<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
南房ガチ磯~中通し竿インプレ
俺は景品に弱い

根がケチンボだから、とかく安いものを買いたがるが

景品をつけられたりすると、いとも簡単に幻惑され

ちょっと高かったりあまり必要で無いものも

つい買ってしまったりする

昨夜もカイワレ大根の種がおまけに付いた日本酒を3パック買った

日本酒もカイワレ大根の種も、別々に吟味して買ったほうが

それぞれ安くてよい品が手に入ると思うのだが

景品として組み合わされると何だかオトクな気がして

ついつい買ってしまう

カイワレ大根の種なんぞ全く必要もないのに

昨夜俺は日本酒を3パックも買ってしまったのだ





...





手持ちのハリが大方フグにのみ込まれてしまったので

俺はチヌ針を補充しようと釣具屋へ逝った

釣針と5号フロロをカゴに入れレジに向かうと

5千円以上お買い上げのお客様に魚拓カレンダープレゼント

と張り紙が目に入った

a0279321_13383469.jpg

こんなヤツ

そういえば今年のヤツは昨年末に安物のリールを買ってもらったな

タダでもらえるなら来年のも欲しい

これは5千円以上お買い上げせねばなるまいと俺は売り場に戻ったのだ




...





売り場を見て歩くが欲しいものはない

根がケチンボなせいだろう

必要に迫られないと物を買う気にならないのだ

かといってチヌ針ばかり5千円分買うのも夢がない

さてなんとしたものかと釣り竿を見てるとガイドの無い磯竿がある

5.2mの2号竿で1万円ちょっと

インナーなんとかと名付けられてるが、要は中通し竿だ

中通し竿と言えば、俺のイメージでは趣味人がハゼやシロギスを釣る小物竿だが、磯竿もあるのか

そういえば夜磯の釣りは糸のトラブルが付きものだ

頻繁に糸撚りを伸ばしたりガイド絡みを直したりしなくてはならない

先週の釣りも猛烈な向かい風で糸がバタついて難儀した

中通し竿ならその心配はない

ひょっとして夜磯と中通し竿はベストマッチなのではないか


俺は1万円ちょっとでその中通し竿を買った

糸の通し方を教わると俺は竿と糸通しのワイヤー以外の付属物をすべて捨てた

ケ-スの中に入っていただろう保証書や取説や竿袋をその場で捨てた

それが俺の流儀




俺は今年もタダで魚拓カレンダーを手に入れたのだ





...





今日も明日もまるっきりの平日

特に明日は請求書の関係で絶対にサボれない

なのに俺は我慢が出来ない

買った中通し竿を使ってみたいのだ

吹きすさぶ海風の中で

糸ガラミ皆無だぜウヒョーと言ってみたいのだ

夕方出撃でいいじゃないか

明日の朝までに帰ってくればいいじゃないか

俺は午後の仕事を片付けたことにしてエサ屋に解凍予約を入れた

買った中通し竿に前もって糸を通して荷台に放り込み

俺は逃げるように館山道を走り続けたのだ


a0279321_15375850.jpg

夕日に向かって走れ




...





ガチ磯に降り立つとなんと無風

無風の冬磯の釣りが一番快適ではなかろうか

夏場では暑いし何より磯ヌカカの猛攻を許す

冬場の強風時は寒くてまるで修行だ

中通し竿の強風下の実験にはならないが

快適に釣れる幸せを今日は楽しもう

少しウネリが残っているが小潮で干満も小さい

このあいだ開拓した溝を釣ることにした

a0279321_1634245.jpg

ウネリでざわつく海




...





付け餌を取り分けアミとオキアミのブロックをガシガシ混ぜる
a0279321_1694812.jpg

あまり解けてない

まとめる必要もないので粉を入れずに撒いたがよく光ること

何だかスゴク釣れそうだ

さあ逝くぞ中通し竿

a0279321_16123440.jpg

なんか変なのw


竿を振ると5号の道糸が気持ちよくスルスルと出ていく

そりゃそうだ

俺は夜磯では1.5号のウキに1号のクッションシンカ―でフカセる

少し波に揉まれたりエサトリにつつかれたりする度に

浮いたり沈んだりされては煩わしい

だから浮力はタップリ残す

それでも問題無くメジナもクロダイも釣れる

魚に違和感を与えないように浮力は限りなくゼロに

なんて昼磯とは別世界なのだ





...




