<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
白子考~失われた時を求めて
   
   
<<前回からの続き

鬱勃たる性的エネルギーに衝き動かされ

獲物を求めて街に彷徨い出た俺は

強烈な既視感(デジャ・ヴ)に包まれていた


これは以前にも確かにあった

オスの本能の赴くまま

俺は獲物を探し求めて彷徨い歩いていた

ずっとずっと昔

そうあれは俺が中学生だった頃








...








高度成長期も最終局面を迎えた昭和の時代

野放図に開発され尽くした俺の故郷にも

武蔵野の面影を残す雑木林が所々に残っていた

中学生の俺は林の中をうろついては

ヤマグリを拾ったりジネンジョを掘ったり

そしてもっともココロはずむ収穫物は


a0279321_15341092.jpg

エロ本だった

ちり紙交換に出すのもハバカラレたのだろう

雑木林には結構エロ本が捨てられていた

雨露に打たれたそれらはボロボロごわごわになり

バリバリに張り付いてめくれないページがあったり

裸体画の下からムカデが走り出てきたりした

雑木林の地面にしゃがみ込んで思春期の俺は

湿った腐葉土の匂いに包まれながらコ―フンした

昭和のエロチシズムの世界にたゆたっていたのだ








...








金木犀の匂いを嗅ぎながら平成に生きる俺は

まるでその頃に戻ったかのように感じていたが

ココロの奥底ではそれが錯覚だと悟っていた

中学生の頃と今の俺では決定的な違いがある

そう、それは



もう弾切れだろう


a0279321_16361382.jpg

これで最後だよ

とりあえず弾を補充しよう







...








カラダのあるパーツが弱っている時には

牛や豚のそのパーツを喰うといいという考えがある

心臓が弱っていればハツを肝臓が弱っていればレバーを

喰って補うとそれなりに効くというのだ

そんなものは迷信だとおっしゃるか

その通り迷信だと俺も思う

バカ高い価格でサプリメントが売られている


a0279321_17305723.jpg

他人の商売にケチは付けたくないが

グルコサミンやらコンドロイチン

消化されアミノ酸やら糖に分解されてしまうのに


そんな成分が体内に入りまた都合よく

軟骨やら睾丸やらに駆けつけてくれはしないだろう

それでも人は何かにすがらずには生きていけない

俺もそんな弱い人間の一人なのかもしれない








...








俺は煮魚を喰う時かならず脳味噌をチュウチュウする

理由は申し述べるまでもないだろう

そして同じ理由でとても白子を偏愛しているのだ

一等旨いと思う白子はトラフグの白子だ


a0279321_9435055.jpg

たいていの人は賛成してくれるだろう

トラフグの白子は超絶旨い

超絶旨いが超絶高い

俺にとって特別な喰い物で日常喰うものではない

身近な所ではメジナの白子はかなり旨いぞ

だが残念なことに白子の成熟とともに

メジナの身肉は磯臭く締まりなく不味くなる

いっそ白子だけ取り出して魚体は捨てちまおうかとも思うが

流石にそんな鮭の密漁者のようなヤクザなまねはできない

白子は旨いが身肉も一緒に喰わなきゃならんと思うと

どうも産卵期のメジナはキープする気になれないのだ

そうだそろそろタラの白子がでてるんじゃないか


a0279321_9444215.jpg

ああ早く喰いたい

マダラの白子は良い物ならばトラフグに負けない

だがその美味が知れ渡ったのか最近はかなり高い

だから俺が常食するのは格下のスケソウダラの白子だ

なにスケソウだって充分旨いのは前にもお話した通りだ

俺は獲物を求めてスーパーへと彷徨いこんでいった








...








