<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
萌えるおぢさん~春に誘われたわけじゃない
   
   
春になるとつい浮かれてしまう

気温も上がれば花も咲く

a0279321_13481114.jpg

タンポポだって咲くだろう

街を歩く人々の服装も華やいでくる

もちろん人によっては落第してしまったり

追いだし部屋に配置換えになったり

重篤な花粉症だったり

悲惨なケースもあるだろうが

それでも内心はチョット浮かれてるんじゃないか


春になると浮かれてしまうのは

秋になるとおセンチになるのと同様に

これはもう自然現象と言ってもいいだろう

暖かい日差しの中、萌える緑を見ているだけで

老いさらばえたこの俺も

何だかココロ浮かれてしまうのだ







...








浮かれた俺は仕事を投げ出し山へ向かう

インターをくぐり東北自動車道に乗る

桜の花を追いかけてみようと思ったのだ

やらなきゃいけない仕事は山ほどあるが

浮かれちまったんだからしょうがない

ああしょうがないしょうがないと唱えながら

那須高原をドライブすると


a0279321_13502118.jpg

桜満開花曇り






...







少し登って那須疎水のほとりでは

ソメイヨシノは五分咲きくらいか


a0279321_13505630.jpg

日本に産まれてよかった

山には残雪、少し湿った春のそよ風に

浮かれた俺が魚釣りをしたくなってしまうのも

これはもうしょうがないことだろう







...







駐車スペースに車を止め荷台をあけると

俺はおもむろにランドリーショイコを降ろす


a0279321_1351341.jpg

渓にはランドリーショイコがよく似合う

次に前回の釣行から結びっぱのルアーを外す

a0279321_1352952.jpg

まだ燃えてますね

つなぎっぱのルアーロッドをひっこ抜いて格納し

やっと渓流釣りの支度にかかるが

房総の海水の沁み込んだ鮎用スリムウェーダーに

a0279321_16193959.jpg

今日は塩抜き

ライジャケが渓流チョッキに変わるだけだ


a0279321_1353350.jpg

年券5,500円は良心的

もちろんコイツを忘れちゃいけない

a0279321_1621216.jpg

ルビアスくれ







...








先週の雨でかなりの水が出たようだ

濁りは無いが水位は高い

水温を計ると


a0279321_1534979.jpg

7.5度

こりゃドライフライじゃ厳しいか

川虫はいるかな


a0279321_15381860.jpg

ピンチョロ確認

川辺で俺は5.4mのハエ竿を握り

レベルラインをつけて毛鉤を振るか

0.2号の水中糸をつけて川虫で釣るか

しばらく思案するフリをしたが結局

釣友Mの巻いてくれた毛鉤で釣ることにした


a0279321_15502014.jpg

早期はカゲロウっぽいのがイイような

別に疑似餌で釣ることにこだわったわけじゃない

川虫を採るのがメンドクサかったのだ







...







しばらく釣りあがるが魚は出てこない

低水温のうえに増水気味だ

魚は深みに入ってしまっているのだろう

川幅が広がり浅い瀬が続く


a0279321_165171.jpg


盛期なら絶好の毛鉤ポイントなのだが

まだ寒い今頃では魚は付いていないものだ



ありゃ


a0279321_1639844.jpg

祝2013年ファーストフィッシュ


ありゃりゃ


a0279321_1641323.jpg

いきなり入れ食い


釣りに先入観は禁物だ








...









水温が上がってきたのか魚が出だした

だが成魚放流魚が多い


a0279321_16502766.jpg

イワナ君リリース

一等ポイントにはたいてい放流魚が付いている

まだ天然魚よりデカくて強いからだろう


a0279321_16565132.jpg

27cmリリース

解禁以来渇水が続いていたので

釣られずにずいぶん残っているようだ


a0279321_1711530.jpg

ひたすらリリース

皆さんバンバン釣っちゃってね


a0279321_1793181.jpg

尺はあるけどヒレがない


a0279321_17103019.jpg

魚に罪はないけれど

充分に天然繁殖している力のある川なのだ

アリバイ作りのような成魚放流はやめてほしい

水たまりにはこの冬孵化したのだろう

2cmくらいのヤマメの稚魚が群れていた


a0279321_13361483.jpg

パーマーク萌え~






...