2投目でアタリ

タップリ浮力を残したウキがジブジブと沈む

いつも通りわずかに聞きアワセをしたのち本アワセ

ぐいぐいと寄せてよいさと抜くと35cmくらいのクチブト

普段使いの1.5号竿と比べると寄せも抜きも楽チンだ

ちょっと持ち重りを感じるが、中通しだからか2号だからかは分からない

さてブログのために記念撮影

a0279321_16434268.jpg

何も写らんw


モニターにはフラッシュを禁止しましたと出ている

俺はフラッシュを禁止した覚えはない

デジカメをポケットから出す際に、変な所を押して変な設定になってしまったようだ

テキト―にボタンを押してみるが戻らない

取説を見なければわからないが、そんなものは買った瞬間に捨てている

仕方がないのでヘッドライトで照らしながらシャッターを押してみた

a0279321_16532851.jpg

いかがですかw


ちょっと写真撮影に手間取ってしまうがよく釣れる
a0279321_1714124.jpg

ヘッドライトで照らしてパチリ


バラシたりフグったりもしたがよく釣れた
a0279321_179459.jpg

またライトで照らしてパチリ


そうこうするうちに道糸を根にとられてウキを失くす

拾ったウキだからまあいいや

しかし1.5号ウキはひとつしかなかったので「中」と表示しているウキを付け、3Bのかみつぶしを噛ませる

一般的なフカセ仕掛けだが格段に軽くなった

すると格段に仕掛けが扱いにくくなった

濡れた道糸が竿の内部に張り付くのか

道糸が穂先から出ていきにくいのだ

中通し竿は重い仕掛け向きのようだ





...





仕方がないので足元を攻めていると

「中」のウキが勢いよく水中に入る

軽いウキは抵抗が小さいからかなとアワセると

ぎゅいんぎゅいんと今日一番の引き

40あるかな

a0279321_1727167.jpg

測らないけど


クチブトばかりだけれど充分に楽しめた

明日今日も仕事だもう帰ろう

喰う分のメジナのエラとワタをウツボ様に奉げて

俺はガチ磯から撤収した




...





帰りの車中俺は出来ゴコロを起こした

もう季節だしちょっと根魚をチェックしとくか


漁港のめぼしいポイントをパトロールする

a0279321_17393437.jpg

年々釣れなくなる


根魚はすぐに場荒れするので俺的には自粛している
a0279321_1742268.jpg

たまに喰う分だけ


シメはギンポ君
a0279321_1745099.jpg

盗撮画像のようだw





...






家に帰ると午前5時

まだ真っ暗だがもう朝なのだ

俺はたたんだ中通し竿の上からジャボジャボと水を注ぎ

逆さにして水を出した

これ以上の手入れをする気はない

体を温めるために入った湯船で

俺は少しウトウトとした

今日もキツイ1日になりそうだ



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

迷わず押せよ押せばわかるさ
[PR]
by US100243 | 2012-11-23 18:00 | 海の釣り | Comments(6)
なめろう丼の憂鬱


俺はどちらかといえば優柔不断だ


いつでも男らしくありたいと思うのだが

何かを決めかねてウジウジ迷ったり

終わったことをクヨクヨ悔やんだりしてしまう





...





予報では白浜地区は2.5mのうねり

ガチ磯乗るにはちょっと怖い

さんざん迷ったあげくフカセは諦め

疑似餌シバリで逝くことにした

今年はヒラメが当たり年のようだ

今夜はヒラメの刺身で一杯やろうと思ったのだ



...