スーパーの白子売り場でゲットした本日の白子


a0279321_9452938.jpg

サケの白子だ

100gあたり55円と超絶安い

半額セールの豚小間肉より安いんじゃないか

売ってる動物性タンパクでは最も安い部類だろう

ちなみにメスザケの腹子の値段を見て見ると


a0279321_946134.jpg

白子の10倍以上だw


オスザケせつねぇ


この可哀そうなまでに安いサケの白子の値段だが

いちがいに不当な評価だとは言えない

なぜならあまり旨くないのだ

かなり生臭いし白子のくせにクリ―ミィじゃない

生命を殺めて得たせっかくの自然の恵みなのだから

何とかしたいと毎年買って喰うが何ともならない

だが今回は違う

北海の粋人(スイジンだよイキビトじゃないよ)なみ平さんの

洒落たブログで逝けそうなレシピを発見したのだ

今シーズンは安くて旨いサケの白子料理で

弾を補充できるかもしれない







...








最初に言っておくが俺はイイカゲンな人間だから

なみ平さんの指南通りに料理はするが

いつも通り所々で手抜きをするだろう

不安な方はなみ平さんのブログにお邪魔して

過去記事読んでちゃんと勉強した方がよろしい

さて今日は白子料理の定番のポン酢和えと

なみ平さんイチオシの竜田揚げを作ってみよう


a0279321_9481391.jpg

まずはクンクンしてみよう

スケソウダラの白子などは俺達と同じ匂いがするが

サケの白子はちょっと違う生臭さだ

このへんも弾の補充感に欠けて評価は低い

その生臭さのもとらしい血管を取り除く


a0279321_9485257.jpg

もっと丁寧に

塩をまぶしてしばらく放置

a0279321_9492952.jpg

時間はテキト―

流水でヌメリを洗い流す

この時血管やら薄膜やらの残骸をキレイにとる


a0279321_9501940.jpg


酒をぶっかけてしばらく放置

なみ平さんは酒水を1:1にしてマリネしてたかもしれないが

なに酒が濃いほうが効くだろう


a0279321_9512414.jpg

時間はテキト―だ

鍋に水とだし昆布を入れて火にかける

a0279321_952360.jpg

沸騰する直前に火を止める

下拵えした白子を放り込む

a0279321_9524040.jpg


なみ平さんの教えでは75℃で3分間との手順だが

もちろん俺は温度を計ったりするはずもなく

冷たい白子を放り込んで75℃になったと澄まし顔だ

引きあげて流水で洗って冷やし切り分ける


a0279321_9531765.jpg

煮てしまわないことが肝心だ

俺の自然農園にぶちまけておいたワケギが芽吹いている

a0279321_9552239.jpg


ムシってきて薬味にしよう

a0279321_9555670.jpg


ポン酢に浸して好酒肴の出来上がりだ

スダチでも絞りかければなおイイだろう


a0279321_9565067.jpg

冷蔵庫で冷やしておこう

まだ大量に残っている白子を一口大に切り分ける

a0279321_14512884.jpg


酒、しょうゆ、ショウガで下味を付け片栗粉をまぶす

a0279321_14582066.jpg


たっぷりの油で揚げる

a0279321_1501430.jpg

これも揚げ過ぎないことがポイントだろう

どれ、ひとつ喰ってみよう

a0279321_15494424.jpg

アチチチ

おおっ、なかなか旨いな

揚げ物は揚げながらつまみ喰うのが一等旨い

だが油の蒸気にやられるのかすぐ食欲がなくなる

この現象を俺のオフクロは油負けと言ってたな

揚げ終わり少し油負けを自覚した俺は

スポーツジムに逝ってひと泳ぎすることにした

サッパリしたらビールを飲んで弾丸を補充しよう








...








スポーツジムから帰ると一番下のバカ息子が

弾丸竜田揚げをおおかた喰い尽くしていた

父さんこのカラアゲ美味しいねとおベンチャラを言っている

おおそりゃヨカッタなと笑いながら

猫の額よりも狭いココロの持ち主の俺は

胸の中で悲痛に叫んでいた


高校生が白子喰ってどうする!



