今日のお料理~夏場のムラソイ
   
   
皆さんのボウズ逃れは何ですか

もちろんボウズ上等の漢(おとこ)釣師もいらっしゃるだろうが

オカズ釣師の俺としては何かを釣って持ち帰りたい

たいてい本命魚は釣れない俺だから

しばしば根魚を釣って帰るのだと前にお話しただろう

根魚といったって誰でも釣れるカサゴとムラソイが主で

それでも結構旨いから俺は有り難く思っている

どちらかと言えばかなり不細工な魚達なのだが


a0279321_15235959.jpg

つぶらな瞳がカワユス

俺はカサゴやムラソイを愛していると言っていいだろう









...









そんな可愛い根魚も俺が釣るのは秋から冬だけだ

乗っ込みで釣りやすいからか

ほかに釣り物が少ないからか

カニと同様寒い季節にだけ釣って

春から夏は狙って釣ることはない

産卵期は冬だからそれから遠い夏のほうが

身肉も充実して旨いはずだが

たぶんショゴやらキスやらイワシやら

暖かい季節は喰える小魚に事欠かないから

釣りきってしまいやすいカサゴやムラソイを

大事に温存しようという気持ちもあるのかもしれない









...









さていつものように仕事をサボって茶を啜り

お気に入りの釣りブログを巡回していると

ちょっと気になる記事に行き当たった

夜磯で型の良いムラソイが釣れたので

刺身に造ってみたという

キレイに引かれたムラソイの刺身は

白く光ってなかなか旨そうにみえたのだが



マズくて喰えないそうだ


ひどく磯臭くて一切れも喉を通らないという

こんなクソ不味い刺身は冷凍庫に放り込んで

次回の釣行時にコマセに混ぜてしまおうとまでおっしゃる

俺は人類で魚類であるムラソイの身内ではないが

それでもこんな書かれ方をしているのを読むと

何だか昔つきあっていた女の子が嫁に行き

夫のDVに悩んでいるというウワサを耳にしたような

切なくてちょっと物悲しい気持ちになってしまう


これは何とかできないものか


茶を飲み干して俺はそう独りごちたのだ








...









たまたま新鮮な根魚をもらった

カサゴに良型のムラソイが混じっていた


a0279321_16532058.jpg

ひれピンですよ

タフなムラソイは持って帰ってもまだ生きていて

刺身を試すのにはもってこいだろう

ウロコを取って腹を割る


a0279321_173674.jpg

なんだかキタナイ

ムラソイのいけないところはすぐババタレることで

同じくババタレ野郎のイスズミも評価は低い

これも磯臭さの原因の一つかもしれない


腹子を持ってない季節だから

ココロおきなくキープできたというカサゴも


a0279321_10464387.jpg

こいつはババタレない

ちょっとピンぼけ画像だがお分かりになるだろうか

腹子の代わりに白い脂肪を蓄えている

これで旨くないわけがないだろう









...









さてサクに取ったムラソイの身肉だが

ここで素人包丁ならではの工夫がひとついる

じゃぶじゃぶと流水で洗ってしまうのだ


a0279321_11452041.jpg


まな板の上に垂れたババやら包丁についたヌルやら

徹底的に洗い流すのは言うまでもないが

柵取りした身肉もじゃぶじゃぶと洗ってしまう

味が抜けるからか身がヘタるからか

おろした魚はむやみに洗わないのは鉄則で

この料理の基本は洋の東西を問わないらしく

かのトーマス・マンも「ブッデンブローク家の人々」の中で

そんなふうなことを言っていた(ような気がする)

だが俺はしばしば魚の身肉をじゃぶじゃぶ洗う

よしんば味が抜けたとしても(やっぱり抜けるだろう)

ウロコや磯臭いヌルを除去することを優先している

もし俺が板前の見習いで

そばで厳しい先輩板前が見てたなら

フグ捌いてんじゃねえぞと怒鳴られて

包丁のミネで額を割られてしまうかもしれない

だがリアルの俺は板前の見習いではなく

貧しいとはいえ一国一城のアルジであるから

我が家でそんな狼藉を働くのは嫁くらいだろう

だから遠慮なく俺は柵取りした魚をじゃぶじゃぶ洗う


a0279321_12232524.jpg

ここはポイントかもしれない

気が済むまでじゃぶじゃぶと洗い

磯臭くない刺身をタンノウする習わしだ









...