a0279321_1231053.jpg

内側は凪

目の前に大きく見える富士山も写真に撮るとこんなもの

ココロが大きく見せているのだ

釣果自慢の写真のようだなw

ニヒルに笑う俺の目の前で

ベイトを追うソゲが派手にジャンプする

ヒラメはその姿に似ず結構これをやってドキリとさせる

気取っていた俺はアタフタとぱちもんルアーボックスに手を突っ込み

指先にフックを刺してあうっと声を出したりする


とにかく釣りたいと最近オキニのでかワームをチョイス
a0279321_1258212.jpg

金粉が効くのか



満潮の朝マヅメ

ヒラメはともかくマゴチくらいは釣れるだろうと

タカをくくっていたがなにも釣れない

サーフ、ヘッドランド、漁港と投げ続けるがアタリはない

ワームで釣れないとなぜだか恥ずかしい

人が近づいてくるとこんなルアーに付け替えたりもした

a0279321_13142642.jpg

ルアーマンならこの気持ち分かるよねw


ヒイヒイいわせてやろうとバイブを遠投したりもした
a0279321_13435458.jpg

くすぐったいだけよ


いよいよ釣れない

コツリとも当たらないのだ

俺は窮したがまだ気力は残っている


よし、南に回って磯に乗ろう


俺は大それたことを考えた

サラシにこいつをブチ込みヒラスズキを釣るのだ

a0279321_13322531.jpg

おぢさんよ大志をいだけ


ヒラはヒラでもヒラスズキ

一発逆転の大ホームランだとノーテンキにはしゃぎながら

俺は半島を横切ったのだ




...





鼻息荒く海岸に降り立ち磯を展望するとまさかのベタ凪

それならそれでよい

磯がらみのサーフで夕マヅメの大ヒラメが狙える

一度分泌された脳内麻薬で俺はまだ前向きに考える


それまで漁港で45cmくらいのヒラメを1枚キープしとこう

ダート系のジグヘッドにワームを着けて

漁港のボトムをくまなく探っていく


a0279321_1454167.jpg

俺的必殺メソッド


チョンチョン巻き巻きチョンチョン巻き巻き

ちびメッキが追ってくるが今日は用はない

ソゲが釣れたが写真も撮らない

チョンチョン巻き巻きチョンチョン巻き巻き

いい加減疲れてきた頃に向かいの岸壁で大騒ぎ

サビキおばちゃんの竿が満月にしなっている

そばにいたおっちゃんがタモで掬うと45cmくらいのヒラメ

サビキに掛かったイワシに喰いついたのだろう

俺の心に迷いが生じる

やっぱり生餌にゃかなわんな





...





仕切り直しに遅い昼飯を喰う

a0279321_14231563.jpg

店決めも迷った


さて何を喰おうか

そこでも俺は迷う

迷うと言ったって漬け丼、天丼、なめろう丼の

アジ丼3兄弟のいずれかに決めるだけなのだ

どれも一番安い600円だ

じれたように見てるウェイター役の漁協のおっちゃんの視線も気になる

さんざん迷ったあげく俺はなめろう丼をチョイスした

a0279321_14333746.jpg

いただきます


とれとれのアジで作ったタップリのなめろう

確かに旨いと思う

だが俺は困ってしまう

飯に到達するまでなめろうだけを

ひたすら喰い続けなくてはならないからだ

酒があれば最高だろう

なめろうをひとなめしてはぬる燗の酒をちびり

またひとなめしてはぬる燗の酒をちびり

そばで30がらみの若おかみが酌をしてくれれば申し分ない

申し分ないが現実はそうはいかない

ハンドルを握るランガンアングラーにアルコールはご法度だ

ハンバーグ2個分ほどのなめろうをモシャモシャと喰い続けていくうちに

なぜだか俺のココロは深く沈みこんでしまうのだ





...





ガキの時分に読んだ漱石の「坊ちゃん」のなかで

江戸っ子の主人公が分厚く切った刺身をバカにするくだりがある

それが潜在意識に刷り込まれたのか

俺は寿司ネタとシャリのバランスにうるさい

美味しくお安くいただいたなめろう丼なのに

俺はココロの中でウジウジと不満を垂れた

なめろうと飯の量のバランスが悪い

あれだけなめろうがあれば3合は呑めるのに


今から思えば酒が飲めないヤツアタリにすぎないのだが





...






満腹の腹をさすりながら俺はふとヒラメいた

そうだ自分で理想のなめろう丼を作ろう

このところ夕マヅメには鉄板でデカアジが回ってくる

そいつでなめろうを作って酒を飲もう

飯も好きなだけ喰えばいい


名案だ名案だとハシャギながら俺はエサを買いに「おどや」に向かう

今から思えばルアーに自信をなくした逃避にすぎないのだが





...





