<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
南房夜磯~歌を忘れたカナリアは
   


   
歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい

月夜の海に浮かべれば忘れた歌を思い出す







...







俺は魚の釣り方を忘れてしまったのかも知れない

この岩場から正面にのぞむ西の空には

水平線に近く三日月がぽっかりと浮かんでいる

ほとんど凪た海に伸びる月の光

西条八十の詩の世界の中で俺は

銀のかいならぬ銀色の中通し竿を海に伸ばし

もうかれこれ3時間ほど釣りをしている


a0279321_12595213.jpg


風は背後からのそよ風

湿度が高いがさほど蒸し暑いわけでもない

日頃のストレスを忘れのんびり釣りができるこの瞬間

おおむね俺はシアワセなのだろう

魚が釣れないということ以外はだ








...








台風が熱帯低気圧に変わった週末

思ったよりも早く波が収まりつつある

ここ最近チェックしている名人たちの釣りブログに

IやらFやら夏の極上白身季節魚が登場しだした

この台風はこうした南方系の魚たちを

南の海からどっさりと連れてきたに違いない



これはもう逝くしかないだろう


嵐の後だからといって爆釣はないという経験知は

いつも通り楽観的な妄想によって

頭蓋の裏あたりまで追いやられてしまったようだ

仕事は相変わらず忙しいが午後の仕事を片付けた事にして

俺はネクタイをほどき解凍予約を入れる

20時半の満潮を挟んで夜半まで

さくっとオカズを釣ってくるか







...







俺は海の魚をバカにしていたのだろう

渓流釣りや鮎釣りををやってると

夜磯で使うフロロの5号ってのは

これはもう糸と言うより



棒としか思えん

a0279321_1434433.jpg

棒の先にチヌ針5号を付けてみた

こんなごつい仕掛けに喰ってくるのだから

海の魚はちょっとアレなんじゃないか

ちょっとアレなんだから簡単に釣れてしまうだろう

半身ウェットにフェルトスパイクの鮎タビ

渓流ベストをフローティングベストに替えて磯に乗る

a0279321_1623230.jpg


暗くなって戦闘開始


a0279321_14535782.jpg

ちょっとレアアレなお魚を狙う






...







場面は冒頭に戻る

雰囲気は悪くなかったが

まるでアタリは無かった

お前にアレ呼ばわりされたくない

海の魚が怒ったのかもしれない


a0279321_151482.jpg

俺よりアレなやつは釣れた


わりと知ったポイントなのに何度も根ガカリした

電気ウキひとつとクッションシンカ―ふたつロストした

ゲンを担いで黄色いトップの電気ウキにしてみたが

別にアタリに影響は無かった

なぜか水中ウキを逆さ付けしたくなったがこれはヤメた

根ガカリで失くすことを恐れたのだ

水中ウキは結構高いからな

いろいろ試したつもりだがダメだった

こうして思い出してみるとロクなことしてないもんなぁ








...








歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか

いえいえそれはかわいそう









...








すでに日付は変わり三日月も海に沈んだ

結局今回もダメダメだった

考えてみれば今年になっての磯フカセで

一匹も平べったい魚らしい魚を釣ってないのだ

これはまた自分に罰を与える必要があるな

五反田あたりの矯正施設でおカネを払って

若い娘さんにムチ打たれてココロを入れ替えよう

それはそれで悪くなそんなストイックな想いを胸に

コマセをバシャバシャ洗い流していると

おおっ、置き竿の黄色く光るウキがジブジブと沈んでいるぞ


ふんと合わせてリールを巻く

ぎゅいんぎゅいんとイイ引きだ

底に突っ込むのを懸命に耐える

アドレナリンが出まくりだ



うおおぉー、キアイのゴボウ抜き

a0279321_16211495.jpg

クチブト29センチw







...








半年以上も離れていたせいか

チビグレ相手の行為に俺はかなり興奮した

セカンドヴァージンってやつ?

5号ハリスに2号竿のタックルで

危うくタモを握っちまうところだった

オナガだったら喰え釣れてくれてありがとうと

見送る俺はまだ少し武者ブルイしている

この夏フエダイを釣ったなら

俺は下着を汚してしまうかもしれない




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

読んでくれてありがとう


[PR]
by US100243 | 2013-06-19 16:50 | 海の釣り | Comments(10)
Mからの便り
   
   
釣友Mから荷物が届いた


荷物と言っても掌に乗るくらいの小さなプラスティックケースで

中にはMの巻いてくれた毛鉤が入っていた


a0279321_15532679.jpg

春の新作だ


Mは俺がサラリーマンだった頃の同僚で

仕事のため地方都市に単身赴任している

夜は酒を飲むか毛鉤を巻くしかすることがない

仕事は雑なのに妙に手先が器用な男で

毛鉤を巻く腕前はいよいよ向上している

今度の毛鉤も素晴らしい出来だ


a0279321_169245.jpg

いつも見とれてしまう

出番の多いエルクヘアカディスを頼んでおいたが

a0279321_1351432.jpg

けっこうけっこう

そういえばMからメールがきてたな

開いてみると何やらノーガキが書いてある

エルクヘアカディスに尻尾を付けました

よく見ると確かに茶色い尻尾が付いている

だからそれはカディスじゃなくてメイフライなのです

エルクヘアカディスだと思ったでしょうww


...

