<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Mからの便り~鬼の居ぬ間に
   
   
釣友Mから荷物が届いた

a0279321_13183290.jpg

ご苦労さん

Mは俺がサラリーマンだった頃の同僚で

会社からある地方都市にトバされを任されている

もちろん妻子は付いてきてくれず単身赴任だ

釣り好きなのでいまだに俺との付き合いがあるのだが

釣技的にちょっと残念なトコロがあって

釣れないイイワケのために今はフライフィッシング専門だと

以前にお話ししたことがあったかと思う


また巻いた毛鉤でも送ってくれたかと荷物を受け取ると

クール便だし、かさも大きくずいぶん重い


a0279321_13475090.jpg

ジャーン


おおっ旬のアサリじゃないか


手のひらに乗せるとずしりと重い上等品だ

釣友Mはあまりに釣れない釣りに行き詰まりを感じて

逃げてはいかない貝掘りに活路を見出したのだろう

そばをウロウロしてる高校生のバカ息子に

おい、母さんに渡しておけと命じると

母さん出かけてて遅くまで居ないよと言う

なんでもオバサン仲間とディズニーシ―に逝ってるらしい


a0279321_14205726.jpg

ハゼ釣りかな

そうか

そうなのか


...



そいつはちょっと嬉しいじゃないか


a0279321_145095.jpg

一升瓶もゴロニャンするだろう








...










実は今日は前から決めていた休肝日で

半日スポーツジムで身体を絞り上げる予定だった

だが嫁がいないとあってはそんなことはしていられない

せっかくの善き日なのだからMのくれたアサリを料って

俺は陽のあるうちから酒を飲むことにしたのだ









...








何かいいモノはないか自然農園に出てみる


a0279321_14491069.jpg

ほとんど原っぱだ

最近この手のヒナゲシがはびこっている

a0279321_14513527.jpg

関東地方だけかな

雑草のチューリップも咲いて春爛漫だ

a0279321_14551017.jpg

球根は喰えるよ

このあいだ喰ったムカゴはもう芽を出している

a0279321_14574859.jpg

夏には大変なことになる

今回はヤブガラシはやめにしておこう

a0279321_1505265.jpg

あまり悪いことしてないし

裏庭にまわるとミツバが生えていた

a0279321_1551279.jpg

これも雑草みたいなもんだ

何かに使えないかと、とりあえず採る

a0279321_1563860.jpg

結構旨そうだ

名残りのワケギも収穫した

こいつのひともじくるくるは春の良肴だろう


a0279321_1511331.jpg

熊本の流儀だ







...









さてMが送ってくれたアサリは極上品だ

メンドクサイ素材を活かしてあまり手をかけない方がいい

洗って鍋に入れたら酒をジャブジャブかける


a0279321_1533759.jpg

モッタイナイけど惜しみなく

フタをして火にかけ酒蒸しにするのだが

加熱しすぎないことが肝心だろう


a0279321_15411862.jpg

ナマだって喰えるのだから

吹きあがってくると鍋の中でカチカチと音がする

これは熱さに耐えかねたアサリが開く音なのだが

この音がしなくなったらもう出来上がりだ

ものの5分くらいだと思う

採ってきたミツバを刻んで


a0279321_1545316.jpg

瑞々しいね

皿に盛ったアサリに散らせば和風酒蒸しだ

a0279321_15465324.jpg

汁も捨てるなよ








...









俺はケチンボだがニンニクはちょっと高い国産品を買う

必ずしも国産品なら安全だと思っているわけじゃないが

それでも芽の出てこない輸入品は何だか気持ち悪い

青森産のいいニンニクがあったので


a0279321_169512.jpg

そういえばショウガもだ

スライスして次の酒蒸しの鍋に入れ

今度はタップリのバターを加える

チャイブのつもりで採ってきたワケギを刻み


a0279321_16165346.jpg

ちょっと取り分けておく

皿に盛ったアサリに散らせば洋風酒蒸しの出来上がりだ

a0279321_1620598.jpg

居酒屋によくあるよね

腹をすかせた子供がウロついているようなら

茹であげたスパゲティを和えて喰わせればよろしい


a0279321_16241480.jpg

ボンゴレだろう








...