キッチンペーパーで水気を拭き取る


a0279321_12342596.jpg

味抜けたかな

生きていた魚だから洗われた身肉はイキリたって

これは鯉やスズキの洗いと同じ理屈だろう


a0279321_12393293.jpg

ブリブリですよ

このままラップに包んで一晩寝かせたほうが

身質も落ち着きイノシン酸とやらも増えて

旨いのだろうがすぐに刺身に引いてしまう

半分洗いになったムラソイの刺身をちょっと冷やして

夏らしくコリコリとした舌触りで楽しんでみたいのだ
a0279321_12513537.jpg

手前がムラソイ薄桃色はカサゴ

皮は湯引きにしてみた

熱湯をかけたら取り残したウロコをこそげ取り

やはり徹底的に洗ってしまおう









...









さあ飲るか


a0279321_1325083.jpg

野菜も食べてね

ムラソイから喰ってみる

a0279321_1383317.jpg

磯臭くないかな

ちょっと硬いがかなり旨いぞ

脂気がなくて白身らしい味わいだ

ワサビで喰ったがポン酢のほうが合いそうだ

庭のミカンはまだ小さいから何としたものかと

思案していてふと思い出し物置をのぞく


a0279321_13203536.jpg

腐ってませんか

春に収穫したまま放置していた夏ミカンだ

a0279321_13231478.jpg

まだダイジョウブです

割って醤油に絞り込む

それでムラソイを喰ってみると


a0279321_13265434.jpg



こりゃ旨いな








...









どれ皮の湯引きも試してみよう


a0279321_13331694.jpg


こりゃうま...


こりゃ硬いな


カサゴの湯引きはシコシコとして普通に旨いのだが

ムラソイの皮の湯引きは尋常でないくらいに硬く

チューインガムのようにガシガシと噛み続けても

一向に口中で破壊されることはない

まるでカバンの切れ端でも喰ってるようなのだ

でもこのニカワの強い皮は面白い食材だと思う

煮えてしまうくらい長めに湯に当てて

少し細かく千に切ってポン酢で喰えば

トラフグのトオトオミのようで

旨い酒肴になるんじゃないか

次の機会に試してみよう


最後になるがカサゴの刺身は文句なしに旨く

a0279321_14471626.jpg


カサゴの旬は夏だと言ってしまっていいかもしれない


a0279321_14193959.jpg

魚拓カレンダーもそう言っている



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

最後まで読んでくれてありがとう
[PR]
by US100243 | 2014-08-08 14:49 | 海の幸 | Comments(12)
Commented by 海おとこ at 2014-08-08 15:27 x
咲いたマンさん

あっしも同感でござんす♪カサゴやムラソイといった白身魚の刺身は好きでしてね(^^)
さっぱりしててブリっブリの歯ごたえはこたえられやせん♪
夏、皆さんがマズイと言って喰わねぇメジナも同様、しっかり水洗いして、氷水にくぐらせチヂれたヒエヒエの洗いは酒がススみやすぜ(^^)
いやぁ~イサキに続いてカサゴ、ソイまで下さる神父さんに感謝でござんすね(笑)
御免なすって(^^)
Commented by buribushi at 2014-08-08 17:29
美味しそうですねー。
自分で釣り、料って、召し上がれば、さぞご満足。いい暮らしですね。
自分で蒔いて、世話して、穫って、料って食べる暮らしに、やや草臥れてきました。畑、売っちゃおうかなー。
だけど自分の畑の物って、気のせいやヒイキ目でなく、あまみがあって実に美味しいんですよ。
Commented by 磯トンボ at 2014-08-08 20:05 x
夜釣りでムラソイが釣れたと言う話を聞きますが・・・籠釣り専門の自分は姿さえ拝んだことがありません。
カサゴもです。恐らくタナが違うんでしょうね。

湯引きも刺身も美味しそうです。
コラーゲンがたっぷり~肌に良さそうですね!(^^)!
Commented by katsu at 2014-08-08 20:41 x
ご無沙汰してます。
ソイが臭いって個体差によるものですよね〜?
石鯛やワサも磯臭くて食べられない物がありますので、シッカリと活き締めしててもです。
もうそうなると香辛料効かせてフライで食してます。
Commented by at 2014-08-08 22:25 x
咲いたマンさんこんばんは。

