<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
南房夜磯~今夜はジャブらない
   
   
年をとると億劫になる

ホントを言えば明日で間に合うことは今日やらない

明日になってもなるべくやらずに誤魔化そうとする

怠惰な行動様式はガキの頃からの習い性なのだが

年をとるにつれそのナマケグセは

いよいよ顕著になってきたように思う

狭い庭を「自然農法による農園」だとウソぶいて

放置プレイで荒れ果てるままにしてるのも


a0279321_1421923.jpg

ボーボーですよ

出来るだけ苦労しないで収穫だけ得たいという

俺らしいアマアマなココロからだろう

この数年ヤマメを釣るのに毛鉤釣り一辺倒なのも


a0279321_14301053.jpg

旬はひとときだけ

ひとえに川虫を採るのがメンドクサイという

俺らしいダメダメなココロからだろう

だが何故かクダラナイことやイヤラシイことを

考えたりやらかしてしまうことに関しては

あまりメンドクサイと感じない傾向にあるのは

たぶん俺の脳の機能やら老化の具合に

部分部分で大きくムラがあるように思えて

これはもう人体の不思議と言っていいのかもしれない










...









こんなブログを書いてるくらいだから

俺はずいぶん魚釣りが好きなんだろうと

お読みくださる皆さんはお察しかと思うが

お察しの通り昔から大好きな魚釣りも

正直釣り場まで逝くのは億劫だ

好きな磯に乗るにもホームの渓流に浸るにも

2~3時間車を走らせなくてはならないからだ

それでも俺は釣りに逝く

できることなら釣り場までワープしたいと思いながら

今日も俺はハンドルを握りちんたら走っている


a0279321_15233611.jpg

誰か乗せてってくれんかのう








...









今日もやっぱり磯で夜釣るが

このところ俺はウェーダーを履かない

蒸れて暑いのがイヤでウェーダーを履かないのだが

以前買った涼しくて泳ぎ易いせっかくのバイオギア

最近はめったに履かない


a0279321_14301433.jpg

快適ですよ

脱ぎ着がメンドクサイからだ

バイオギアを履くとつい腰までジャブって

局部を海水に浸したくなってしまうだろう

するとパンツまでぐしょ濡れになってしまい

釣り終わってからの着替えが大変なのだ

別に腰までジャブらなければいいじゃないかと

言われてしまえば誠にその通りなのだが

局部に潮の流れを感じる快感には抗い難く

バイオギアを履くとつい腰までジャブってしまうから

最近俺はこの優れものの使用を控えているのだ

だから履いているのはもっぱらコレ


a0279321_15066.jpg

ジーンズ

普段着のズボンを履いて釣り

家を出てから帰るまで履き替えることはない

足元はフェルトスパイクの鮎足袋を履くこともあるが

靴下を履き替えることさえメンドクサイので

最近はスニーカーを履きっぱなしだ


a0279321_15125577.jpg

家から履いて逝く








...










ダサいスニーカーだとおっしゃるか


確かにこのスニーカーはダサいのだが

俺のセンスの問題ではなくこれにはワケがあって

このスニーカーは実は安全靴なのだ

つま先部分がガードで覆われていて

岩に蹴つまづいたりしても痛くない

金属だった昔と違いガードも樹脂製で

とても軽くて履きやすい

ラバーソールではあるが結構滑りにくく


a0279321_15404897.jpg

ハイパーVと書いてある

魚釣りでは重宝している

「ワークマン」というガテン系の店で売っていて

3千円だったか4千円だったか

大して高い靴じゃないので結構お勧めかもしれない

だがいくら滑りにくいと言っても

ラバーソールの靴で濡れた磯に乗るのは自殺行為だろう

豚さん皆さんには申し上げるまでもないことだろうが

濡れた磯は特にノリでも着いていたらムチャクチャ滑る

フェルト底やガチのスパイクでも効かないことがある

こんな靴でいったいどこで釣るのかと言えば

波しぶきさえかからない小高い岩場から釣る

皆さんが荷物を置いて基地にしたり

休日にはファミリーが弁当を広げるような

安全な岩場で俺は竿を振るのだ








...