放流魚と天然魚の割合はは半々くらいか


a0279321_9552875.jpg

成魚放流魚ではないな

小振りなヒレピンのみキープしていたが

この釣れ具合なら夕マヅメの釣りだけで喰うには充分と考え

友バッグのヤマメは全て解放した

しばらくキャッチ&リリースで釣り上がる


a0279321_1032947.jpg

結構キレイだけどどっちかな







...








俺にとっての釣りの動機は

半分以上は喰うためだろう

ガキの時分には喰わないヘラブナや

室内釣り堀にのめり込んだ時期もあったが

たいていの獲物は喰ってきた

だからリリース前提の釣りになると

とたんにヤル気を失くしてしまう


a0279321_10243228.jpg

イメージ画像です

その日もモチベーション激下がりで

投げやりな釣りを続けていると

流れを挟んだ向こう岸の枯葦の中

ゆっくりと動物が近づいてくる



ニホンカモシカだった


a0279321_1034219.jpg

画像拝借


まだ冬毛なのかふかふかの毛並みで

遠慮がちな足取りで流れに近づいてくる

そしてクンクンと空気の匂いを嗅ぎながら

恥ずかしそうに俺のほうを見るのだ



う、旨そう


a0279321_10552130.jpg

お~い、帰らないでおくれよ


ニホンカモシカの出現にひとしきり萌えた俺は

竿をたたんでいったん本流筋を離れることにした

半年ぶりの渓の釣り

イロイロやりたいことはあるのだ







...







沢筋に入って魚影を探したり

カタクリの群落の無事を確認したりした


a0279321_11103142.jpg

カタクリ萌え~

カタクリはいつも通り

恥ずかしそうにうつむき加減に咲いている

含羞と言うのだろうか

ニホンカモシカにも言えることだが

この恥ずかしそうにと言うところが萌えるに重要なポイントで

俺が教師なら試験に出すだろう







...







ソメイヨシノが満開になる時が盛りなので

ちょっと早いかなと思いながら俺は探している

暖かな南向きの斜面でそれを見つけた


a0279321_11284139.jpg

コゴミ萌え~

標準和名はクサソテツだがコゴミの方が通るだろう

シダの類だがワラビやゼンマイのようにアクを抜く必要はない

そのまま茹でて結構旨い

俺の大好きな山の幸のひとつだ

クルクル巻いた可愛いコゴミの芽に萌えた後

全部むしって収穫していると

バリバリドシャンと雷の音

今の季節にマジですか







...







山の雷はかなり怖い

実際に平地より近いせいだろう

だが谷間の空は狭いから

結局降られずにスルーしてしまうことも多い

俺は車の中に避難し待機した


a0279321_11484496.jpg

ドシャ降り直撃

おやつでも喰って様子を見るか

そういえばこれからのスイーツは和菓子だと主張する南房磯師がいた

俺としては甘いものなんぞ和菓子だろうが洋菓子だろうが

ショージキどうでもいいのだが

意味不明ながら熱く語られるとつい影響されてしまう

抗日デモの大陸人なみの単純さで

俺はその南房磯師に連帯した


a0279321_1243979.jpg

かしわもちっ







...








雷雨は一時間近く続いたろうか

小降りになった雨の中、車の外に出てみると

駐車スペースには習志野ナンバーのワゴンが一台だけ

これだけ降られたらドライフライはいよいよ厳しい

昼釣ったヤマメを少しキープしとけばよかったな

橋の上から川の様子を見ると

水かさは増えているが濁りは無い

上流に大堰堤があるので、濁った沢水が入ってくるまで

しばらく時間がかかるのであろう

これなら何とかイケるかもしれない








...







水温は9度

水位は高いが魚は出た


a0279321_13102272.jpg

骨酒用

じきに先行するエサ師に追い付いたので

追い越さないよう下流を広く探った

実はこのエサ釣りのおぢさんとひと悶着あったのだが

この件では俺も少し考えるところがあったので

後で独立した記事にしたいと思う








...







