<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
小湊周辺~ヨコ歩きの純情
ふと気がつくと好きになってしまっていることがある

一緒にいても何とも思ってなかったのに

いつの間にかココロの中に忍び込んで

何をしてても気になって仕方がない

老いぼれ汚れちまった俺には似合わない

この感情はに似たもの


恥じらいに赤く染まる甲羅を脱がす

清楚を装う柔らかく白い胸(肉)

隠微な匂いと味わいのミソ


俺はカニにココロを奪われた


メジナなんぞ釣ってる場合じゃないのですw





...




本格的な秋の釣りシーズンのさなか

尾長でも青物でもなくカニ獲りのために深夜出撃した俺


房総半島を横切り

今回は小湊に降り立った

勝浦周辺は人が多いからだ

外房の釣り人の動きはアジの動きにほぼ等しい

アジの入ってない未明の小湊漁港に釣り人はほとんどいなかった

暗いうちの狙いはムツだ

そろそろ20cmくらいに育ったろう

俺はジグヘッドにワームを着けてキャストを繰り返す

ひと通り探ったがなにも釣れなかった


せっかくの朝マヅメなのに、さあどうしよう

居残りのショゴでも釣れないかと、大きめのアイスジグを取り出して遠投する

チョンチョン巻き巻きしているとゴゴンと当たり

トルクはあるが走らない

カイズかなと寄せてみるとソゲ

a0279321_1530657.jpg

泣き尺


ヒラメは旨い魚だが小さいのはダメだ

水っぽいし身は薄くて喰うところがない

カレイなら大喜びでキープサイズなのだが

似たような魚なのに不思議なもんだ

来年おいでとリリース



一匹釣ってフンギリがついたので南へ移動

お気に入りの寄浦港に入ろうとすると、入り口にバリケード

でかいクレーンが見えたので工事中だからかと気にも留めずにスルーしたが、これについて詳しくは後述したい




...




潮も下げきり明るくなってきたので、小湊とも鴨川とも言えそうなあたりでカニ獲りを開始する

エサは昨夜半額でゲットしたサンマ

a0279321_1645319.jpg


カニのエサにはサンマやイワシのような匂いと脂の強いものがいい

単なる思い込みなのかもしれないが、俺はそれがいいと思って使っている

志ある御仁はいろいろ試して

ヒラメのエンガワが特餌だぜとか

大型狙いはクジラの尾の身が一番とか

ご教授いただけたら幸いである

a0279321_16175636.jpg

カニ網2号


エサ袋にサンマを仕込んでよさげなポイントに投げ込む

ウネリも収まり落ち着いた海だが、今日はなぜか獲れない

漁港内をあちこち移動してカニとの出会いを求め続けるが、イシガニが一匹だけ

a0279321_16255015.jpg

こいつはいつもヤル気マンマン

チョイ投げのシロギスもぽつりぽつりだ
a0279321_16341688.jpg



いい手応えにワクテカで上げるとコイツ
a0279321_16371576.jpg

昼もいるのね


バイガイも結構旨いが2個じゃね
a0279321_16421123.jpg

イソメ丸呑みも気になるし

こりゃダメだ

見切りをつけて移動




...




俺が勝手にホームと思ってる小規模漁港

平日なのに釣り人が多い

訊けば朝方アジが釣れたらしい

情報はやいね


奥まったコーナーに狙いを定めカニ網を投げ込む

待つ間のチョイ投げイソメにソゲが飛びつく

やはり30cm弱なのでリリース
a0279321_17541045.jpg

真っ白な天然


堤防を歩き皆さんの釣果を見て回るが、主な釣りものはボラとサッパとイワシだな

訊き込みを終えカニ網のところへ戻る

細引きを引っ張ると微妙な重みが

澄んだ水の中に鮮やかなブルーが見えてくる




やったー!



