのがメンドクサイから

決して喰う分以上は釣らないようにしているが

それでも逝くたび釣れてしまうので

ウチの冷蔵庫にアジとカマスが無くなることはない

そこで俺は自分にノルマを課した



毎食1mの魚を喰う


つまり尺オーバーのカマスなら3匹

20cmのアジなら5匹を毎食ごとに喰うのだ


a0279321_1521296.jpg

いただきまーす

俺の皿のカマスの大きさを目測していた嫁が

鼻で笑ってアジの南蛮漬けを加えた


a0279321_1524664.jpg

さあどうぞ

一夜干しにすればいよいよ旨いのだろうが

新鮮だから塩焼きだって充分旨い

アツアツのところに柑橘類の汁を垂らして


a0279321_1542174.jpg

お約束だ

大きく箸でむしりとり頬張って噛みしめれば

その軟らかめの身肉から上品な脂を含んだ

香ばしい肉汁が流れ出て口中に広がる


a0279321_1551727.jpg

もうたまりません

俺は魚が好きだからこれが毎食でも構わない

殺めた命をいただくのだから2週間くらい続いても

決して喰い飽きたなどと言ってはならない

言ってはならないが俺のカラダの成分が

半分くらいアジカマ由来のタンパク質になった頃

俺はしみじみ思ったのだ



たまには川魚が喰いたい








...









川魚と言ったって鮎はとっくに終わっているし

イワナやヤマメも禁漁期間だ

鯉や鮒を釣って喰う手もあるがいまいち食指が動かない

できればアブラビレのある魚が喰いたいが


a0279321_1555693.jpg

これはアマゴですね

管釣りで釣った養殖魚を喰う趣味はない

何としたものかと思案していると

たまたま知人からワカサギ釣りに誘われた

おおワカサギならば喰って旨いしアブラビレもある

だが俺の長い釣り人生でワカサギは

ガキの頃一匹釣ったことがあるだけだ


一束じゃないぞ一匹だ


その時の顛末はまた今度お話しするとして

そんな俺にワカサギが釣れるのか危ぶんだが

心配いらない道具も貸してやると言ってくださる

俺は人生二度目のワカサギ釣りに挑戦することにした









...









釣り場は富士五湖の一つである山中湖

この辺りに来るのは何十年ぶりだろう

前夜は泊まって酒を飲み夜明け頃湖畔に赴くが

高原地帯の朝の冷気はさすがに厳しい

この寒さの中でエンコ釣るのは腰に悪いと

案ずる向きもおられようがダイジョウブ

ドーム船という温室のような船に乗るのだ


a0279321_1615141.jpg

実にイイ感じだ

さ霧消ゆる湊江の舟に白し朝の霜

文部省唱歌の冬景色そのままの情景の中

オーナーの親父に入漁料込4,500円を払い

用心深く桟橋を渡って俺はドーム船に乗り込んだのだ









...









10分ほど移動するとポイントに着く

ドーム船の床は土足禁止の清潔な床で

30畳くらいの広さに30個くらいのマンホールがある

そのふたをポカリと開けてそこから糸を垂らすのだ


a0279321_153023.jpg

ヘンな感じだな

電気カミソリくらいのオモチャのような電動リールに

0.5号くらいのPEを巻いて釣るのだが

10m前後の底からでもチュイーンと可愛い音を立てて

一気に巻き上げられるからラクチンだ

エサには紅く染めたサシを使った


a0279321_15303025.jpg

旨そうだな

さっそく釣り始めた周りの釣り人を横目で見て

真似をして底まで落として誘いを入れてみる

細い穂先にプルプルと確かなアタリがでた

こりゃイタダキだとチュイーンと巻き上げるが空バリ



なかなかムズカシイぞ


何度か空バリを引かされたので試しに強めに合わせてみた

チュイーンと巻き上げる途中にも小魚の引きを感じる

やっと一匹釣れた


a0279321_15445297.jpg

俺の人生で2匹目だ

勝手が分かればポツリポツリと釣れ続け

他の釣りと同様それくらいの釣れ方の方が

ハマり易いのか俺は昼飯のオニギリも片手に

夢中になってワカサギを釣り続けたのだ









...








いつの間にかミゾレ混じりの小雨が降っている

いかにも寒そうな山の天気だが

ドーム船の中はぬくぬくの別天地だ

冷たい沢水を浴びて遡行したり

真冬の夜磯でジャブったりする釣りと比べて

なんて快適なんだろう

靴下裸足でストーブにあたりながら

小さな椅子にちょこんと座り


a0279321_16375021.jpg

ウソですよ

マンホールをのぞき込んで釣っていると


何だか淫靡な気分になるだろう








...