オマエにゃ必要ないだろう!!




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2013-10-24 10:07 | 四方山話 | Comments(14)
金木犀は二度咲く
   
   
俺はガキの頃の記憶があまりない


特に人間関係にまつわる記憶が弱く

法事や同窓会で懐かしげに思い出話をされても

まるで思い出せずに気まずい思いをすることが多い

アタマが悪いからだと言われればそれもそうだが

他人への関心がちょっと希薄だからとも思える

今でも名前や顔を覚えるのは苦手だ

仕事をサボって茶を啜りながら記憶を遡る時

老いてボンヤリとした俺の脳裏に浮かんでくるのは

ヤナギの新芽

飼っていたコリー犬

棚からぶら下がるブドウの房

ヤマユリの花

釣り上げたオイカワを握る左手

手のひらを嗅ぐと潮の香のようなオイカワ独特の匂い


思い出されるのは自然の事物ばかりで

なぜだかそれぞれに固有の匂いや香りが

同時に思い出されてくる

俺はココロの中でその懐かしい匂いを

まるで今嗅いでいるかのように感じることができるのだ








...








嗅覚というのは俺にとって不思議な感覚で

記憶と分かち難く甦ってきたりもすれば

官能のトリガーになったりもする

そう、ココロの中のエッチな部分に働きかけるのだ

これは俺が特別エッチなわけじゃなく

オトコは(オンナも?)たいていそうなんじゃないか

目の前にカラフルで可愛らしい小布があるとする


a0279321_15331499.jpg



オトコならクンクンするだろう


なかには俺は日の光にかざして見つめたいとか

いきなり頭に被ってしまったりする御仁もいるかもしれないが

たいていのオトコはクンクンする

好いたご婦人と楽しい時を過ごしていて

指先やらナニやらついクンクンしてしまい

腐ってませんから

などと不興を買ってしまった経験は

みなさんたいていあるだろう









...








その日俺は妙にキテいた

若い頃秋のそぼ降る雨の中で

とても悲しい思いをした記憶が甦ってきたり

腰のあたりに感じるちょっと官能的な感覚に戸惑ったり

窓から金木犀の匂いが流れ込んできていたのだ


a0279321_14491710.jpg

花のもとにて秋死なむ

春まだ浅い頃のジンチョウゲ

梅雨の湿った空気に漂うクチナシ

夏の朝のヤマユリ

匂いフェチの俺は何の花の匂いでも好きだが

金木犀の花の匂いを特に愛している

花はなぜ香るのか

ムシやら動物やらを誘き寄せて花粉を運ばせるためだ

いってみればオスの生殖行動みたいなものか

栗の花の匂いなんてそのものズバリだ

だから花の匂いは俺のココロの原初的な部分に

隠微にそして時には強烈に働きかけるのだろう








...








10月の初め頃咲き始めた金木犀は

一度散りまたすぐに花を咲かせる

関心が薄ければ10日ほども咲き続けているように見えるが

今咲いているのは二度目の花なのだ

だから咲いている金木犀の木の下を見ると


a0279321_15485755.jpg

散り落ちた一度目の花

新旧の花が同居している枝もある

a0279321_15591656.jpg

今咲く花もいずれは枯れる

二度目の花は色も匂いも少し薄い

それもオスの二度目の行為のようで

なんだかモノノアワレを感じてしまうのだ








...