2週間ぶりのタイワンガザミ

それにしてもデカイ

a0279321_1735360.jpg

会えない間切なくて切なくて


どこをどう測るのが正式なのか分からないが、甲羅の横幅は20cmオーバー

俺の自己レコードだ

まあ真剣に測ったことはないがw



カニは鮮度が命


早く帰って茹でよう

秘密のシマシマも釣ったし



...



帰り道偵察に寄った地磯で、浜荻に住む知り合いに会う

夜磯でのノベアジ専門というマニアックなおぢさんだ



寄浦ついに釣り禁だってよ


なんでも盗難だかイセエビの密漁だか、一部のバカの悪さが問題になったらしい

2~3日前からだが、撤回にはならないんじゃないかという

盗難じゃマナーの問題というより犯罪じゃないか


ちくしょう

かなり好きな釣り場だったのに

a0279321_17284473.jpg

やりきれんな


道中嫌な気分は晴れなかった




...




家に帰ってすぐカニを茹でる

改めて見てもホレボレする蟹体だ

a0279321_17374652.jpg

肉量は毛ガニ並みだな


まだ酸っぱい夏ミカンを切って添えた

これから先はお見せできない



俺とカニとの大人の時間


皆様ごきげんよう


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

ポチっと押せよ押せばわかるさ
[PR]
by US100243 | 2012-10-27 18:09 | 海の釣り | Comments(12)
デジタルカメラとわたくし
百聞は一見に如かずという

あれこれ言葉で言われるよりも

写真やら動画やらを見て合点がいく場合も多い

先輩諸氏のブログを拝見しても

写真が多用されていて分かりやすく臨場感もある


この夏ブログを始めるにあたって

そんな分かりやすく美しいブログにしたいと思い

俺はデジカメを買った


買ったデジカメの梱包を破り捨てると本体を取り出し

それらしきに乾電池を突っ込み

それらしきワレメに、ずいぶん前に買って大事に取っておいたSDカードを挿入した



俺は取扱説明書を読まない


デジカメに限らずケータイから自動車に至るまで、工業製品の取扱説明書は一切読まないのだ

今までそれで何とかなった

これからも何とかなるだろう(と思う)


今回も俺はオスの本能の赴くままに

見事デジカメを立ち上げることに成功したのだ




...




以来取材(釣り)には必ずデジカメを携えて逝く俺だが

少々使い勝手に問題があった

枚数が撮れないのだ

8枚ほど写真を撮るとすぐ

空き容量がありませんと表示され

その都度俺はそれまで撮った写真の中から

パッとしないものを消去しなくてはならない


昔の使い捨てカメラだって30枚やそこら撮れたろう

これはかなり使い勝手が悪いと言っていい

電気が少ないのかと乾電池を換えても改善しない

それでも俺は

枚数に制約があったほうが大切に写真を撮るだろう

撮影技術を向上させるには悪くはないかもしれない


などと自分のココロを無理に納得させ

少数枚撮りのデジカメを使い続けたのだ





...




さて、ある晩スポーツジムの泡風呂に浸かっていると

湯気の中から知人のコンピュータの専門家が現れた

四方山話の中で俺がデジカメのことを話すと

コンピュータの専門家の目が緑色にギラリと光った

「それはP\LPIOK+OFQ"#QZ#$YYR&KB'IT????」

メガだのギガだの何言ってるのかさっぱり分からない

時折バイトなど魚釣り用語も交じるが文脈が繋がらないのだ


以前から人間離れした速さで泳ぐのを怪しんではいたのだが


やはりコンピュータの専門家は異星人だったのだ
a0279321_15365716.jpg

(イメージです)

コンピュータの専門家改めデジタル星人は特段地球人に敵意を持っているふうでもなく

それどころか俺に一所懸命に何かを伝えようとしている

どうもSDカードを最新のものに差し換えろと伝えたいようだ

俺は完全に理解した

言葉でなくココロで感じ取ったのだ



デジタル星人はなおも未開の地球人に(俺のことね)記憶媒体の進化について伝えようとするが

このまま宇宙船にラチられてもかなわないので

俺はそそくさと礼を言い泡風呂を出たのだ




...