バターを探していると腐りかけたイワシがあった


a0279321_15412783.jpg

モッタイナイから焼いてみる

菜の花時のマイワシはダメだ

なりはデカイが産卵期だから脂が落ちてる


a0279321_15433885.jpg

ハラワタ爆発

焼いてはみたがやっぱりちょっとアレなので

これは遊び疲れて帰ってくる嫁に食わしてやろう


a0279321_15513142.jpg

ラップして冷蔵庫へ








...









おおむね肴は整ったがまだひと仕事残ってる



スーパーのラン&ガンだろう


a0279321_15545682.jpg

主食ゲット

好物のアツミカブもそろそろ終わりだ

a0279321_155738100.jpg

20%引きは微妙なところ








...









さあムッチリ詰まったアサリの身を見てくれ


a0279321_163347.jpg

まさしく今が旬だろう

ワケギの酢味噌とも出会いのモノと言える

a0279321_1618845.jpg

混ぜ込んでも一品になる

ひょっとして嫁が早く帰ってくるんじゃないかと

不安や焦りをココロの奥に感じたりもするが

それをもスパイスと思うのが俺の家飲みの流儀



今日は飲むよ


a0279321_16255597.jpg

春の宴



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2014-04-27 16:37 | 里の味 | Comments(16)
房総のお魚~モンモンの憎いヤツ
   
   
人生イロイロなことがある

貧しくとも清らかで穏やかな日々を送っていたつもりだが

そんな俺のまな板の上に気色悪いモノが乗っていた


a0279321_12354151.jpg

汚れちまった悲しみに

薄曇りの上げ潮時、眼前に広がる絶好のサラシに

ルアーのひとつも投げないでウツボなんぞを釣ってしまった

悪趣味な行動を反省してるのかと言えばそうでもない

前から喰ってはみたかったのだ


a0279321_12465256.jpg

でも買ったら負けだと思ってた

何度もスカリを喰い破られてはメジナやアジを盗られたり

愛するカニ網をこんなふうにしたのもコイツの仕業だろう


a0279321_12553895.jpg

ギッチギチですよ

重なる恨みにいずれ成敗してやろうと思っていたのだ

だがこうして戦い果つればノーサイド

大自然からの恵みとして大切に喰ってやろうと思う









...








塩をぶっかけガシガシ擦りヌメリを洗い流す

腹を割くと凶悪な面に似合わず結構キレイだ

面白いことにデカイ浮袋が入っている

海底を這い泳ぐウツボの生活態度からして

立派な浮袋なんぞ必要ないと思うのだが


a0279321_1625491.jpg

よけいな御世話だろう

筒切りにして煮付けてみる

a0279321_1663080.jpg

中骨まわりの筋肉が凄い

味付けはテキト―だがちょっと甘味がちにしてみた

スパイスに昨夏裏庭で摘んだ山椒の実の塩煮を入れる


a0279321_16115766.jpg

うなぎに山椒のイメージだ

まずは一品

a0279321_1617365.jpg

こうなると全く怖くない








...









残りをブツ切りにして下味をつける


a0279321_16252074.jpg

酒と醤油でテキト―に

片栗粉をまぶしつけて揚げる

a0279321_16382070.jpg

中温でカリッと

もう一品竜田揚げの出来上がり

センターを張ってるのは餌のジンタ(23cm)


a0279321_1642129.jpg

名残りの夏ミカンを添えて








...









さてアツアツを喰ってみよう


a0279321_16562885.jpg

アチチチ

歯ごたえのあるしっかりとした白身で旨味もある

気味の悪い紋様の皮目のクセも気にならず

皮下のゼラチン質がトロリと柔らかくて



こりゃ旨いぜ


目隠しをして喰ったなら

オコゼだフグだと言われても分からないかもしれない









...