そんな岩場で竿を振る上物師はいないらしく

チャランボを打ち込む穴はない

だからチャランボはいらない

濡れた水際に近づくと危ないから

魚が釣れてもタモ入れ出来ない

だからタモ網も持たない

荷物が少なくて実に結構なのだが

これじゃ取り込みに難儀だろう

だから俺はこの竿を出動させた


a0279321_1375027.jpg

お年寄りですよ

もう30年くらい昔のことだろうか

男女群島に遠征した駆け出しだった頃の俺は

60cmオーバーのオナガを仕留めるべく

この竿を携えて逝ったのだ

だが結局はタカノハダイで入魂させられたという


a0279321_1335925.jpg

この唇でウヘヘヘヘ

まあ俺の持ち竿にはありがちな

可哀そうな生い立ちの竿なのだ

この数年房総半島に釣行するようになっても

夷隅川河口でイシモチを釣ったくらいだ

そんな侘しい竿生を送っていたこの竿を

この夏俺は磯釣りに再登板させた

どこの産かも分からないような安竿だが

それでも4号竿だから水際まで降りなくても魚は抜ける

40cm以下の魚ならすっぽんすっぽん引き抜ける

30年前九州の「釣り具のポイント」で買われた安竿は

南房夜磯で失くした青春を取り戻したのかもしれない









...









さて遠くまで歩くのも億劫だから

駐車スペースから一番近い岩に乗ろう

いくら億劫でもライジャケは着けなきゃイケない

万が一の時に水死体がなかなか揚がらないと

各方面に迷惑をかけてしまうだろう

だから股ベルトもしっかり留めて磯に乗る

手軽な磯は場荒れしてるのかアタリも遠い

それでもアチコチ探れば釣れないことはない

今夜もイロイロな魚が4号竿の竿先にブラ下がった


a0279321_13591637.jpg

喰ってる猛者もいる

本命魚もブラ下がった

a0279321_14113736.jpg

結構旨いよ

お約束のデカアジもブラ下がる

外房や内房のポッテリとした小アジの方が旨いと思うが

デカくて喰いでがあるのが南房アジの取り柄だ


a0279321_14213956.jpg

旨くないってゆうなー

釣り方がテキトーなせいか釣れる魚にも方向性がない

a0279321_1425193.jpg

海藻かと思った

でもイロイロ釣れる方が俺は楽しい

a0279321_1428815.jpg

ありゃ








...









4号竿を手持ちで釣り続けるとかなり疲れる

波のかからない乾いた岩の上だから

そのまま俺はゴロリと横になった

釣りをするのはメンドクサくないが

家まで帰るのは猛烈にメンドクサイ

雲の切れ間からのぞく星の数をかぞえながら

あぁこのままベッドの中にワープ出来ればと

俺はしみじみ思ってしまうのだ



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2014-09-17 15:46 | 海の釣り | Comments(24)
今日のお料理~夏場のメジナ
  
 
<<前回からの続き
   

   
ここにメジナが2枚ある

a0279321_12524852.jpg

小さめですよ

昨夜フエダイを2枚仕留めた豚さんに

それでは1枚上げましょうと言われてしまったら

お返しに1枚差し上げなければと覚悟はしたが

別段そんなことも言われなかったので2枚ある


おや、何ですと?

...


そりゃあズルいとおっしゃるか


夏場のメジナ料理などと偉そうに言うのならば

オナガじゃなくてクチブトを喰ってみろと

おっしゃる気持ちはよく分かる

よくは分かるがまあイイじゃないですか

オナガとクチブトの違いなんて言ってみれば

ニリンソウとトリカブトの違いみたいなもので

お互いよく似て同じメジナだ

多少のご不満は呑んでいただきたい









...