家に帰り寝床に入ってつらつら考えるに

今使ってるSDカードだって結構な値段だったのに

最新のものは一体いくらすることか

知識の無いまま電気屋に乗り込んでいっても

無知につけ込まれてボッタクられたり

ボッタクられないまでも不要なものまで買わされたりする恐れだってある

これはよくよく勉強してかからねばなるまい


そう俺は決意した

決意はしたが勉強なんぞするはずもなく

「海つり日和」をへらへらと読みながら

俺は深い眠りに落ちて逝ったのだ



...




翌朝SDカードのことなど既に忘却のかなたで

仕事机を前にボンヤリしていると

ぶぶぶとデジタル星人からのメール

今朝の折り込みチラシにSDカードが特売で出てた

あんたの内容の薄い写真なら1600枚は撮れるよ


俺は電気屋に駆けつけ問題は一気に解決へと向かった
a0279321_1649121.jpg

(ありがとうデジタル星人ありがとうケー〇デンキ)

税込780円で俺のデジカメは時代の最先端にふさわしく

バージョンアップされたのだ




...



今まで使っていたSDカードを大切に仕舞い

a0279321_1701388.jpg

(おやすみ32エムビー)

いい匂いに誘われて俺は外に出た

金木犀が咲いている
a0279321_165927100.jpg

(今年は2週間遅れ)

西行法師は春サクラの花の下で死にたいと言ったが

俺なら断然金木犀の匂いにつつまれてがいいな

結構匂いフェチだからクチナシか百合でもいい

そのうち技術が進んで匂い付きの写真が撮れたりして...



俺の理科の知識でも無理に決まってると思うがワカランゾ

人類のエッチなココロは技術革新への強力な動機となる

もしできたらコンビニの成人雑誌コーナーには生臭くて近づけないなw

未来の青少年は匂い付きグラビアであへあへだな、



テッパン!


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

ポチっと押せよ押せばわかるさ
[PR]
by US100243 | 2012-10-22 17:38 | 四方山話 | Comments(4)
嵐の前の爆釣はあるのか
天候が荒れると人は妙に興奮する

俺も大雨が降ると意味なく水溜りの中を通過したり

台風が来るとウロウロと家の周りを点検したりする


田んぼの様子を見に逝ったジイサンが、用水路にはまって流されたり

舟の様子を見に逝ったジイサンが波にさらわれたり

天候が荒れるとしばしば痛ましい事故が起こる

たいていジイサン(男)だ

おとなしく家で酒でも飲んでいればとも思うが



気持ちはよくわかる



そんな荒れた天候に興奮するココロの動きも影響してか

嵐の前後の爆釣話をよく聞く

それはもう伝説のように昔から語られている

だが俺の経験からいえば嵐の前後の爆釣なんて


ナイナイw


むしろ普段より釣れない

そりゃ嵐の前に大釣りすることもある

可能性はゼロじゃない

しかし平常時に釣れ釣れのこともある

嵐の前後が特別ということはない

嵐の前後の爆釣の可能性を式にすれば



嵐の前後の爆釣≒キャバクラの娘さんとやれる


こうなる

これはもう公式といっていいくらいに精度は高い

なにいってやがる俺はいつも荒れ前には爆釣だぜ、とおっしゃる名人もいるだろう

しかしいつもキャバ嬢入れ喰いの羨ましい奴も少数だがいる


何ら矛盾はなくこの式は正しい



...



幾多の試行錯誤と散財と深い思索の末、そんな公式を導き出した俺だが

それでもやっぱり嵐が来ると夢見てしまう

嵐が来るとやれる釣れるんじゃないかと思ってしまう

21号22号と連チャン台風の合間の水曜日

うねりを避けてあんな魚が漁港内に入るんじゃないか

ニゴリを避けてこんな魚が漁港内に入るんじゃないか

それを追ってアイツが漁港内に入り込むんじゃないか



これは爆釣のチャンスじゃないか


たまらなくなった俺はアミブロックの解凍を予約してしまう


平日夜中なのに外房に向けて車を走らせてしまうのだ



...