アミブロックを解かす時間もないので、ファミリーがサビキで使うような解けたアミと生イキ君を買った

疑似餌シバリなのだからアジングという選択肢もあるのだが

ルアーに自信をなくした俺はオキアミにすがってしまったのだ

下り中潮で夕焼け空に三日月が見える

上げいっぱいで悪くないが予報にたがわずウネリが出だした

ドロドロのアミに使いさしのグレベストやらアジパワーやらの粉を振りかけコマセを作る

フローティングベストにスリムウェーダーで身を固め俺は荒れ始めたガチ磯に挑む

腰までジャブって岩をよじ登り

俺はチョイ釣りでアジを狙ったのだ




...






逃げの姿勢では勝機は訪れないのだろう

毎週釣れていたアジは回ってこなかった

俺は喰うために足裏オナガを3匹キープすると

通勤割引に間に合うよう19時に撤収した

今日の釣りを振りかえり

クヨクヨと後悔しながら

富浦インターに向けてハンドルを切ったのだ



サーフを狙えばヒラメきたよな...





にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

迷わず押せよ押せばわかるさ
[PR]
by US100243 | 2012-11-18 16:38 | 海の幸 | Comments(9)
南房徘徊~堕ちていく男
俺は反省したハズなのだ


竿さばきやらタモ入れやらコマセワークやら

俺は自分がヘタなのを夜釣りばっかりやってるせいにした

そしてちゃんと昼磯で修行しなおそうと何度も思った


しかし一向に昼磯に乗る様子はない

明るいとまるで磯に入る気にならないのだ


どうしたんだ俺

修行への決心はどうした

向上心はないのか


いつからそんなにダラシナクなっちまったんだ


...


昔からだw



それでもなんとかしようと俺はエサ屋に解凍予約を入れた

修行するぞ修行するぞと連呼しながら

まだ先週のコマセの匂いの残る車に乗り込みエンジンに火を入れたのだ





...





館山道は夜間工事中のため今日は遅い出発だ

富浦インターを出る時にはすでにあたりは明るい

俺はエサ屋と反対方向にハンドルを切りサーフへと向かう

潮は上げっぱな

深場に落ちる前のマゴチを狙う

a0279321_1326542.jpg

獲るためにはワームが確実


ベタ凪でヒラマゴにはいい感じだ

沖目のカケアガリでガツンと当たり

エギングロッドがぐいぐいと引きこまれる

独特の首振り動作で狙いのマゴチとわかる

波打ち際で一段と大暴れ

あ”っ、バレたw

50cmくらいのアベレージサイズだが猛烈なヘッドシェイクにやられた

ワームと針先をチェックしすぐ同じ場所に投げる

マゴチは何匹かの群れでいることが多い

同じコースをトレースするとほぼ同じポイントでヒット

今度はやや小さく難なく砂浜にズリ上げる

a0279321_13583634.jpg

砂まみれ


とりあえず刺身を一品確保した
a0279321_1444854.jpg

40cmちょっとかな


いつもならジアイ到来とルアーを投げまくるところだが

今日はもういいや

なんだかソワソワとココロが落ち着かない

そう、カニりたいのだ

俺はカニ網を投げずにはいられないカラダになってしまったようだ





...





目星をつけていた新規の漁港に逝く

サンマをぶった切って開始

a0279321_142395.jpg

いつも通り半額ゲット


一投目からかなり重い

良型のタイワンガザミになんちゃってサザエ5個w

a0279321_1432681.jpg




でもなんだかおかしい

あまりトキメカナイのだ

細引きを手繰る時のワクワク感が薄れている

ちょっと体位漁港を変えてみよう





...





a0279321_14433284.jpg




次の漁港でもカニは順調に獲れる


でもやっぱりトキメキがない

どうしたんだろう

一緒にいるだけであんなに楽しかったのに

あんなに激しく求めあったのに


...


俺とカニとの関係に秋の気配



a0279321_14461167.jpg

もう冬だけどね


a0279321_151482.jpg

ネェはやくキテ


甘えられてもココロは動かない



a0279321_152126100.jpg

カラダだけが目当てだったのね



俺は悪い男



a0279321_15234359.jpg

都合のいいカニ達



とりあえず昼飯にしよう
a0279321_15341295.jpg

今日はこっち


アジの漬け丼600円を喰う
a0279321_15373479.jpg

美味しゅうございました





...