煮付けも旨い

やはり皮下の分厚いゼラチン質がポイントで


a0279321_10535772.jpg

ネトネトですよ

意外だがアブラっ気はほとんど感じられない

煮汁にもまるで脂が浮かないくらいアブラっ気はないが

豊富なゼラチン質がコッテリ感を補って余りあり

旨味は損なわれないのだ

だがマイナスポイントとして小骨がある

小骨と言っても頑丈で鋭く揚げても喰えない

そいつらが意表をついてせっかくの旨い皮目付近に

結構数多く居座ってやがるのがウツボの小憎い所だろう









...









小骨をシャブリながら俺は考えた

ゼラチン質と言ったらコラーゲンだろう

皆さんご存じだろうか

今コラーゲンは女子に絶大な支持を得ているのを


a0279321_13145833.jpg

この業界はしみじみボロいな

女子と言ってもクタビレかけ少々上の年代の

小料理屋なら若おかみスナックならチイママくらいの

ご婦人方は切実にコラーゲンを摂取したがっている



これは使える


皆さんにも猥褻な想いの対象としてるご婦人がおいでだろう

今度思いきってお誘いしてみたらどうか



...



ねえ南房白浜温泉に逝こうよ

イヤだわのっけからイヤラシイ

そんな気持ちはないよ魚をご馳走したいだけ

お魚ならどこでも食べられるでしょ

コラーゲンの塊でそのうえ低脂肪の魚なんだ

まあっコラーゲンのかたまりっ?!

次の日の朝なんかお肌がつるんつるんだよ

まあっお肌がつるんつるんっ?!

つるんつるんのプリンプリンだ

プリンプリンのアタシにイヤラシイことする気でしょ

そんなシタゴコロは全然ないよ


ねえウツボ食べに逝こうよ


エヘへ


エヘ


俺の


エヘへへ


先っちょだけ




...



夜は更けていくだろう


a0279321_12192012.jpg

いや~ん053.gifピクピクしてるぅ



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

お下劣すまんのう
[PR]
by US100243 | 2014-04-14 12:34 | 海の幸 | Comments(16)
外房ガチ磯~漢(おとこ)釣りファイナル(後編)
   
   
<<続き

ウェットスーツにライフジャケットのフル装備

スイッチが入りアドレナリンをだくだくと分泌させつつ俺は

波しぶき漢汁(おとこぢる)ほとばしる戦場へとむかう


a0279321_1423574.jpg

このサラシには居るだろう

道中の薮で叩き折った竹でロッドを作成する

a0279321_1211544.jpg

パッツン系に仕上げる

14号の漢糸を結ぶ

a0279321_1242432.jpg

適当ノット

リグを組む

a0279321_1252284.jpg

拾った漢針

そして餌

a0279321_1265064.jpg

ジンタ(23cm)








...









ポイントにリグを投入する

湧きかえるサラシに餌のアジは舞いあがり

なかなか沈んでいかないが

引き込む波を見つけて底へと送りこむ

すぐには当たらないがヤツは必ずいる

過去にここで2度スカリを破られているのだ

ノーシンカ―でたわんだ糸に緊張が走る

クックックッと竿先が引き込まれる



キタキタキタァ


ゆっくりと呑ませてからおもむろに竿をあおる

おおっグイグイグイと結構な引きだ

イヤイヤと後ずさるような独特なファイトをする

ほとんどしならない竿でその引きに耐えていると



バキッ


メイドオブ枯竹の竿が折れた

構わず竿を握り直し抜き上げようとすると



バキッ


また折れた

やっぱり野ざらしの竹は弱いな

結局俺は糸をじかに掴んでヤツを岩上に引きずりあげた




うねうねうね



a0279321_1255794.jpg

俺の心象風景です








...









ココロに生じた原初的な恐怖と嫌悪感に堪え

俺は仕掛けを回し遠心力を利用しヤツを岩に叩きつけた



ビタンッ


これは北海の巨大ギンポハンターなみ平さんの流儀だ

なみ平さんは50cmオーバーの巨大ギンポを

こうして仕留めて天ぷらにして喰ってるそうだ



...



