もしもし姐さんなぜ泣くの~デカいヤマメを釣りに逝く(講釈篇)
   
   
釣りの好みは人それぞれだろう


夜磯にジャブってヌカカに献血するのが楽しい人もいれば

大海原に船を出しトローリングを楽しむ人もいる


a0279321_13105690.jpg

アニキ好きには堪らないらしい

借金で買った工芸品のような和竿でタナゴを釣る人もいれば

水辺の枯れアシを竿に手長エビを釣るお金持ちもいる

買ったばかりのリールのハンドルを特注品に付け替えて

眺めて楽しむだけで一向に釣りに逝かない人もいたりする

俺からすれば正気の沙汰とは思えないが

まあそれが道楽の道楽たる所以なんだろう







...









俺の釣りの好みと言えばこのブログをご覧いただいてお分かりの通り

喰える魚、できれば喰って旨い魚を釣りたいと思っている


a0279321_13214526.jpg

今夜もポッテリしちゃうだろう

言うなればオカズ釣師で我ながら何だかカッコ悪い

釣りの好みは人それぞれだと思ってはいても

喰い意地の張ったその姿にあまり上品なイメージはない

でもちょっと負け惜しみを言わせてもらえれば

そんな俺にも技巧を凝らして数を競ってみたり

ボウズ上等で大物を志向した時代もあったのだ

本流竿などなかったから代わりのアユ竿を満月にしならせて

激流の大ヤマメと対峙した時代があったのだ



ウソを吐くなとおっしゃるか


思い出話に証拠はいらない口は重宝なものだなと

言われてしまっては心外だ

よろしいそれなら今日は趣向を変えて

デカいヤマメを狙ってみようじゃないか

それでも俺にはオカズ釣師としての矜持のようなものがあるから

デカいけれども喰えば結構旨いという

ちょっと変わったヤマメ釣りを皆さんにご紹介したいと思うのだ









...









渓流釣りを嗜む方ならご存知と思うが

デカいヤマメにはいくつかの種類がある

まずは渓流域に棲む居着きのヤマメだ

成長が速いのか長生きなのか運がいいのか分からないが

言ってみればエリート中のエリートヤマメで

天然で尺上まで育つ個体は価値があると思う

もちろん成魚放流魚は話の外だ

昭和の時代尺ヤマメと言ったら渓流釣り師のアコガレで

なかなか釣れるもんじゃなかった

30年前大分県の山奥で35cmのそんなヤマメを釣った俺は

夕やみ迫る河原で獲物を押え込みしばらく震えた

そいつは空の色を映して黄金色に光って見えた

そのまま2時間かけて山を下り釣具屋に持ち込み

魚拓を取ってもらったもんだ


a0279321_15592230.jpg

30年ぶりに発掘

墨汁を洗い流して焼いて喰ってみたが

その身肉はパサついてまるで旨くなかった









...









次に挙げるデカいヤマメはなんちゃってサクラマスだ

これにはいわゆる戻りヤマメも含まれる

なぜサクラマスだと言いきらないかと言えば小さいからだ

エサで俺たちが釣るサクラマスあるいは戻りヤマメは

40cmくらいのものがほとんどだから

北日本各地で漁獲される鮭と見紛うような

立派なサクラマスと一緒にするのはちょっと気恥ずかしい

俺はこの小さなサクラマスを神流川と那珂川でよく釣った

神流川で釣れるサクラマスはダム湖で育った湖沼型のサクラマスで

大雨で増水した時に大場所で釣れる

アユ竿に仕掛けを着けてミミズをエサに釣るのだが

すらりとスマートな魚体は銀色に輝きなかなかカッコイイ

だが味はそれほど旨くない

ついでに言えば神流川のヤマメもあまり旨くない

河川敷をこれでもかとイジリ過ぎるせいだろうか

石が小さく川虫相が貧弱なのだ







...








那珂川で釣れるサクラマスはれっきとした降海型で

やはり増水時にミミズをエサに大場所を狙う

気紛れなところもあるのか俺は一度だけだが平水時に

カゲロウの成虫を水面に浮かせて仕留めたこともある

那珂川のサクラマスあるいは戻りヤマメはかなり旨い

胃袋は空っぽなのになぜか肉付きも悪くない

サクラマスは消化が速いのだと言う地元民もいるが

俺には真偽のほどは分からない

サクラマスがエサで釣れるのは梅雨明けまでで

ルアーで釣れば夏の終わり頃まで釣れるし


a0279321_942346.jpg

闘争心に訴えるのか

50cmオーバーも狙えて釣りとしては楽しいのだが

そんな個体は婚姻色も出て成熟が進み

喰って旨くないから俺は釣らない









...









利根川本流にも那珂川と同じタイプの

サクラマスあるいは戻りヤマメが差してくる

喰って旨くてルアーで釣れば大物が狙えて

禁漁間際の頃まで釣りになるのは那珂川と同様だ

俺は関東のサクラマスが北日本や日本海側の

立派なサクラマスと比べて随分と小さいのは

たぶん海までちゃんと降らずに河口あたりでお茶を濁して

澄まし顔でまた溯ってきているからだと思っていた

身肉の色に紅を差しているのは海で確かに甲殻類を

喰ってきた証拠だと擁護する向きもあるが

なに河口堰辺りで手長エビでも喰ってたんだろうと

俺は思ってたしそう思うのは俺だけじゃないから

戻りヤマメなんて妙な呼称も生まれたんだろう








...