増水で水面までの距離が長いからか

魚が出てきても喰いそこねが多い


a0279321_13231698.jpg

チビ天然

それでも流れに立ちこみピンポイントを撃っていくと

次第に友バッグのヤマメは増えていく


a0279321_13481045.jpg

旨そうなのだけキープ

結局毛鉤が見えなくなるまで釣り

a0279321_1351986.jpg

もう限界

骨酒用のイワナひとつとヤマメを10くらいキープした

a0279321_13523618.jpg

今日のおみや







...








家に帰って小振りなヤマメを塩焼きに

コゴミは胡麻和えにした

山菜には油を含んだ胡麻やクルミがとても合うのだ


a0279321_1404642.jpg

ヤマメは小さいほうがたいてい旨い

知る人ぞ知る今日の純米酒

a0279321_1463310.jpg

ずるがバレちゃってもう大変

ヤマメは旨い

コゴミも旨い

山の恵みに感謝して

純米酒をぐびりぐびり



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

釣れてくれてありがとう


[PR]
by US100243 | 2013-04-26 14:28 | 川の釣り | Comments(10)
自分に罰を与える
   
   
今年になってまだ魚を釣ってない

狙いの魚を釣ってないのではなく

どんな魚も、トウゴロウ一匹すら釣ってない

もう四月で第一四半期は過ぎ去った

四半期の間に何も結果を出せないようでは

アメリカの企業のCEOなら首が飛ぶだろう

縄文人なら飢え死にしてるかもしれない

だが生温く平和な日本に産まれ落ちた俺は

今日もえへらえへらと生き永らえているのだ







...








俺は毎晩のように夜更けのスーパーを徘徊する

鮮魚売り場をラン&ガンするのだ


a0279321_14115892.jpg

俺は半額セールに弱い

狩猟本能を昇華してるつもりなのか

a0279321_14212045.jpg

勇者は自分で掬ってくるのに


同じ時間帯南房の夜磯師なら

漆黒の闇の中、赤く光る電気ウキめがけて

バシバシとコマセを撃ちこんでいることだろう

同じ時間帯外房のアジンガーなら

微妙なアタリに電撃フッキング!などと叫び

周囲のエサ師から白い目で見られていることだろう


みんな一所懸命釣っているのだ

いっぽう安全な街の生活に弛緩しきった俺は

それでも結構シアワセを感じていたりする

ひとしきり買い物をした後の帰り道

俺はぼんやり考える

どんなに刺身を買ったって


往復の高速代より安いや







...







はっきり言ってこれはダラクだろう


a0279321_15132736.jpg

居直るんじゃない!



もーしわけない


深く、野島崎東港より深く反省した俺は

その反省を行動を持って示さなければと思った

ぬくぬくとしたフトンの中で堕落を自覚した俺は

自分自身に罰を与えることにしたのだ







...







いい結果を出したアスリートが記者会見で

自分をほめてあげたいと言うのを聞いた

何とかして金を遣わせようと懸命なデパートが

がんばったアナタ自身にプレゼントをとささやく


だが意外と自分に罰を与える話は少ない

つーか全くない

よく調べるとわざわざおカネを払って

若い娘さんにムチで叩かれたり

洗濯バサミで乳首を挟まれたりする施設もあるらしく

これには少しココロ動いたが

どうもお仕置きなのかご褒美なのか判然としないので

今回は見送ることにした


色々考えたが清らかな家庭菜園ブログにふさわしく

縄文テイストあふれるこんな罰ゲームはどうだろう


喰ったことのない雑草を喰う

マズイ雑草を喰うという罰を自分に与え

はるか古代の人々の困難や

たいした魚も釣れやしないのにガンバル皆さんの

苦労を偲ぶことにしよう


今日のミッションはこれでキマリだ







...