ダメだ全然くたばらないぞ

むしろ怒り狂ってヤツは暴れまくる

うひゃあと俺は再びヤツを岩に叩きつけるが

ビビって腰が引けてるからあまり気合も入らずに

べちょんとチカラ弱く岩にぶつけられたヤツは

憎しみを燃え上がらせた目で俺を睨むのだ


あぁぁ...







...









だが俺は負けなかった

今日でヘタレな俺とはオサラバだ

チャランボを握りヤツの首筋に打ち込んだ

そしてスライドハンマーを握りワキを締め

えぐり込むように



打つべし!


打つべし!


打つべし!



a0279321_13434830.jpg

ジョォ~

このまま無慈悲に首をぶった切ってしまうのが

新進気鋭のオカズハンター豚さんの流儀だ

豚さんはチタン製のせっかくの業物チャランボを

ウツボの目打ちなんぞに使ってらっしゃるのか









...










ここからが結構大変だった

ウツボの皮はヌルヌルぶにょりとしてるくせに妙に固く

ナイフの刃先が入っていかないのだ

ウツボは首筋を貫かれてもその気力衰えず

チャランボをぐりんぐりんと巻き上がり

握る俺の手をぬらりぬらりと触るのだ


a0279321_14204981.jpg

やめてーっ

過去のツライ体験が俺の脳裏にフラッシュバックする

額に粘ついた汗をかきながらもウツボをよく観察すると

突き刺した首に何やら孔がある

エラブタらしいその孔にゴツイ料理バサミを突っ込み

チカラまかせに挟み切っていく


a0279321_14334357.jpg

10分経過

まだ生きている

a0279321_1435844.jpg

20分経過

ナイフも動員して切断完了

a0279321_14372042.jpg

30分経過


ウツボ獲ったり


a0279321_14382712.jpg

死闘の果てに








...








潮は上げてきている


a0279321_15235646.jpg


チャランボをフンッとひと振りして

サラシに潜むヒラスズキにウツボの首級をプレゼントすると

俺はすぐに二の矢を放った

アジを針に付け再び海中に投げ込んだのだ

今度はすぐに当たりがある

慣れてきた捌きで抜き上げるとメーターオーバーのウツボだ

高台に引きずり上げて〆ようと思ったが

喰いが浅かったのか針から外れた

波は荒く潮はまだまだ上がる

この位置でまた30分スッタモンダやるのは無理だろう

2匹目は諦めることにする

このままただ帰すのも何だかちょっとクヤシイので

俺はウツボの背中を竿先でペシペシと叩いてやった

でかいウツボは振り返ると俺を見てニヤリと笑い

足元を洗う波に乗ってサラシの中へと帰っていったのだ


a0279321_15407100.jpg

さあ撤収だ









...









駐車スペースまで戻り

ウツボを入れて下げてきた特大のビニール袋の中を

おそるおそる覗きこんでみた


a0279321_15452711.jpg

いや~ん053.gifピクピクしてるぅ


>>料理編に続く



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2014-04-07 16:18 | 海の釣り | Comments(16)
外房ガチ磯~漢(おとこ)釣りファイナル(前編)
      
その日の海は荒れていた


a0279321_1018244.jpg

ヘタ打ちゃ死ぬな


だが漢(おとこ)には避けて通れぬ闘いがある


a0279321_10203075.jpg

一緒に逝ってくれるか








...










釣り師にとって大切な朝マヅメのひととき

俺はちんたら市原を走っていた


a0279321_12565217.jpg

あー寝坊した

久しぶりの休みなのでイロイロ釣ってみようと思ったのだが

寒くてフトンから出られなかったのだ

軟弱な俺にとって冬の早起きはツライ

今年の冬は特別に寒かったんじゃないか

今日のお話はそんな寒さの厳しかったこの冬の終りに近い

俺の歴史に残る一日の記録である









...