勝浦に入り海を見るとやはりうねりがキツい

漁港内しか選択肢はない

アジでも釣ろうと鵜原港に逝くとまさかの人だらけ

皆さん俺同様少年のようなココロを失っていないようだw

a0279321_14443025.jpg

(大人げないともいう)


夜明けと同時にいっとき地合いが訪れた

投げサビキの人も

ノベウキの人も

アジングの人も

皆等しくバタバタと釣れ、すぐに釣れなくなった

いつも通りのショボい光景

嵐の前だからといって何も変わることはなかった


俺はカゴフカセで釣った

南房巨匠のブログで創意工夫のフカセカゴ記事を読み

たまらなくカゴフカセで釣りたくなってしまったのだ

オキアミの付け餌で普通に釣れた

そして地合い終了とともに

長年愛用した俺のステンカゴは力尽きたように壊れた

a0279321_151353100.jpg

(長い間ありがとう)



天気予報は昼から雨という

まだたっぷり時間はある

またカニでも獲るかと鴨川方面に南下した

先週喰ったワタリガニが文句なしに旨かったからだ




...




さて高級食材とはいえしょせん相手はカニ

エサなんぞこれで充分だと釣ったアジのエラとワタと残ったアミコマセを混ぜる

a0279321_15344614.jpg

(グロいな)


エラワタアミの練り餌をエサ袋に詰めてカニのいそうな所に放り込む
a0279321_15551586.jpg

(ちょっと小汚いところ)


カニ網は引き揚げる時のドキドキ感がいい

何かが絡まっている重みに狩猟本能はかきたてられる


ややっでかいサザエが付いてる
a0279321_167505.jpg

(しかも2個だ)


先週のウニに続いて今日はサザエか

猛烈に喰いたいが密漁者になっちまう



神は俺を試しているのか


俺が落としたのは金の斧ですと言いかけたその時サザエがごそごそと動き出した
a0279321_16162631.jpg

(オニヤドカリw)

石鯛の大好物だ

わずかな可食部をナマで喰うと珍味らしいが

小汚い場所なので今回はリリース

いずれ試してご報告します



...


なかなかカニは獲れない

エサをケチりすぎたか

網も先週10個のウニを外してズタズタだ

仕切り直しにサンマを購入

a0279321_1628289.jpg

(特売で78円なり)


カニ網も新調した
a0279321_1630362.jpg

(感度のいいパッツン系(意味不明))


サンマを刻んで
a0279321_16422849.jpg

(これなら逝ける)


カニ網を放り込んで待つ間チョイ投げる

a0279321_16453584.jpg

(いつも通り)


喰いはシブい

a0279321_16472928.jpg

(シロギス)


底荒れのためだろう

a0279321_16485872.jpg

(天種)


カニ網を引き揚げるとこんなカニが付いてる
a0279321_16514117.jpg

(ワタリガニよりずいぶん小さい)


これはイシガニだ

旨いカニだが硬くて小さい

特筆すべきはコイツの攻撃性

素早く動きかなり凶暴だ

そのハサミの殺傷力はおかみの一突きに似て高く

やられたら流血必至

くれぐれもご用心いただきたい


ビビって足で押さえたら

靴底を挟まれたの図

a0279321_1784210.jpg


バケツまでの10mこのまま離さなかったアッパレな漢(カニ)


茹でておいしく頂いた

a0279321_17152754.jpg

(おたがい頑張ったよな)


もちろんミソも
a0279321_1718795.jpg

(おぢさんも好きねぇ)




イシガニばかり4つ獲った頃イシモチが釣れた
a0279321_17201983.jpg

(底濁りのしるし)