飯を喰い終えた俺はふたたびカニ網を投げることもなくガチ磯へとむかう

今日は新しい溝でやるつもりだ

新しい溝と言ってもいつもの溝から100mも離れていない

目と鼻の先で見ることができる

だが溝は一本違えば様子はまるで違う

ルート、深さ、足場の具合は歩いてみないと分からない


俺は海が怖い


渓流なら多少のことがあっても生還できる気がするが、海はダメだ

だから下見は入念にやる

用心しまくりで鮎用のスリムウェーダーを履いた

a0279321_15521931.jpg

動き易いよ


チャランボだけ持って行ったり来たり

今日はここで逝けそうだ

a0279321_15553990.jpg



ノリが付き始めてメジナも旨くなる
a0279321_15583819.jpg

クチブトでもキープするぞ


よく足を置く岩のノリを擦りとって滑らないようにする
a0279321_1672887.jpg

怖がり咲いたマンw


準備万端整った

久しぶりのハリス1.5号にチヌ針3号を結ぶ



さあ昼磯修行だ



...




3号針を全部使い果たして修行は終わった
a0279321_1616983.jpg

ボクがみんな食べちゃった



昼磯釣れねぇよw



辺りが暗くなってきた

電気ウキを点すとなぜか俺のヤル気にも火がつく

5号ハリスにチヌ針の5号を結ぶ

まずは夕マヅメのお約束南房デカアジだ

a0279321_16271080.jpg

旨そう


けっこう狭い溝の中まで入ってくるんだな
a0279321_16294749.jpg

日々勉強だ


メジナも釣れる
a0279321_16312775.jpg

忘れてたわけじゃないんだよ


釣れる
a0279321_16325158.jpg



釣れる
a0279321_16341017.jpg




うひょ~夜釣り楽しーっ



何か変わった魚が釣れないかと思っていると、それに応えるかのようにメジナとは違う引き
a0279321_16441056.jpg

でかメバルキタ―ッ


ぎりぎり尺に欠けるがこれは嬉しい

刺身はコチとアジとメジナがあるから煮つけだな

エラと胃袋だけツボ抜いて内臓もろとも喰ってやるぞ


上機嫌で釣り続けている時ヤツは来た

溝の出口あたりに漂っていたウキがゆらりと沈む

電池を換えたばかりでとてもキレイだ

わずかに聞き合わせをして魚の動きを感じる

フンッと本合わせを入れる

竿は曲がったまま動かない

おや地球を釣っちまったかな?


ぎゅっぎゅっぎゅっ地球が動き出す


でかいっ


俺はドラグをフルロックにしている

溝から出したらコントロールできないと思うからだ

穂先を20cmほどつめた1.5号の安物の竿が手元近くまで曲がる

俺は片手を竿尻に移し2点持ちで強烈な引きに耐える

キズの無い5号ハリスはそう簡単には切れない

しばらく耐えているとヤツが動き出した

溝の中に入ってきたのだ

だが俺に引かれてではなく自分の意思でのようだ

ヤツは悠然と泳ぎ寄ってくる

その分俺はラインを巻き取る

ヤツは俺の横を通ろうとしている


これは獲れる


狭い溝の中俺より岸側に入っちまえばこっちのもんだ

ひたすら時間をかけて弱るのを待てばいい



俺のほぼ真横に弧を描く竿先とウキの間隔はほとんどない

ヤツがひときわ強く重くグンッと引く

緊張から放たれた竿が跳ね上がる

赤く光るウキが夜空に星のように流れる


a0279321_17344421.jpg

チヌ針5号折れたーっ


掛かり方が悪かったのか

ハリに焼きムラがあったのか

いずれにしろ糸の伸びが使えない所で勝負を掛けてきたヤツの勝ちだ

不思議とクヤシサはなかった





...