サラリーマン時代に同僚だった釣友M

あるとき一緒に渓流でヤマメを釣りながら

いきなりこんなことを言い出した

管理釣り場で釣るヤツは風俗好きが多いのです

釣り堀好き=風俗好きはもう公式と言っていいでしょう

したたる清らかな緑の中でなにバカなことをと思ったが

そういうクダラナイ話は俺も嫌いじゃないので

おおそうかとだけ答えてアタマの中に記憶した

その後知り合いの釣り人達の行状を

ウワサ話を拾ったりして調べてみたが

確かに釣り堀好き=風俗好きの式は正しいようだ



皆さんも思い当りませんか


あくる年の五月に渓流でヤマメを釣り

初夏の薫る風に吹かれながら俺はMに言った

君の唱える釣り堀好き=風俗好きの式は正しい

あれから俺もイロイロ調査をしてみたし

天然魚志向の俺も風俗は好まないからな


ぶんぶんとフライロッドを振り回す手を休めて

我が意を得たりとばかりにMは得意げな表情で答えた

そうでしょう

しかし世の中のフクザツでムズカシイところは


Mは俺を見て笑いながら言った

風俗嫌い=スケベじゃないとは必ずしも言えないのです



...


どーでもえーわ








...









そんな風俗テイスト漂うドーム船の中を見渡せば

10数人の釣り人がそれぞれ釣りに没頭している

釣るワカサギは野生の魚だしアカの他人の皆さんに

風俗はお好きかと訊いて回るわけにもいかないから

ドーム船好き=風俗好きの式が成り立つかどうかは

今後の課題としたい

ワカサギのような小魚を掛けに逝く釣りは

タナゴやカゴカキダイなどと同様釣りとしては面白く

それにアジやカマスと違ってどんなに沢山釣ったところで

捌くことや喰いきれるかを心配することもない

もっと釣っていたかったので1時間ほど延長したかったが

どうもそういう料金システムは採られていないらしく

未練ながらも午後3時に沖上りとなったのだ


a0279321_1712770.jpg

けっこう釣れたな








...








桟橋に着くとミゾレ混じりの雨は既に上がり

人慣れした二羽の白鳥が出迎えてくれた


a0279321_15454350.jpg

何かエサくれ

聞けばこの湖畔の平和な環境が気に入ったのか

北帰行せず一年中この辺りをうろついているらしい

そういわれてみれば苛酷な渡りをしないせいか

二羽の白鳥ともキレイで良く肥えている

見ているうちに何だか鳥肉も喰いたくなってしまって

俺は一羽持って帰ることにした

二羽いるんだから一羽くらいイイだろう


a0279321_15581058.jpg

こっちオイデ何もしないから








...









助手席に乗って家へ帰る


a0279321_1693689.jpg

ラクチンだのう

淡白な食材には油を合わせよう

釣ったばかりの新鮮なワカサギを

俺は天ぷらにして喰うことにした


a0279321_16132575.jpg

職人の技

コマセを呑んでない山中湖のキレイなワカサギだから

そのまま衣をまぶしつけてサッと揚げれば出来上がりだ

一瞬で揚がってしまうから揚げ過ぎには注意したい


a0279321_16201766.jpg

さあ喰おう

繊細な白身の小魚は海の魚ほど主張はしないが

それでも確かにワカサギの味がする

アタマや骨も存在は感じられるが障りにはならず

ほのかに苦いワタと相まって複雑な旨さを醸し出す

久しぶりに喰うからかもしれないが

淡水の小さなワカサギはしみじみと旨いなぁ

湖の恵みに感謝して

純米酒をぐびり

ぐびり


...



アアそういえばお持ち帰りの白鳥は

ブツに切って唐揚げにしてみた

ちょっと硬かったが結構旨かった


a0279321_16341385.jpg

だからウソですって



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2015-01-18 16:58 | 川の釣り | Comments(20)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
デミさん、おはようご..
by 咲いたマン at 10:53
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:45
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:38
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:31
 フムー、文章は面白いの..
by デミ at 08:30
都合の良い女・・・いや魚..
by katsu at 19:44
イソメ買いに走りやしたか..
by 海おとこ at 10:11
おはようございます。 ..
by 磯トンボ at 07:05
orchid-tit..
by 咲いたマン at 21:21
katsuさん、こん..
by 咲いたマン at 21:14
デミさん、こんばんは..
by 咲いたマン at 21:09
磯トンボさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:07
海おとこさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:02
遅ればせながら、明けまし..
by orchid-titi at 21:02
今晩は。 流石 咲い..
by katsu at 22:22
これは続きが楽しみな記事。
by デミ at 01:46
懐かしいですね~小正月港..
by 磯トンボ at 21:22
野島崎東港での獲物が気に..
by 海おとこ at 21:14
海おとこさん、明..
by 咲いたマン at 15:13
もも兄ぃさん、明けま..
by 咲いたマン at 14:58
ブログジャンル
家庭菜園
釣り