さてウロコを取って腹を割ってみよう


a0279321_13213517.jpg

みっちりですよ

冬場ならノリだったり春先なら白子だったり

メジナの腹の中にはいつも何かが充満しているが

このメジナも飽食した何かがみっちり詰まっている

喰うところはないから掻き出してよく洗うが

この作業はできるなら釣り場で済ませたほうが

より磯臭さは抑えられるかもしれない







...








キレイに処理したメジナを前にして

揚げて野菜を刻み込んだ餡をかけようか

蒸して熱したピーナツオイルをかけようか

思案するフリをしてみたが

今日のテーマは夏場のメジナに対する愛だろう

ここは一番ありのままのメジナを受け入れて

策を弄せず刺身で喰ってみたいと思うのだ

a0279321_1625771.jpg

イロイロやるのは正直メンドクサイ

いつも通り柵にとって


a0279321_13514487.jpg

メジナは肉量が豊富

ひたすら洗う

a0279321_14444.jpg

気のすむまで

そろそろ庭のミカンが膨らむ頃だ

a0279321_142254100.jpg

千切ってこよう

これは温州ミカンであまり大した香りはない

カボスやスダチの方が香り高くてイイに決まってるが

なに柑橘類であれば無いよりずっとイイ

スーパーに売っているレモンだって上等だ

青いミカンを切って添えれば出来上がりだ


a0279321_143323100.jpg

さあどうぞ








...









醤油にミカンの汁を絞り込んで


a0279321_14455181.jpg

果皮の油がちょっと浮く

メジナ(オナガ)に付けて喰ってみたまえ

a0279321_14502587.jpg

どうだ旨いだろう

肉質は密ではないが粗くもなく

うっすらとクドクないほどに脂も乗っている

咀嚼するときに鼻腔に抜ける匂いは

確かなイキモノの香りでこれも刺身の味わいだろう


夏場のメジナも結構旨い


キープしたなら大切に喰おう








...








脂の乗ったフエダイを飽食し驕ってしまった豚さんが

この与太話をお読みになって夏場のメジナやクロダイの

白身の持つそこはかとない雅味とその愛を

理解してくださるかどうかは分からない

だが最近風のウワサで豚さんは

なにやら宗教的な修行に入られたと聞く


a0279321_15384999.jpg

かなりキビシイらしい


修業明けの豚さんはきっとあの頃の

釣ったチンチンやらヒイラギを美味しく食べていた

釣りを始めたあの頃の純粋なココロを

取り戻してくださると俺は信じている


a0279321_15453777.jpg

初心忘るるべからず







...








結局夏場でもオナガは旨いという

どなたもご存じのアタリマエのお話を

ダラダラと書き散らしてしまったわけだが

いつもお読みくださる皆さんならまたいつものことだと

笑ってご容赦くださることだろう

駄文に蛇足をひとつ書き加えて

今日のお話は終わりにしたいと思う


a0279321_16244026.jpg

クチブトメジナは冬に喰え




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう






[PR]
by US100243 | 2014-09-04 16:39 | 海の幸 | Comments(14)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
カツさん、おはようご..
by 咲いたマン at 07:06
今晩は。 9月は色々と..
by カツ at 18:58
もも兄ぃ さん、おは..
by 咲いたマン at 07:27
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:18
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 09:43
あの難しいハコフグを釣り..
by 海おとこ at 08:21
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:28
今回は危険な香りのするb..
by 磯トンボ at 09:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:26
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 08:11
スマホォ デビューおめで..
by 磯トンボ at 07:11
おお、とうとうスマホにな..
by 海おとこ at 22:06
こんばんわ。 新しい家..
by しげ at 21:46
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:13
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 08:26
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 08:12
夏の夜の磯は北国でも虫で..
by atlanticnighttales at 01:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 06:49
良いなぁ~ うちに来る..
by しげ at 20:56
ブログジャンル