その後もメジナは釣れ続く

a0279321_1746142.jpg



楽しい


a0279321_17465486.jpg




夜釣り楽しすぎるぞコノヤロウ


修行なんてもうどうでもいい

太仕掛け上等だ

次は7号ハリスにヒラマサ針で逝くぞ

カニだって飽きるまでシャブッてやる

もう冬の星座にかわった夜空を見上げて

街では見られない満天の星空を見上げて

俺は不良少年のようにひとりごちるのだ



俺は釣りたいように釣ってやるぜ



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

迷わず押せよ押せばわかるさ
[PR]
by US100243 | 2012-11-11 18:14 | 海の釣り | Comments(6)
房総の釣り~シマシマの憎いヤツ
a0279321_10112471.jpg

底物師と呼んでくれ










俺は不思議に思っているのだ

何故みんなこの魚を釣らないのだろう

釣って面白い

喰って美味しい

そして何より美しい

a0279321_10185061.jpg

夕マヅメの貴重なひとときに



カゴカキダイと言えばエサトリ軍団のいわば軍曹クラス

クサフグよりさらに小さな口でサシエをついばみ

皆さんも大いに悩まされたことがあるだろう

たまに針がかりしてもチッという舌打ちとともに海に投げ返される

見た目がキレイなのでフグほど酷い仕打ちは受けないのが救いだ


だがちょっと待った


そのカゴカキダイはクーラーに入れなさい

どうせ今日も大した魚は釣れないのでしょう

おみやに如何と俺はお勧めしたいのだ





...




磯でも漁港でも俺はしばしばカゴカキダイを釣る

ちゃんと釣ろうとするとこれがなかなか難しい

何でも喰うようだが俺はエサ持ちのいいイソメを使う

そこらにいる巻貝やヤドカリをエサにしても楽しいだろう

口が小さいので当然小針を使う

それでも見釣りでないと掛けることは難しい

サイズは小さいが平たい磯魚だから引きは強烈だ

そう、とてもゲーム性の高い釣りなのだ

だから俺は銀座東作のタナゴ竿で釣る

嘘です


そんな小魚を一匹一匹釣り溜めていく
a0279321_1193578.jpg

うひょー大漁だ




ここに試練のようなものが訪れる

向こうから幼稚園児くらいの男の子の手を引いて

若いママさんがやってくる

園児はそこそこだがママさんは若くてとても可愛らしい

ニコニコと笑いながら若くて可愛らしいママさんは問う


わぁ~キレイ、飼うんですか?


貴女のほうがお綺麗ですよハァハァと思いながらも

俺は武骨に言い放つ



喰うんです



...



曖昧な笑みを浮かべて立ち去るママさん

手を引かれた園児が言うのが聞こえる


小さいお魚は逃がしてあげるんじゃないの

シッ






そうだよ小さなお魚は逃がしてあげなくちゃいけない

さすが若くて可愛らしいママさんだ

ちゃんと躾ができている

嫌なニュースばかりが多い今日この頃だが

日本の未来も捨てたもんじゃない

晴れやかな気持ちで青い空を見上げる俺のココロの奥に

なぜか同時にもの悲しい気持ちも宿る


そんな趣深いカゴカキダイ釣り


アナタも試してみませんか


みませんねw






...