金木犀が何度咲こうとどうでもいいとおっしゃるか

確かにただの自然現象でどうでもいいだろう

だが俺は二度咲く金木犀を見て感じた

秋のせいで少しおセンチになっている俺のココロは

そこに何やら啓示のようなものを感じたのだ



俺も二度咲こう


ロウソクの炎は消えてしまう直前に

未練がましく禿げしく燃え盛るという

老いさらばえたこの俺も

今日は朝から精力に満ちているようだ

ウソです

はっきり言ってビンビンなのだ
ミエはってます

a0279321_17175872.jpg


年頃のムスメさん達は注意するがいい

金木犀の匂いに誘われたかのように俺は

生贄を求めて街に彷徨いでたのだ

この話続く>>




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2013-10-17 17:18 | 四方山話 | Comments(20)
房総パトロール~ダメダメの潮
   
どうにも釣れない潮ってあるだろう

春先の菜っ葉潮や真冬のスケスケの潮

赤潮青潮は見てそれとわかるが

なんだかいかにも釣れそうになくて

やっぱり釣れない水色もあると思う

水の色だけでなく釣り場によっては

潮の流れる方向で好不調がはっきり分かれることもある

海釣りの経験値の低い俺には上手く説明できないが   

なぜだか魚が口を使ってくれない潮ってあるんじゃないか

自分のウデの悪さを棚に上げて言えば

今回の海もそんな潮だったと思うのだ








...




  
  


また房総の海にパトロールに出た

ラヂオ体操の歌を歌いながら爽やかに出発する


a0279321_15282524.jpg

きっぼーのあっさーだ

朝出発は健康的なことこの上ないが

なんだか道が混んでるな


a0279321_15353525.jpg

うんこしたくなったらどうしよう

今回はいつものように富浦までは逝かず

市原I.C.で高速を降りる

別に高速代が惜しいわけじゃなく

前回まわり切れなかった外房からチェックしたいからだ


a0279321_15425897.jpg

つぎ降ります

稲穂がそよぐ初秋の田園風景の中

俺は勝浦に向けて房総半島を横切って走ったのだ








...








R297を走り下ると俺は

勝浦市街に入ることなく南にハンドルを切り

車を松部漁港に乗りつけた

俺はここからラン&ガンを始めることが多い

魚影も濃い勝浦漁港から始めてもよさそうなものだが

そういえば不思議に俺はそうしない

だぶん市街地を走るのが嫌なんだろう

漁港内を見渡すと堤防の中ほどに釣り人は一人だけ

いつものココロ落ち着く風景だ

時刻はすでに10時をまわっているが

別に急ぐ理由もなくノンビリと支度をする

まずはミノーでスロープを叩く


a0279321_16155799.jpg

これで釣れるとカッコいい

目当てのメッキはお留守のようだ

このあいだ買ったぱちもんアイスジグに結び換え

船影やブイ周りをチェックしていく


a0279321_1652485.jpg

知的所有権とやらはカンケーないのか







...








探っていくうちに一人いたエサ師に近づいてきたので

俺は挨拶をして少しおしゃべりをした

エサ師は俺より少し年配に見える男で

もう帰るところだけどよく釣れたと嬉しげだ

クーラーには20cmくらいの旨そうな黄アジが30匹ほど

喰ったのは朝マヅメかと訊くと

つい今だ、こんな昼間に釣れるのは珍しいと

コマセを丁寧に洗い流しながら言う

マナーのいい釣り人だから釣れたのだと思いたい

きっと神は見ているのだろう








...








堤防の先端まで探ったがアタリはない

やっぱりぱちもんルアーだからダメなのか


a0279321_15471691.jpg
   
右ホンモノ左ぱちもん

気のせいかホンモノに比べて動きが硬い

ダートの切り返しになめらかさが足りない

疑似餌の釣りはこれで釣れるという信念が結構大切で

ぱちもんルアーを使っているとこの点が弱い

だが前向きに考えればどんなルアーでも釣ってやるという

信念を鍛えるメンタルトレーニングになるとも言える

残念ながらそんな信念を持ち合わせていない俺は

俺らしいセコイ策を考えた

さっきのエサ師の所で釣ろう

コマセに付いた小魚を狙って

結構なフィッシュイーターが潜んでいるに違いない


先程の釣り人が帰ってしまったのを確認すると

俺はそそくさとコマセの効いたポイントへと戻ったのだ







...