漁港内も大荒れ
a0279321_17224888.jpg



雨も降ってきた

撤収の時だ

俺は嵐の前後の爆釣≒キャバクラの娘さんとやれるの式の正しさを噛みしめながら、家路へとハンドルを切ったのだ




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

釣行記 ブログランキングへ

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

ポチっと押してお好みのフィールドへどうぞ
[PR]
by US100243 | 2012-10-18 17:43 | 海の釣り | Comments(8)
外房小磯~われ泣きぬれて
秋になるといろいろな喰い物がを迎える

冬に備えて栄養を蓄えるせいか

たいていの物が旨くなる


カニもそのひとつ

11月には越前ガニも解禁になるし

中国人も秋の上海ガニを待ち焦がれると言う

北海道の人は毛ガニを忘れるなと言いたいであろう


カニは確かに旨い


だけどムクのがメンドクサイ

だから俺は料理屋でおかみにムイテもらう

30代半ばで少し太め

冷え込む秋の夜ふけの酒には色白の女がよく似合う


カニ肉をほじくる専用のフォークで小皿にカニ肉をムキ溜めるおかみ


ある程度溜まったらはむと一口で喰い

ぬる燗の酒をちびり


また溜まったらはむと一口で喰い

またぬる燗の酒をちびり


カニ肉が溜まるのを待つ間おかみのフトモモに手を這わせる

これもツマミかい

いやんサーさんたら

身をよじるおかみ

カニ肉をほじくる専用のフォークで俺の手の甲を一突き


大流血




...




最近は凄惨な事件が多い

そんな事態に陥らぬよう自分のことは自分でやろう

料理屋なんぞに逝くことはない


俺には俺の流儀がある


自分でカニを獲るのだ


自分でカニを獲って大いに喰らおうじゃないか


釣り具屋で398円のカニ網をひとつ買い

俺は外房へとハンドルを切った



...