...

...



しゃらくせえ







...








独りさびしく毛鉤を巻いているうちに

膨らむ妄想を制御できなくなるのだろう

Mはよくオリジナルな毛鉤を巻いてくれる

正直エルクと茶毛のパラシュートがあればいいのだが


もちろんMにはそうは言わない、言えば

咲いたマンさんこれからは自分で巻いてクダサーイ

とスネるだろう


今回もMは自信の新作を創ったという

a0279321_14413369.jpg

結構釣れそうじゃないか

柔らかい素材を使って、羽化したメスのカゲロウが

あぁぁもうダメ...

そうチカラなく流されていくサマを表現してみました


メールでMは解説する







...







Mよ...

夜更けにあぁぁもうダメ...と呟きながら

君は毛鉤を巻いているのか

毛鉤の出来はなかなかイイが

Mよ、ダイジョウブなのか





たぶん夜中に一所懸命打ったのであろう

他にもいろいろ書きつらねているMからのメールを

ロクに読まずに消去すると俺は

毛鉤ケースだけポケットに入れて家を出た

那珂川本流を目指し東北道を北上する



奥さんたまには

電話してやってください








...







最近は何でも便利になったもので

インターネットで釣り場の様子が分かる

定点観測地点で水位や雨量が分かるし

リアルタイムで映像を見せるカメラも結構多い

以前は3時間かけて着いたらドチャ濁りなんてことも日常茶飯事だったが

事前に状況が確認できる今ではそんなことはない

時代について逝けないダメ人間である俺は

新しいモノや仕組みを苦々しく見ることが多いが

これについては素直に嬉しい

できれば海のように水温も測って公表してほしいものだ








...








さて事前にインターネットで調べたところによると

今日のフィールドである那珂川本流は減水している

低水位はドライフライに有利だが

カラ梅雨でずいぶん長いあいだ渇水だったから

ヤマメはかなりシビアになっているだろう

Mの新作毛鉤を試すにはもってこいだ


a0279321_155226.jpg

いきなりドシャ降り

今日はどんな釣りになるのだろう







...








若い頃は朝マヅメから夕マヅメまでぶっ通しで釣るのが当たり前だったが

老いぼれた今となってはそんなこともなくなった

ウソです

釣り場について車を駐車スペースに滑り込ませると

俺は竿を握る前にまず山の湿った空気を味わう

深呼吸しながらあたりを見渡すと

おや桑の実が色づき始めているぞ


a0279321_1643447.jpg

まだちょっと早いか

とりたてて特徴のある味でもないが

ほのかな甘みと野の香りが嬉しい

ちょっといやらしい色合いに黒熟した実を探す


a0279321_1645791.jpg

マニアにはたまらない色具合かと







...








ひとしきり桑の実をむさぼり喰ってから

俺は紫に染まった指先を流れで洗う

ついでに水温を計ると
a0279321_10373130.jpg

言うことなしの14度

ヤマメはポッテリと肥えてきている

a0279321_10452389.jpg

なんて旨そうなんだ

俺は渓魚や山菜なんてものはそれを釣った流れや

それを探し歩いた山の緑を想い浮かべながら

言ってみれば半分はココロで喰うもので

それをウマイだマズイだと言い募るのは野暮だと思っている



でも今のヤマメはホントに旨い

a0279321_1173436.jpg

小振りのムッチリがベスト






...







シーズンも深まりヤマメも利口になってきたのか

大きな毛鉤への反応が良くない

小さな毛鉤が圧倒的に有利だが

今頃からは昨秋孵化した10cm足らずのおぼこいチビが掛かってしまう

だから不利を承知で大振りな毛鉤を使った


a0279321_1123336.jpg

それでもこんなチビが掛かる

茶色い尻尾のせいなのか

Mの新作毛鉤はよく釣れた


a0279321_11263492.jpg

ムチムチですよ






...