コマセに混ぜるだなんて酷い物云いの奴が居るものですね。
命の冒涜としか思えません。最低です。一体誰の事でしょう。(笑)

その物悲しさはオキニのデリ嬢がブログで他のお客さんとの、
僕の知らない自らの表情を楽しそうに綴るのを読んだ時に似たものでしょうか。

違うか。(笑)
Commented by 川海たなご at 2014-08-09 00:07 x
咲いたマンさんお久しぶりです!
ソイの刺身の作り方。。。実は私はサンノジで。。。
同じことしてましたよっ。
ついつい気になって書き込みしちゃいました。
でわでわ
Commented by 咲いたマン at 2014-08-09 14:55 x
海おとこさん、こんにちは。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

白身贔屓の海おとこさんは、やっぱり洗いがお好きですか。
暑い季節ならではの好酒肴ですよね。
よしんば磯臭さが残っていても、秘伝の漬けダレがあれば怖いモンなしです(笑。

Commented by 咲いたマン at 2014-08-09 15:03 x
すばるさん、こんにちは。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

畑おっくうになってしまいましたか。
ならば規模を小さくして、ワタクシも実践している自然農法はいかがでしょう。
茂りすぎた草を刈り倒すくらいで基本的に何もしませんが、半分虫にくれてやっても、菜っ葉やスパイスくらいは喰うに足りるくらいは採れます。
雑草もたいてい喰えますし(笑。
Commented by 咲いたマン at 2014-08-09 15:15 x
磯トンボさん、こんにちは。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

南房夜磯のヌシともいえる磯トンボさんにして、ムラソイを釣ってないとは。
まあ正攻法の遠投籠釣りには、あまり似つかわしくない魚ではありますね。
いればすぐ釣りきられてしまう魚ですから、ムラソイを釣っている釣り師は、変なトコロを釣っている変な人が多いようです(笑。
Commented by 咲いたマン at 2014-08-09 15:53 x
katsuさん、こんにちは。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

ヌルと内臓を完全に隔離すればかなり防げるのですが、個体差は確かにあるようですね。
そんな個体に行き当たったら磯臭いなんて思わずに、「磯の香りがしてオイシイ」と三回唱えろと神父様がおっしゃってました(笑。
Commented by 咲いたマン at 2014-08-09 16:03 x
豚さん、こんにちは。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

男女の仲と同様、釣り師と釣った魚の仲に他人は立ち入ることができないところが切ないです。
せめて豚さんはオキニじゃない娘さんにも、優しくしてあげてくださいね(笑。
Commented by 咲いたマン at 2014-08-09 16:13 x
川海たなごさん、こんにちは。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

おおっ、サンコウを洗いでやっつけましたか。
さぞかし磯の香りがして美味しかったことでしょう。
こうなるとタカノハダイやらイスズミやら、房総の夏空に夢は大きく膨らんでいきますね(笑。


釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
キュウリ草さん、おは..
by 咲いたマン at 06:50
こんにちは♪カゴガキダイ..
by キュウリ草 at 14:56
あおみのさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:20
お久しぶりです 全..
by あおみの at 21:56
デミさん、おはようご..
by 咲いたマン at 10:53
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 10:45
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:38
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 10:31
 フムー、文章は面白いの..
by デミ at 08:30
都合の良い女・・・いや魚..
by katsu at 19:44
イソメ買いに走りやしたか..
by 海おとこ at 10:11
おはようございます。 ..
by 磯トンボ at 07:05
orchid-tit..
by 咲いたマン at 21:21
katsuさん、こん..
by 咲いたマン at 21:14
デミさん、こんばんは..
by 咲いたマン at 21:09
磯トンボさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:07
海おとこさん、こんば..
by 咲いたマン at 21:02
遅ればせながら、明けまし..
by orchid-titi at 21:02
今晩は。 流石 咲い..
by katsu at 22:22
これは続きが楽しみな記事。
by デミ at 01:46
ブログジャンル
家庭菜園
釣り