せっかくの朝マヅメのゴールデンタイム

サーフでルアーを投げ倒すもよし

磯辺でクサフグの餌付けに励むもよし

俺はサビキおやじと化しアジやらナイショのあれやら釣ってみたが、今日のテーマはカニなので割愛する



さて、朝マヅメの狂躁が嘘のように収まり、釣り場にダメダメ感が漂い始める

カニ網を広げるのはそれからでいい




餌のサンマを真っ二つ
a0279321_15371279.jpg

98円なり



餌袋に仕込む
a0279321_1532423.jpg

釣った魚でもいい


準備ができたらおもむろによさげなポイントに投げ込む

最初は付属の5mくらいの細引きが届く範囲でいい

釣竿を使って投げ込むやり方もあるが、慣れるまではやめたほうがいい

なぜなら必ず根ガカリするからだ

岩かどやらカキやらフジツボやら

チョットした物にもすぐ根がかる

そして取れない

網の糸は1号くらいの太さだが、何しろ網だから何本も絡まり引っかかる

満身の力で引っぺがさなくてはならない

それには細引きくらいの太さと強度が必要なのだ



そして待つ

時間にして15分?20分?まあテキト―だw

待ってる間は何かほかのことをしてればいい

俺はチョイ投げたらシロギスが入れ食いだった
a0279321_16165472.jpg

けっこう型もいい


そろそろカニ網を上げてみよう

ワクテカで細引きを引っ張ると根ガカリしている

構わず引っ張る

渾身の力で引っ張ると錆びた鉄棒と一緒に上がってきた


おおっデカイのが付いてる
a0279321_16245588.jpg

おまけに一荷だ


このシアンカラーも鮮やかなカニはタイワンガザミでワタリガニの1種だ

台湾と付いてもタイワンドジョウと違って帰化生物ではなく在来種らしい

たぶんド派手だから南方の名前を付けたんだろう

だが名前に敬意を表してとりあえず言っておきたい
a0279321_16451261.jpg

義援金ありがとう

この調子ならカニもシロギスも大漁だとココロ弾むが現実は甘くない

次に網を上げるとギッチギチに捩じり固められていた
a0279321_16543287.jpg

カチカチですよ


こりゃ人間業じゃない

たぶんウッチャンの仕業だろう

噛みついてトルネード攻撃だ

スカリにも今まで何度も穴をあけられた

チクショウめ

いずれウッチャンとは決着をつけねばなるまい

ホドクのに30分を要した

ふたたびカニ網を投げ込み放置していた投げ竿を上げると、バイガイとチンチンが一荷だ
a0279321_177415.jpg

サビかないとこうなる


シロギスの地合いは終わったようだ

次にカニ網を上げると

a0279321_17122679.jpg

いったい何が起きたのだ

ウニが10個くらい付いていた

もうワケわかんないw

全部リリースするのに小一時間を要した





カニは新鮮さが命


充分な獲物は得た

帰って茹でるぞ



...



カニは活きたやつを茹でなきゃダメだ

だから「浜茹で」が珍重される

欲を言えば茹でるより蒸したほうがいい

ピッチリ蓋のできる鍋にカニを入れ

a0279321_17322026.jpg

オフロの時間だよ


少量の水と塩を入れ

蓋をして20分ほど火に掛ける


その間に他の魚の下処理でも
a0279321_1742579.jpg

まずはシロギス

さあ茹であがった

a0279321_17371989.jpg

大変身

a0279321_1741852.jpg

いやーっ恥ずかしい


甲羅を外すとミソが見える

箸の先に付けて舐めると濃厚な風味

凶悪なハサミをぽきりと折るとするりと身が抜ける

スダチの果汁を垂らしポン酢につけてほお張ると

脂があるようなないような

上品な甘みと香りが口いっぱいに広がる



涙ぐんでしまうほど旨い


大自然の恵みに感謝して

純米酒をぐびり

ぐびり


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

釣行記 ブログランキングへ

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

ポチっと押してお好みのフィールドへどうぞ
[PR]
by US100243 | 2012-10-11 18:05 | 海の幸 | Comments(8)
外房漁港~ヨロシク哀愁
秋になるとおセンチになる


心に秋を乗せて愁い(うれい)とするのだから

このメンタリティは万人に共通するのだろう


若い頃から俺もおセンチだった


秋の夜長、詩集なぞを読みふけっては涙した

a0279321_1441958.jpg

愛読書


あろうことか自分で詩を書いて好いた娘に送ったりもした

...

人に言えないハズカシイ思い出


...

今は反省している



さて、長じて精神が鍛えられれば秋になってもおセンチにならないかといえば、そんなことはない

迎える寒い冬を不安に感じたり

鮎が終わり渓流も禁漁になったり

夫婦仲がかんばしくなかったり

せがれのアタマが悪かったり

そんな事々など関係ない

理由など何もなくても



おぢさんだって秋はおセンチになってしまうのだ


このやるせないモヤモヤを危うく嫁に語りそうになったりもするが

語ったところで相手はデリカシーなぞ1ナノグラムも持ち合わせていないイキモノ

俺の唇から紡がれる詩のような言葉をさえぎり

アンタの与太話聞いてあげたんだから今度はアタシの話を聞きなさいよと難癖をつけられ

大変な展開になることが予想される

だから俺は哀しくココロを閉じる



ハンドルを握りひとり感傷旅行へと旅立つのだ



...



風に吹かれるままに旅をする俺

ふと見上げると寂れた駅舎が
a0279321_1592970.jpg

外房かよw

いやいや釣りしに来たんじゃアリマセン

ココロの風邪を癒すセンチメンタルジャーニー

純粋だった青春の日々を懐かしみにここに来た

いとしくて抱きしめたくなるような自分を見つけに来たのだ



若い頃俺はここでひと夏を過ごした



そう聞けば殿方は「おっ避暑かい、咲いたマンって結構育ちがいいな」と羨ましがることだろう

そう聞けばご婦人方は「まあステキ裕次郎みたい、咲いたマンさんも障子ばりばりかしら」とトキメイテしまうことだろう



事実はちょっと違う

俺はここで働いたのだ

それも住み込みで




夏休み前のある日、俺は「行川アイランド」が守谷海岸で小さなビヤガーデンを運営してることを知った

若い俺は考えた

そこでバイトをしよう

生ビールが飲めるぞ

リゾート気分の女の子が入れ食いだ

...