さて魚ばっかりもなんだ

ひと様にもっとお野菜をとご意見してる手前

ちょっと植物を探してみるか

あのチクチクしたのはなんだ


a0279321_11315777.jpg

アザミだ

アザミの根っこは山ゴボウだ

まあでも掘るのがメンドクサイな

ちなみに八百屋で売ってるゴボウもアザミだ

おやあそこにも八百屋で見かけるヤツが


a0279321_11381658.jpg

ミツバだ

沢筋や森の木陰にミツバは結構多い

コミックの「美味しんぼ」でもカツ丼の薬味にミツバは欠かせないと力説されていたが

別にカツ丼を喰う予定はない

よし今日は山菜らしいあれにしよう


a0279321_11473682.jpg

みずみずしい緑

標準和名うわばみそう山菜的にはミズだ

a0279321_11563586.jpg

サロンパスみたいな匂いがする

ミズは見て旨そうな葉っぱは喰わない

捨てる

喰うのは茎と薄紫色の根茎だ

だから現地でこうしてしまう


a0279321_122895.jpg

帰ってから楽だよ

特に根茎の部分は若干ネバリを含んでいて

その部分だけを細かく刻んで味を付け

山の人々はミズトロロなどと呼んでそのネバリを尊ぶ

「釣りキチ三平」の作者の矢口高雄氏も東北の出で

ミズのトロロが好物だとどこかで読んだな

俺はと言えばもちろんそんな手のこんだことはせず

ミズ全体を茹でて適当な大きさに切り

他の部分もろともバリバリと喰ってしまう習わしだ








...








原発事故の後ニワカの入渓が減ったのか

釣り場のゴミが減ったようなのは気のせいか

それでも一定率バカは存在する


a0279321_14245727.jpg

ラインのケースか

林道から蹴落とされた廃家電やバイクを回収するガッツはないが

夕マヅメを待つ間釣り人の残したゴミを拾おう

フェルトスパイクの鮎タビに絡みついてきたラインを手繰っていると


その先に新品のD-コンタクトが付いていた

a0279321_14375728.jpg

ちょっと高いルアーだ

D-コンタクトはスミスのトラウト用ルアーだが

メッキやカマスにもよく効く



これはご褒美だろう


ゴミ拾いする俺を神様が見てるのだ

テンモーカイカイ疎にして漏らさずってヤツだな

神よ

人糞を素手で片付けたと聞く奇特な青年にも

電気ウキかなにか拾わせてあげてください







...







空模様が怪しくなってきた


a0279321_1525233.jpg

山の天気≒娘ゴコロ

早めに旬のヤマメをキープしておくか

a0279321_1574585.jpg

イワナw

a0279321_1582839.jpg

ポッテリ

小雨が波紋をつくりだした水面にガバリとヤツは出てきた

ひとめで尺を優に超えているのがわかる

ゆっくりアワセるとのっけから走る走る

あげくにジャンプ

ニジマスだ

春に成魚放流された居残りだろう

ニジマスと言っても野生化した奴は馬鹿に出来ない

同じサイズならマス類の中で一番のファイターだと思う

そして旨い

ハエ竿はペナンぺナンとしなるばかりで

なかなかヤツから主導権をとり返せない

5分以上かけてやっと浅瀬に寄せてキャッチ


a0279321_15291173.jpg

もちろんキープだ

ヒレの欠損もないキレイな魚体で

川虫を飽食してよく肥えている

二枚におろして付け焼きにしようかな

さあ雨脚も強くなってきたのでもう帰ろう


a0279321_1537722.jpg

本日のおみや






...







ヤマメを焼き


a0279321_15405090.jpg



ミズを茹でる

a0279321_15414273.jpg



取り急ぎの晩酌の膳

a0279321_15461441.jpg

冷ややっこの季節になった

ヤマメはジュースがジュクジュク

a0279321_15475098.jpg

タマリマセン



山の恵みとMの毛鉤に感謝して

純米酒をぐびり

ぐびり



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

読んでくれてありがとう

次回は南房磯ほとんどホゲリ日記の予定です



[PR]
by US100243 | 2013-06-15 16:05 | 川の釣り | Comments(14)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
カツさん、おはようご..
by 咲いたマン at 07:06
今晩は。 9月は色々と..
by カツ at 18:58
もも兄ぃ さん、おは..
by 咲いたマン at 07:27
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:18
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 09:43
あの難しいハコフグを釣り..
by 海おとこ at 08:21
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:28
今回は危険な香りのするb..
by 磯トンボ at 09:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:26
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 08:11
スマホォ デビューおめで..
by 磯トンボ at 07:11
おお、とうとうスマホにな..
by 海おとこ at 22:06
こんばんわ。 新しい家..
by しげ at 21:46
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:13
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 08:26
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 08:12
夏の夜の磯は北国でも虫で..
by atlanticnighttales at 01:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 06:49
良いなぁ~ うちに来る..
by しげ at 20:56
ブログジャンル
家庭菜園
釣り