だが話はここにきて急展開する

今春の「月刊 釣り人」の4月号にも紹介されていたが

群馬県水産試験場が利根川の戻りヤマメについて

かなり踏み込んだ研究論文を発表したのだ

a0279321_9627.jpg


釣りで捕獲した4匹の利根川産の戻りヤマメと

10匹ほどの神流湖産やら養殖物やらのヤマメの

耳石に含まれるストロンチウムの含有率を

分析することによって成育歴を解明したのだ

そして解ったことは4匹の戻りヤマメは全て

数日前まで海で泳いでいたらしい








...









他にも神流湖産も含めて降海型の個体は

みな天然繁殖物で養殖されたものではないとか

川に差してきてからもエサを喰ってるらしいとか

興味深い論文だがいかんせん検体数が少ない

より規模の大きな後続研究が俟たれるが

俟っているのは俺のようなヤマメフェチくらいで

たぶん予算はつかないだろう








...









ともあれ戻りヤマメやなんちゃってサクラマスの

「お前横着こいて海まで降ってないだろう」疑惑は

この論文によってメデタク晴れつつあるわけだが

それでも俺は合点が逝かない

利根川中流域にはまた別のタイプの

デカいヤマメが棲息していると思うのだ

そんなヤマメを狙うのが今日の釣行のテーマだが

慣れない硬い話が続いてちょっと俺もクタビレた

ここでいったんマウスを置いて

次回(実釣篇)へと話をつなぎたい




>>続く




にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

長くなったのでいったん切りますね
[PR]
by US100243 | 2015-07-16 14:42 | 川の釣り | Comments(8)
Commented by at 2015-07-17 12:45 x
咲いたマンさんこんにちは。

> 喰って旨くないから俺は釣らない

オカズ教の揺るぎ無い基本理念を感じます。
生まれ変わったら咲いたマンさんに喰われたいです。(笑)
Commented by katsu_3018 at 2015-07-17 19:42
こんばんは。

サクラマスを今一と仰せられますか?^^;
多分というか間違いなく私なら美味いと言ってしまう事でしょう(笑)
オカズも石物も未熟だな〜
Commented by 海おとこ at 2015-07-18 12:26 x
咲いたマンさんこんにちは♪
サクラマスに戻りヤマメ…そしてそれたぁ別なデカイヤマメ…夢がひろがりやすねぇ(^^)
流れ的にはその別種らしきヤマメはウマイのでは?と思っちまったあっしぁ…真意を確かめに逝ってめえりやす(笑)
御免なすって♪
Commented by 咲いたマン at 2015-07-18 15:47 x
豚さん、こんにちは。
コメントいただきまして、ありがとうございます。

>咲いたマンさんに喰われたいです
アッチのお誘いかと一瞬ヒヤリとしましたが、生まれ変わったらのお話なんですね。
豚さんはポッテリ系でいらっしゃるから大歓迎です。
旬を外さずいただきたいものです(笑。

Commented by 咲いたマン at 2015-07-18 15:58 x
katsuさん、こんにちは。
コメントいただきまして、ありがとうございます。

川に差してきたばかりのサクラマスは大変旨いものですが、成熟するにつれて日増しに味は衰えます。
これは高級魚に限ったことではなく、アジやイワシでも同じですものね。
でもわれら釣り人は、キープしたなら何でも美味しくいただきましょう(笑。

Commented by 咲いたマン at 2015-07-18 16:10 x
海おとこさん、こんにちは。
コメントいただきまして、ありがとうございます。

>確かめに逝ってめえりやす
まさか台風のさなかに出撃されたんじゃないでしょうね。
この増水に乗ってサクラマスがバンバン差して来てるにちげえねぇ、なんて能天気な妄想に耽っているのはワタクシだけであることを祈ります(笑。

どうか御無事で。
Commented by 磯トンボ at 2015-07-20 12:55 x
釣り師なら釣った魚が美味いか、まずいか・・・
食してみるものでしょう。

美味いからまた釣ろう・・・
不味いからもう釣らない。
最近、釣れないから釣りたい には走ってますよ。

どちらも釣りですね。
面白い。。。

Commented by 咲いたマン at 2015-07-20 16:40 x
磯トンボさん、こんにちは。
コメントいただきまして、ありがとうございます。

食味にこだわるのももちろん一つの好みで、釣れない獲物にこだわるのもやはり好みですね。
釣れないといよいよ釣りたくなるのは、ワタクシも含めた釣り師の本能みたいなものでしょうか。
面白いですが、ちょっとストレスがたまりますね(笑。


釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:25
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:16
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:05
こんにちは~ とう..
by 磯トンボ at 09:55
アイゴ狩りお疲れ様でござ..
by 海おとこ at 12:25
今晩は。 遂にというか..
by katsu at 23:19
カツさん、おはようご..
by 咲いたマン at 07:06
今晩は。 9月は色々と..
by カツ at 18:58
もも兄ぃ さん、おは..
by 咲いたマン at 07:27
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:18
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 09:43
あの難しいハコフグを釣り..
by 海おとこ at 08:21
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 09:28
今回は危険な香りのするb..
by 磯トンボ at 09:17
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:26
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 08:17
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 08:11
スマホォ デビューおめで..
by 磯トンボ at 07:11
おお、とうとうスマホにな..
by 海おとこ at 22:06
こんばんわ。 新しい家..
by しげ at 21:46
ブログジャンル
家庭菜園
釣り