なんて単純なんだろう


考えただけでなく本当に行ってしまったのだ

お泊まりセット片手に外房線に乗って

何の問い合せもアポイントもなく、いきなり事務所でバーテンをやらせてくれと頼んでみたが


当然不採用



なんて非常識なんだろう



だが外房の人々は優しかった

サイタマからきた純朴な青年(俺のことね)をむげに返すことはしなかった

行川アイランド内の野外バーベキュー会場で、ウェイターとして雇ってくれた

のみならず寝泊りの場所として、守谷海岸にあった社有のバンガロー風の小屋を一つ貸し与えてくれたのだ



こうして俺は夏の間ここで働いた

肉の皿やらモヤシの椀やら焼き肉のタレやら

夏の間ひたすら運び続けたのだ


a0279321_16354035.jpg

このトンネルをくぐって毎朝出勤した


リゾート気分の女の子達はいなかった


別荘のお嬢様もいなかった


こんなのはいっぱいいた

a0279321_1649248.jpg



こいつには毎日のようにバカにされた
a0279321_16504061.jpg

あほーあほー


夜になると小屋から遠目に楽しげなビヤガーデンが見える

ビールを飲む金はないから、職場のおっちゃんに貰った酒をあおる

そういえば酔っぱらって遊泳禁止の赤旗をへし折って持ち帰ったことがあったな
a0279321_1731663.jpg

あくまでイメージです

戦利品として小屋の前に突き立てて置いた赤旗は、早朝監視員のジイサンに発見された

監視員のジイサンは厳しかった

警察へ行こうと息巻くジイサンに、俺はヒドい二日酔いでがんがんするアタマを下げ続けた

朝マヅメの守谷海岸で俺は土下座し続けたのだ




なんて愚かだったんだろう


抱きしめたくなる自分なんていないじゃないか

どこにいっても恥ずかしい自分ばかり

思い出すほどドツボにはまる

こりゃやってられん

過去から逃げ出し現実(へ)逃避だ

精神の平衡を保つためチョットだけ釣りすることをお許しくださいw




感傷旅行なのにコマセを買うのは気が引けるので、小さなミノーで勝負だ

そろそろメッキが育ってきた頃

漁港のスロープを叩いていく

ライトゲームも面白い

a0279321_17345830.jpg

干物が来た

こんなのも釣れれば楽しい
a0279321_17374919.jpg



アジも釣れたがなぜかメッキは来なかった

雨脚も強くなってきたのでもう帰ろう




釣りたてを塩焼きにしてみた

a0279321_1742198.jpg



やっぱ新鮮な魚は旨いな

今日も楽しかった

来週はどこへ感傷旅行に逝こうかな



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

釣行記 ブログランキングへ

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

ポチっと押してお好みのフィールドへどうぞ
[PR]
by US100243 | 2012-10-04 17:52 | 海の釣り | Comments(6)
  

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 17:57
キンキンに冷やしたズブロ..
by atlantic night tales at 06:10
内房の名無しさん、お..
by 咲いたマン at 07:50
おお ズブロッカ 商用..
by 内房の名無し at 15:00
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 09:10
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 09:04
orchid.tit..
by 咲いたマン at 08:57
こんばんはー ラムとお..
by しげ at 00:09
毎日更新されてるか確認し..
by katsu at 22:43
お久しぶりです。 ..
by orchid.titi at 10:58
タミーさん、おはよう..
by 咲いたマン at 07:20
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:14
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:06
咲いたマンさん、こんばん..
by タミー at 21:25
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 12:18
アルコール度数7度の酒を..
by 磯トンボ at 10:20
もも兄ぃさん、こんに..
by 咲いたマン at 18:06
銀玉ピストルさん、こ..
by 咲いたマン at 17:56
キュウリ草さん、こん..
by 咲いたマン at 17:42
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 11:27
ブログジャンル