さて俺の愛する自然農園に出てみよう

喰いきれなかった菜の花が咲いている


a0279321_1316234.jpg

菜の花の匂いは郷愁を誘う

この後の実りからテキト―に採種するから交配は進み

もうカブなんだかカラシナなんだか小松菜なんだか

俺の農園の菜っ葉はよくわからない植物と化している

おやっ、ひときわ目立つ黄色い花が
a0279321_13182739.jpg

チューリップ

勝手に殖えて勝手に咲いているチューリップやヒヤシンスは

俺の農園では雑草に分類される

チューリップの球根は百合根みたいで結構旨い

だが喰ったことはあるから対象外だ

野蒜も大きくなってきたな


a0279321_1324214.jpg

雑草ばかりが元気いい

もちろん野蒜は喰ったことあるし

何より旨すぎて罰にはならない

でも保険にちょっと採っておこう
a0279321_13271466.jpg


ヒメオドリコソウ?

a0279321_1347336.jpg

さすがにこいつはちょっとキツイな

このあいだ蒔いたエンドウ豆が白い花を咲かせている

a0279321_1452519.jpg

今日はお呼びでない

20粒ほど蒔いたが生き延びたのは5本か

寒さにやられたり嫁に踏まれたり

俺の自然農園はなかなかに過酷なのだ



おおっ、格好の獲物をハッケンしたぞ

a0279321_1357495.jpg

ヤブガラシだ

ヤブガラシはもう庭でも野山でも公園でも

どこにでも生えていてハビコリまくり

皆さんも必ずや目にしたことがあるはずだ


a0279321_14125092.jpg

育つとこんなふう

a0279321_14152084.jpg

地下茎でどこまでも殖える

完全放置にするならば俺の夏場の農園は

ヤブガラシに制圧されてしまうに違いない

だから見つけ次第引き抜かなくてはならないが

それでも殖える

こいつが喰えれば一石二鳥だ

張り切ってガンガン採ろう


a0279321_14222751.jpg

オナカが心配なのでこれくらい





...







赤紫を帯びた緑色のヤブガラシだが

茹でると全くの緑色になる

アケビの芽からワカメまでそんな植物は多い


a0279321_1527974.jpg

おひたしにしてみた

今日の純米酒はこれ

a0279321_15303074.jpg

罰ゲームじゃなかったのかw






...







さてヤブガラシのお味といえば結構喰える

好んで喰うほどの味ではないが

飢えをしのぐためなら食用といっていいだろう

飲み下す喉元にエグミというかちょっと刺激を感じるが

なに茹でてあるからダイジョウブだろう


野蒜は洗って金山寺味噌で喰う

a0279321_15305952.jpg

辛くてウマいよ

スーパーで捕獲したホタルイカは酢味噌で

a0279321_15325338.jpg

千葉県産?

酒も旨いしなんだかとってもいい気分だ

深く反省して自分に罰を与えるつもりが

春らしい悪くない晩酌になっちまった

かさねがさねモーシワケナイ

今度はちゃんとおカネを払って

ハイヒールのかかとで踏んづけてもらいます



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

2013年いまだノーフィッシュ


[PR]
by US100243 | 2013-04-16 16:06 | 庭の収穫物 | Comments(12)
漢釣りふたたび~失敗の研究
  
   
力み過ぎはいい結果を生まない

チカラあまって試験や試合などの勝負に臨むと

たいていは失敗する

性欲有り余る若い頃、つい独りよがりにサカッテしまい

恋愛に失敗してしまったりすることは

皆さんも経験があるだろう

これはおっさんアングラーの魚釣りにも言えることで

チカラとキアイを込め過ぎて釣行するとかえって

釣花の花は咲かないものなのだ







...







2か月ぶりに休みがとれた

当然釣りに逝く

しばらく釣りに逝ってないから体力は有り余っていて

毎日の釣りブログチェックでヤル気もムンムンだ

惨敗した前回のヒラスズキ釣りのことなどすでに忘却のかなたで

懲りない俺はふたたび漢(おとこ)釣りを敢行することにした

今回は南房のヒラスズキのみならず

朝マヅメは居残りのヒラメ

夕マヅメは外房で乗っ込みのマダイを狙う

一日中ワームからメタルジグまでルアー投げっぱなしだ

2ヶ月もの間釣りに逝けなかったという異常事態に

戦意の高揚尋常ならざるものがあり

戦力的に体力的に無理だろうと言うココロの声を封印し

勢い余った俺は無謀にも米国に戦いを挑んだのだ








...