房総半島を横切り小湊に降り立つ

誰でも釣れるらしいカマスでも釣って喰おうと思ったのだが


a0279321_1335125.jpg

なんと誰もいない

平日とはいえ小湊漁港に一人も釣り人がいないのは珍しい

こりゃマナーが悪くて締めだされたか

あるいは魚が入ってきていないのだろう


a0279321_1341863.jpg

とりあえずピュンピュンしてみる

どうやら魚が入ってきてないようだ

a0279321_13434359.jpg

およびでない

あまりヤル気もなくぱちもんジグをしゃくっていると

おや、足下になにやら光るものが


a0279321_13484310.jpg

漢(おとこ)針だろう

なんだかデカイ針だがいったい何を釣るのだろう

針先もまだ鋭い状態なので針ケースに仕舞う

そのデカイ針を見てココロの奥になにか震えるモノを感じたが


俺はまだノンビリしていた


冬とはいえ日増しに力強くなってくる陽の光を浴びて


a0279321_1414745.jpg

正式には道明寺か

桜餅を喰ったりしていた








...









さてこの真昼間に何を釣ろう

そうだノリでもムシって針に付け

肥えた寒メジナでも釣ってみるかと磯に出る


a0279321_14175494.jpg

こりゃキツイ

波気があるほうがメジナにはイイが

さすがに今日は荒れ過ぎだろう


a0279321_14223053.jpg

なんだか汚いな

ノリも枯れてきていてヤル気になれない

どうしたものかちょっと途方に暮れ気味で

俺の車のドラえもん荷台をガサゴソやってると

道具箱の隅から見慣れない糸巻きがでてきた


a0279321_14314211.jpg

漢(おとこ)ハリスだった

おおそうだ、これは30年くらい前に買った糸だ

しかし14号のハリスでいったいなにを釣るつもりだったのか

若い自分が妄想の赴くままに買ったぶっといハリスを見て

俺はココロの奥になにかささやきかけるモノを感じたが



それでもまだノンビリしていたのだ


a0279321_145084.jpg

鵜原の桜も咲いていた







...








ちんたら走って鴨川

まあいいや肴でも買って帰るかとオドヤに入る

鮮魚売り場に直行すると


a0279321_153226.jpg

中アジのパック詰めだ

ジンタと表示しているが結構大きいマアジだ

平均23cmのアジをジンタだと言いきってしまうところに

地元スーパーとしての矜持のようなものを感じるじゃないか

そんなオドヤの鮮魚売り場の担当者の心意気に

俺のココロは激しく反応した



漢(おとこ)スイッチが入ったのだ


物語は偶然と必然で紡がれる

俺はそのジンタのパック詰めをカゴに放り込み

条件反射でそばにあったコイツもカゴに放り込むと


a0279321_15245164.jpg

千葉でも半額ゲットだぜ

レジで勘定を済ませ店の外へ出た

ヤツとの最終決着をつけるべく俺は

荒らぶるガチ磯に向けてハンドルを切ったのだ


a0279321_14591349.jpg

漢(おとこ)スーパーに認定


>>続く


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう

忙しいのでいったん切ります







[PR]
by US100243 | 2014-04-03 15:52 | 海の釣り | Comments(12)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 17:57
キンキンに冷やしたズブロ..
by atlantic night tales at 06:10
内房の名無しさん、お..
by 咲いたマン at 07:50
おお ズブロッカ 商用..
by 内房の名無し at 15:00
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 09:10
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 09:04
orchid.tit..
by 咲いたマン at 08:57
こんばんはー ラムとお..
by しげ at 00:09
毎日更新されてるか確認し..
by katsu at 22:43
お久しぶりです。 ..
by orchid.titi at 10:58
タミーさん、おはよう..
by 咲いたマン at 07:20
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:14
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:06
咲いたマンさん、こんばん..
by タミー at 21:25
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 12:18
アルコール度数7度の酒を..
by 磯トンボ at 10:20
もも兄ぃさん、こんに..
by 咲いたマン at 18:06
銀玉ピストルさん、こ..
by 咲いたマン at 17:56
キュウリ草さん、こん..
by 咲いたマン at 17:42
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 11:27
ブログジャンル
家庭菜園
釣り