a0279321_1253063.jpg

さあ料るぞ

アベレージサイズは7~8cm、10cmオーバーなら良型だ

こんな小魚なのに脂がのっている

しっかりした白身で味わいはマハタに近いかもしれない

刺身が絶品なんだが脳外科手術のような緻密な作業になる

苦もなくできるお方には鴨川あたりの病院からスカウトが来るだろう

まあちょろっと医師免許を取っておけばの話だが

そんなメンドクサイことはできないから俺はたいてい塩焼きで喰う

塩焼きだって馬鹿には出来ない

皮目にじゅうじゅうと脂がにじみ出てきて

これはもうタマラナイ


そういえば足元のこぼれコマセに寄るカゴカキダイを釣る俺を

邪魔くさそうに見ていたサビキおばちゃんがくれたシマダイ

あれも一緒に焼こう

夢中になって身を乗り出して釣る俺が、胸ポケットから小銭をジャラジャラと海中に落とし

アーッと悲痛な声を上げるのを見てアワレに思ったのだろう

バケツに投げ込んでくれたシマダイが冒頭の画像だ


a0279321_12482955.jpg

逃がすのもカドが立つしね

さあ焼けた、アツアツを喰おう

a0279321_1325083.jpg

シロギスが一番でかいw

小魚だが骨が硬いのでアタマからガブリとはできない

箸先で身をむしって喰う


一升瓶も転がって喜ぶ旨さだ

a0279321_1311455.jpg

頒布会の酒にハズレなし


海の恵みに感謝して

純米酒をぐびり

ぐびり



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

ポチっと押せよ押せばわかるさ
[PR]
by US100243 | 2012-11-07 13:36 | 海の幸 | Comments(12)
南房彷徨~欲望のおもむくままに
俺は反省したのだ

9月南房夜磯で俺は良型マダイ(たぶん)を取り逃がした

太いハリスに甘えてチンタラしてる間にばらしたのだ

夜釣りは太仕掛けが基本

とくに夜磯では安全のためにもあまり動きまわらず

太いハリスでその場でぶっこ抜いたほうがいい

いきおい釣りは雑になりがちだ

俺は反省しつつも自分の技術の未熟を夜釣りのせいにした


昼磯で修行しなおそう


コマセとサシ餌を同調させよう

細いハリスで魚をいなそう

タモ入れも一発で決めなきゃダメだ


釣道を極めんとした仙台藩士の如く


昼磯で腕を磨こう

しばらく夜釣りは控えよう

殊勝にも俺はそんな決心をした




...




決心はしたものの行動が伴わないのが俺の常

夜通し釣るのだけは自重したものの

一向に昼磯に乗ることもなく

サビキったりチョイ投げったりワレメにブラクリを突っ込んだり

放蕩の限りを尽くした揚句


俺はカニとの関係に溺れた




...




そんなカニとの関係を悩む昼下がり

なんとか修行しなければと俺はこんなことを考えた

南房のエサ屋でオキアミ解かしちまえばいい

もったいないから磯に乗らざるを得ないだろう


セコイ考えだが名案だ

すぐに黄色いエサ屋に解凍予約を入れた

そしてその夜、俺は今度こそ修行しようと館山道を一気に南下したのだ





...




a0279321_16462627.jpg


解けかけたオキアミとアミのブロックをバッカンに移す未明のエサ屋前

どうもおかしい

まるでヤル気が起きないのだ

イイワケばかりが頭に浮かぶ

①ド満月で釣れる気がしない

②ガチ磯は足元がデコボコしてる

③おまけにすごくスベる

④ヘタすりゃ死ぬ

⑤女っ気がまるでない

まあ⑤のイイワケが通ればほとんどすべての釣りが成立しないので論外だが

前の四つは一理なくもない

なにしろ1ヶ月以上ブランクがあるのだ

足慣らしが必要かもしれない

俺は履きかけたウェーダーをスパイクブーツに変えて

ヒミツのポイントに向かった

解けたオキアミでカサゴを釣る

a0279321_1715371.jpg

もう根魚の季節か


こいつは旨いけど捌くのメンドクサイからリリース
a0279321_1733249.jpg

ギンポ君


こいつも旨いけど人に見られると恥ずかしいのでリリース
a0279321_175863.jpg

ネンブツ君


とても楽しい


空が白んで夜明けが近い

潮は下げ始めた

そうだ!サーフに逝こう


ぱちもんルアーが詰まって無駄に重いケースの中から

俺は黄色いバイブをチョイスした

a0279321_1710488.jpg

ヒイヒイいわしたる


もう冷たい秋の朝の空気の中

穏やかな海に向かってルアーを投げ続ける

それだけでも楽しい

速めのリトリーブにガガッと当たり



ひらめキタ―ッ
a0279321_1718571.jpg

ナイスガッツだ


お前は自分と同じ大きさの鉄のカタマリを喰うつもりで噛みついたのか

もし本物の魚だったとしてもちょっと無意味だろう


こんなサーフの釣りも楽しい





...