キレイに洗い流されたコンクリの上に立って

なんだかちょっとハズカシイ気持ちを抱えながら

俺はぱちもんアイスジグを投げ込んだ

着底を確認するとすぐチョンチョンと誘い上げる

第一投からなにやら大きめの魚が付いてくるぞ

おおっ、40センチはありそうなショゴじゃないか

アイスジグ(ぱちもんだけど)特有の8の字アクションに

合わせて舞うようにひらりひらりと泳いでいる

だがバイトにはいたらない

漁港内で育ったショゴは実に手強い相手だ

今まであらゆるルアーを見切ってきたのだろう

焦れて誘っていると、なんとショゴの胸鰭にジグが乗っかった

一瞬だが合わせるべきか否か俺は迷って固まった

スレ掛りの40センチオーバーのショゴの引きは強烈だろうが

PEの0.4号だから時間をかければ獲れるかもしれない

スカだったら空合わせに驚いたショゴは逃げてしまうだろう


さあどうする


時間にしたらコンマ数秒のことだったと思うが

その間にショゴは手を振るようにパタパタと胸鰭を動かし

ジグを払い落すと深みへと泳ぎ去っていった

ああ、合わせればよかったと思うが後の祭り

再びそのショゴが姿を現すことはなかった

エサ釣りのオコボレを狙うようなあざといマネをしてみたが

釣花の花は咲かなかった

きっと神は見ているのだろう









...








しばらく釣り下って小湊あたり

俺はぱちもんジグを沖目に遠投する

水面に浮かぶPEの動きで着底を察すると

間髪を入れずにシャクリ始める

底近くでガツンとアタリが来た

ギュギュッと力強く竿先を引き込むが

その後の抵抗は大したことはない

この引きはアレかな

巻き寄せると


a0279321_16421976.jpg

カマスきたーっ

尺オーバーのアカカマスだ

これは嬉しい

房総ではアカカマスとヤマトカマスの2種類が釣れるが

アカカマスの方が旨くてたいていデカイ

いい肴だから5本ばかり釣っていこうとまたルアーを投げる

底を探るとすぐにガツンときた

さっきよりもいいアタリでなんだか大きそうだ

いい釣りができそうだと巻き寄せるがやはり抵抗がない

カマスは細い体型のせいかあまり引かない

同じ体型のシロギスなんかもそうだろう

釣りとしてはあまり面白くないが旨いから喰うために釣る

それにしても引かないな

こっちに向かって泳いでいるのかな


a0279321_170563.jpg

あちゃー

2号フロロのリーダーをすっぱりやられた







...








新たにルアーを結ぼうとする俺の脳裏に

俺らしいセコイ数式が浮かんだ

ぱちもんジグ(¥380)>ジグヘッド(¥80)+ワーム(¥30)

モッタイナイからワームで釣ろう

2.5gのジグヘッドにワームを付けて投げ込む

底近くを泳がせるがアタらない

やっぱりリアクションで喰ってくるようだ

アイスジグを付けてるかのように大げさに誘うと


a0279321_128640.jpg

やっぱりキタ―ッ

これはヤマトカマスでアカカマスと比べると格下だ

だがこの型なら干物にすれば充分旨い

次に来たのもヤマトカマスだったので

この漁港は切り上げて俺はラン&ガンを再開した

ヤマトカマスは嫁に喰わせてやろう








...








人によってイロイロ言うが

外房と南房の境界はやはり鴨川あたりか

ならば鴨川はどっちだ

どっちでもイイがとりあえず俺はヤックスに寄る


a0279321_12243849.jpg

アミとぱちもんジグを追加

俺が南房と思う領域に入るあたりから

ちょっと水の色が気になりだした

和田漁港や千倉漁港の港内が汚いのは相変わらずだが

外海の水の色もなんだか黒っぽいように見える


a0279321_13245224.jpg

天気は申し分ないのだが

一年で一番生命に満ち溢れている初秋の海だが

ココロなしかベイトも少なく思える

ショゴやメッキも目視できない








...