館山道をいつもより少し手前の鋸南富山で降りると

俺は挨拶代わりに真珠湾岩井海岸を撃った


a0279321_17125679.jpg

漢釣りといいながら手堅くワーム

潮は下げ始めで薄暗い曇り空

状況は悪くない

状況は悪くないが俺の釣りはダラシなかった

12月のマゴチ釣りの時のラインをそのまま使っていた

どうせ大した魚は釣れないと舐めていたのかもしれない

数投目にいきなりバットまで曲げられた竿は

すぐに跳ね上がってしまった

リーダーの結び目から切れていた

大きい潮回りだからバチを漁りに来たスズキだろうか

ラインをチェックしてリーダーを結び直す手間を惜しんだばかりに

俺は最初の獲物を取り逃がしたのだ







...







館山湾北条海岸河口がらみのポイント

岸から10mくらいは濁っているがその先の水色は悪くない

遠投して底まで落としたジグヘッドワームを

ちょんちょん巻き巻きして探っていく

かなり手前、濁りとの境目あたりでググンときた

首振りすることもないからマゴチではなさそうだ

あまり大きくないがコイツは何としても獲りたい

今年になってまだ釣った魚を喰ってないのだ

普段ならゴリ巻きサイズのその魚を

俺は慎重に寄せた

大事に大事にそぉ~っと



げっ、バレた


針ハズレだ

時間をかけすぎたか

濁り水のせいで何の魚か見えなかったが

40cmくらいのソゲかあるいはキビレだったろう

用心しすぎて腰の引けたファイトで

俺は今晩の刺身を取り逃がしてしまったのだ








...







気を取り直しておやつでも喰おう

南房磯師のあいだではおやつといえばクレープで決まりらしいが

漢釣りではコイツを推したい


a0279321_14255963.jpg

おさかなソーセージ

コイツを片手に握って喰う

両手が空いていても片手で喰わなきゃダメだ

端っこを犬歯で喰いちぎり

皮のフィルムを歯で咥えてひっぺがす

そしてガブリムシャリと一気に喰いたい

ここでモジモジためらったり

両手で持ってペロペロ舐めたりしていると

話があらぬ方向へ逝ってしまいがちなので注意が肝要だ

左手に握ったおさかなソーセージを漢喰いしながら

俺は南方南房磯へと戦線を展開させたのだ








...







山を越え南房漁港の駐車スペースに車をすべり込ませる

平日なので釣り人は数人だけ

おやっサビキで何か釣れているぞ

観光客らしいグループが鈴なりに魚のついたサビキ仕掛けを持たせてもらって

記念写真を撮っている

漁港内にカタクチイワシが入っているのだ

磯に降りるとワンドにも夥しい数のイワシが入っている


a0279321_15202285.jpg

俺がボイルしちまうぜ

これは期待が持てそうだ

万一ヒラスズキマダイも釣れなかったとしても

空サビキでカタクチイワシを釣って帰ればいい

喰うために釣る俺的にはそれで全然おっけーだ

指で捌いた刺身はショウガ醤油で喰おう

ショウガと一緒に甘酢に漬けてゴマを散らしてもいい

残りは塩水で洗って丸干しだ

磯を見渡すとヒッチコックなみの海鳥の群れ

a0279321_15461364.jpg

カタクチイワシに付いているのだろう

杖をついて散歩する地元のばあちゃんも

こんなに鳥が集まってるのは何年ぶりかだと言う


海鳥にとっても魚にとっても

カタクチイワシは一等級の食糧なのだ


ヒラスズキよ、おまえはもう釣れている






...







カタクチイワシの群れにスーパーボイルした俺は

よさげなルアーをライジャケのぽっけに詰め込み

抜け目なくイカ狙いのエギも持って磯に乗った

そして溝を一本一本念入りに攻めていったのだ


a0279321_16105337.jpg

フカセりゃよかった

サラシというサラシにルアーを通した

波の無いところではエギに付け替え

シャクってみたりスローに漂わせてみたり






...






イワシに付いているはずのヒラスズキはまるで姿を見せず

取り囲む海鳥たちが迷惑そうに俺を見ているだけだった

izuさんがオキアミでさくっと釣ったというアオリイカも釣れず

俺のエギには千切れたヒジキが掛かるだけだった



今日も高いルアーをロストしてげんなりした俺が

車に戻りそろそろカタクチイワシでもと考えていると

隣に軽ワゴンが元気よく乗り込んできた

降り立ったドライバーがいかがでしたかぁーと声をかけてくる

有名アングラーのソルトマン氏だった






...