日が昇り去年の今頃シイラが入っていた漁港を偵察してみた

シイラは見えずサッパだかコノシロだかがのんびり泳いでる

おや何だか生臭い

古い魚の匂いだ

漁港だからか

いや俺のクーラー代わりのトロ箱からだ

フタをあけると先週使い残したサンマが入っているw


あーイカンイカン

これはイカンでしょー

ダメ

ああっダメもう


...


a0279321_17371559.jpg

南房でもイシガニキタ―ッ

大丈夫ナニもしないからとカニ網を投げ続ける俺
a0279321_17433080.jpg

おりゃかかってこい


いつも積極的なイシガニにおぢさんメロメロだ

a0279321_17455993.jpg

これは自己レコードだろう

5匹ばかり獲ったところで俺は我に返った

こんな所でこんなことをしててはイケナイ

修行をしなくては

ガチ磯に乗らなくては...


俺は振りほどくようにカニ網を回収して

半島を横切り磯釣りのメッカへと車を走らせた




...





なんだかんだやってるうちにもう昼過ぎ


そうだこの間るるぶでみた店で昼飯を喰おう
a0279321_1824350.jpg

i 様おいしゅうございました

今日はちょっとオゴッて海鮮丼を注文した

800円だがよく見るとアワビの細片が乗っててプチ豪華

ごちそうさまでした





...





腹ごなしに漁港の堤防を歩く

コーナーに何やら細引きらしきヒモが

あれれ何だろう

オカシイな

オカシイなっと



南房でもタイワンキタ―ッ
a0279321_18143167.jpg

修行はどしたよ

a0279321_18203447.jpg

細いハリスでいなすんじゃねえのか




...





そういえば今年はメッキを釣って無い

あそこにテッパンポイントがあったな

ショゴの期待もあるからジグヘッドにワームで攻める

おおっいるいる

追っては来るがバイトにはいたらない

あの手この手でなんとか喰わせようとする

これが面白い

底まで落とし禿げしく小刻みにチョンチョン

このパターンでスイッチが入った

a0279321_18313035.jpg

磯に乗らないのかよ


楽し―っ

a0279321_1834549.jpg

修行はどしたっていってんだよ


メッキは死滅回遊魚

小さいけどから揚げにして大切に喰おう


a0279321_18363892.jpg

豆アジのほうがずっと旨いけどね




...





さあもう日も暮れる

解けて手つかずのコマセをどうするか

潮通しのいいあの溝でアジを狙うか

山を背にしたあの磯なら満月が昇るまでの2時間勝負だ



櫛の歯のように沖に向かう南房ガチ磯の岩場

その上を伝い歩き俺はアジを釣る

当たりはあるがなかなか針にはかからない

コショウダイの襲来に備えてチヌ針の5号だからだ

コロダイの目にとまるようオキアミは3Lだからだ

それでいい

南房アジは何匹かあれば充分だ

a0279321_18541030.jpg

デカイからね


外房よりふたまわり大きい南房アジを四つ釣ったところで辺りの気配が一変した

煌々と光る月が山の端から姿を現す


タイムアップ


俺は急いで釣りをしていた痕跡を消す

ランドリー背負子に何もかもぶち込み磯から撤収した



今日も楽しかった

早く帰ってカニを茹でよう

アジの脂のノリはどうかな

うきゃうきゃとハシャギながらエンジンに火を入れる

何か大切なものを忘れてないかとココロの奥で感じながらも

俺は富浦インターに向けてハンドルを切る

この時間なら通勤割引に間に合うな



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

ポチっと押せよ押せばわかるさ
[PR]
by US100243 | 2012-11-01 19:35 | 海の釣り | Comments(6)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:25
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:16
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:05
こんにちは~ とう..
by 磯トンボ at 09:55
アイゴ狩りお疲れ様でござ..
by 海おとこ at 12:25
今晩は。 遂にというか..
by katsu at 23:19
カツさん、おはようご..
by 咲いたマン at 07:06
今晩は。 9月は色々と..
by カツ at 18:58
もも兄ぃ さん、おは..
by 咲いたマン at 07:27
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:18
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 09:43
あの難しいハコフグを釣り..
by 海おとこ at 08:21
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:28
今回は危険な香りのするb..
by 磯トンボ at 09:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:26
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 08:11
スマホォ デビューおめで..
by 磯トンボ at 07:11
おお、とうとうスマホにな..
by 海おとこ at 22:06
こんばんわ。 新しい家..
by しげ at 21:46
ブログジャンル
家庭菜園
釣り