誰でもが南房と呼ぶであろう大規模漁港

底まで沈めたぱちもんジグをせっせとシャクっていると

ゴツンとアタッて久しぶりにちりちりとラインが引き出される


a0279321_1324386.jpg

ぱちもんでもショゴきたーっ


オカズを一品追加できたがこれは単発

以降どの漁港でもアタリはない

俺が勝手に南房のホームと思っている漁港

たいてい何かしら小魚が遊んでくれるその漁港でも

水色が悪く見えアタリはない

俺はルアーロッドをたたんだ








...








さて前回とは逆回りに房総の海をパトロールしてきたが



締めはやっぱりエサやりだろう


実を言うと水色なんぞは二の次で

このあいだ買ったバイオギアBG8000を海で試したくてたまらないのだ

おれは夕マヅメも待たずに南房磯の駐車スペースに車を滑り込ませると

そそくさとバイオギアBG8000をひっぱり出す

初秋の心地よい海風の中パンツ一丁になると

ヒザ小僧の位置を決めてフィッティングしていく


a0279321_14183626.jpg

やっぱりカッコいいな

バイオギアBG8000はキュッキュと俺の下半身を締めつける

この滑らかな曲線をご覧いただきたい


a0279321_14333013.jpg

マニアは堪らないだろう

俺は自分の尻やらフトモモやらを愛でながら

南房磯の上で日が暮れなずむのを待っていた


a0279321_14391744.jpg

もう一枚サービスショット







...








薄暗くなってジャブる

怖がりの俺としてはかなり先端まで出る

バイオギアBG8000の機能を確かめたい

渓でも実感したがとても動き易い

ウェットスーツと比べても水の抵抗は格段に無い

南房スイマーズの方々がこれを履いたなら

御神根まで泳いでしまうかもしれない

ただウェットと違って直接海水が浸透してくる

水の温い期間しか使えないだろう

だから腰まで海にジャブってみると

股間に浸みてくる...浸みてくるぞ

局部に妖しい生き物のような潮の流れを感じるのだ


a0279321_15453015.jpg

あぁぁなんて気持ちイイんだ







...








時折り意味なく腰まで海に浸かりながら

俺は磯辺の小魚に夜更けまでエサやりをした

お礼にアジをもらった


a0279321_15503941.jpg

南房磯のお約束

妙にデカイのが南房らしいが

見るからにアブラっ気がないな

どうせ今日の潮はダメダメだ

早く家に帰って嫁に食わしてやろう





にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2013-10-02 16:16 | 海の釣り | Comments(22)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 05:44
本流ヤマメ、素晴らしい姿..
by atlantic night tales at 17:12
磯トンボさん、こんに..
by 咲いたマン at 19:50
ご無沙汰しております。 ..
by 磯トンボ at 09:47
katsu_3018..
by 咲いたマン at 10:21
orchid.tit..
by 咲いたマン at 10:11
今晩は。 何時も思う事..
by katsu_3018 at 21:15
咲いたマンさん、お久しぶ..
by orchid.titi at 16:19
うなっくすさん、..
by 咲いたマン at 10:21
病み上がり・ドクタースト..
by うなっくす at 12:17
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 17:57
キンキンに冷やしたズブロ..
by atlantic night tales at 06:10
内房の名無しさん、お..
by 咲いたマン at 07:50
おお ズブロッカ 商用..
by 内房の名無し at 15:00
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 09:10
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 09:04
orchid.tit..
by 咲いたマン at 08:57
こんばんはー ラムとお..
by しげ at 00:09
毎日更新されてるか確認し..
by katsu at 22:43
お久しぶりです。 ..
by orchid.titi at 10:58
ブログジャンル
家庭菜園
釣り