ソルトマン氏には以前にも外房磯でお会いしている

その時もメジナが全然ダメで、俺はノベ竿に小針で海タナゴを釣っていた

ちょうどクサフグを釣りあげた俺に近づいてくると氏はあくまでも明るく

いかがでしたかぁー、フグって可愛いですよねぇーと声を掛けてきたものだった


そんなことは覚えているはずもなくニコニコと笑う氏に

今日もいい話ができないのは残念な限りだが

俺は今朝からのダメダメ釣行の顛末を話し

そして外房の状況はどうかと訊いた

すると水色が良くないのでここまで南下してきたのだと言う

外房でのメタジマダイも諦めたほうがよさそうだ

少しおしゃべりした後ソルトマン氏はこれからどうされますかと訊く

バッティングしないように気を遣ったのだろう

俺はついミエを張った

地合いを待つか館山に戻ってサーフを撃つか迷ってます

真摯なルアーマンであるソルトマン氏に

晩のおかずにカタクチ撃ちっすよ、早く喰いてー

とは言えなかったのだ

誠実なルアーマンであるソルトマン氏に

サビキも多点ダウンショットリグってことでモーマンタイ

とは言えなかったのだ


マダイを狙ってメタルジグを投げると言うソルトマン氏を

じゃあ僕は館山に戻ってサーフを撃ちますと言って見送った

俺はウェーダーを履いたまま小高い小道にウンコ座りして

暫くソルトマン氏の挙動を観察した

ソルトマン氏は岩上で竿を持ちじっと海を見ている

ずいぶん長いこと海を見ていたが結局竿は振らず

磯から下りるとサーフを挟んだ別の磯へと歩いて行ったのだ

闇雲にルアーをブン投げないところが俺とは違う

夥しい数のカタクチイワシはいた

だが全く磯には打ち上げられていなかった

今思えば魚は付いていなかったのかもしれない







...







運転席にすべり込むと俺は

エンジンキーをゆっくりと回した

カタクチイワシに未練はあったが

山を越えふたたび館山へと向かう

サーフを撃つと言ったのだから

サーフを撃たなくてはいけない



それが漢(おとこ)釣り







...








負け戦のムードが色濃く漂う中

俺は館山湾へと追い詰められていった

身の程をわきまえぬ計画

ダラシない準備不足

ミスを恐れるばかりのヘタレな戦い

独りよがりの楽観

つまらぬミエと意地

繰り返した失敗を悔やんでみても後には戻れない

俺なりに頑張るしかないのだ

アオリイカのハードルをモンゴウイカに下げた


a0279321_13442432.jpg

ピュンピュンからズリズリへ


普段は狙わない河口のスズキに望みを託した

a0279321_1347641.jpg

釣っても喰えるのか






     玉砕...








俺はしみじみ思うことがある

先の大戦の時

せめて東京大空襲あたりでギブアップしておけば

原爆投下の悲惨も露助の暴虐も

防ぐことができたんじゃないかと

でも当時の軍事官僚のバカさ加減を

俺になじる資格はないのかもしれないなぁ



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

2013年いまだノーフィッシュ


[PR]
by US100243 | 2013-04-01 14:29 | 海の釣り | Comments(16)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:25
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:16
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:05
こんにちは~ とう..
by 磯トンボ at 09:55
アイゴ狩りお疲れ様でござ..
by 海おとこ at 12:25
今晩は。 遂にというか..
by katsu at 23:19
カツさん、おはようご..
by 咲いたマン at 07:06
今晩は。 9月は色々と..
by カツ at 18:58
もも兄ぃ さん、おは..
by 咲いたマン at 07:27
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:18
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 09:43
あの難しいハコフグを釣り..
by 海おとこ at 08:21
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:28
今回は危険な香りのするb..
by 磯トンボ at 09:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:26
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 08:11
スマホォ デビューおめで..
by 磯トンボ at 07:11
おお、とうとうスマホにな..
by 海おとこ at 22:06
こんばんわ。 新しい家..
by しげ at 21:46
ブログジャンル
家庭菜園
釣り