M ~ 禁断のボーイズラブ
>>続き

呼び鈴が鳴っていた

いつの間にか眠っていたらしい

ベッドの中でボンヤリしたまま放っていたが

しばらくしてからまた鳴る

宅配便なら気の毒だと俺は渋々ベッドを出た

ふらつく足取りで玄関へ行きドアの覗き穴をのぞくと

魚眼レンズいっぱいにの暑苦しい顔が広がっていた

ういヤツ、見舞いに来てくれたのかとドアを開ける

咲いたマンさん、釣り逝きましょ、ナナツガマ、ナナツガマ

嬉しそうにが言った








...







の言うナナツガマとは佐賀県の景勝地七ツ釜のことで

福岡から1時間半ほど海岸沿いに走る

急深な磯場ででかいチヌやメバルが釣れる

その頃七ツ釜で俺たちはよく夜釣りをした

a0279321_1516385.jpg

断崖絶壁ですよ


時計を見ると午後の4時だ

仕事はどうしたと訊くと

夕マヅメに間に合わせたくて早めに切り上げてきたという

男女群島からホウホウノテイで逃げ帰り会社を休んだ俺に

は夜釣りに逝こうと誘っているのだ


こいつのアタマの中はどうなってるんだ

脳のかなりの部分がバブルの毒に侵されていたのだろうと思うが

結局俺はと一緒に七ツ釜へ釣りに出かけたのだ








...








疲れていたが運転は俺がした

体力の限界と思っていたがゲンキンなもので

釣りへ逝くとなると何とかモッテしまう

観光地である七ツ釜の広い駐車場に車を駐めると

広い草原を抜け俺たちは断崖の縁に立つ

そこから竿と餌箱を片手に持ち小物は皆ポケットに突っ込み

ひょいひょいと崖を下って逝った

足元はスニーカーでライフジャケットも着けていない

今のモラルやマナーで叱られると困ってしまうが

当時はそれが普通だった

今より命も軽かったのか

毎月のように九州のどこかで海難事故があったと思う







...







少し波があったので海面から3mほどの岩棚から糸を垂れた

コマセも打たずにオキアミで釣る

1号竿にケミホタルを着けた棒ウキでハリスは1.5号

ほぼ垂直の崖なので根にまかれることもなく

よほどの大物でなければそのハリスで足りた

九州の日は遅く日没は関東より1時間くらい遅い感じだ

やっとあたりが真っ暗になった頃俺は大物を掛けた

泳ぎにシャープさがなかったから多分大チヌだったろうが

経験したことの無い重さだった

1号のチヌ竿は満月を描き

竿2本の深さから10分以上かけて俺はその大物を浮かせた

だがタモは無い

一度水面に出た魚はまたグイグイと泳ぎだす

まだ若くサイズや数を釣ることにこだわっていた俺は

その大物を何とかして獲りたかった

時間をかけて再び魚を浮かせた俺はに頼んだ

よ、下に降りてハンドランディングしてこい

今より命が軽かったのだ

えー、波荒いじゃないですかー

は嫌がった

じゃあ何が釣れたかカオだけでも見てきてくれ

危ないから嫌ですよ~

押し問答をしてるうちぷっつりとハリスが切れた

さすがに1.5号の限界を超えたのだろう

同時に俺の中でも何かが切れてしまったようだった






...






帰りの運転も俺がした

猛烈な疲労感と眠気を紛らわそうと俺はに話しかけた

60センチ以上あったよな

助手席で居眠りしかけていたがかすれた声で答える

ボラだったんじゃないですか~

俺はその晩から高熱を出し

忙しい時期だったが会社を一週間休んだのだ







...







しばらくして俺は会社を辞めた

関東に戻った俺は渓流釣りにのめり込んだ

利根川本流で戻りヤマメを狙ったり


a0279321_1145424.jpg

これが旨いのよ

那珂川北部漁協の組合員になり

数多い支流で天然ヤマメやイワナと戯れたのだ


a0279321_12305663.jpg

生産力の高い良い川だ


数年しては東日本に転勤になった

俺とはまた一緒に釣りに逝くようになった

年に一度は釣り合宿をした

板室のムードのある隠れ宿でお泊り釣行するのだが

俺とは一線を越えることはなかった

ココロは受け入れても身体が拒んでしまう

は暑苦しいカオをしてるしウスラでかい

それに男だし

ならばが紅顔の美青年だったら関係を持ったのか

そう訊かれればそれは分からない

だが現実のは武道系の体育会で主将だったむさ苦しい男で



絶対無理!


そんなワケで俺はアッチの世界を知ることもなく

平凡なノンケの男として生涯を終えるのだろうと思う







...







ある年は変なものを持ってきた

それまでも登攀力もないくせに、GPSで自分の位置を示す液晶モニターを持ってきたり

自身が熊のような風体のくせに、リュックにからからと耳障りな音を立てるクマよけの鈴をぶら下げてきたり

変なことをやらかしてはいたが

その時は短い竿にタイコリールを着けて現れたのだ


a0279321_144463.jpg

紳士のスポーツフィッシングらしい

訊けばフライフィッシングを始めたという

そしてメイフライだのティペットだのナントカキャストだの

は得意げにノーガキを垂れた



逃げたな


釣れない現実から目をそむけるためにフライを始めたのだろう

だが俺はそれを否定しない

川虫を採ることだって湧水を飲むことだってノイチゴを摘むことだって

みんなひっくるめて釣りの楽しみだ

ノーガキフィッシングでが楽しめれば、そしてココロの安寧を得られるのならそれでいいと思い

俺はからからとクマよけの鈴を鳴らしながらフライロッドを振り回すの後ろ姿を眺めていた






...






フライをやってもがあまり釣れないことに変化はない

だがフライだと釣れなくても何だか偉そうに見えるのは不思議だ

に先に釣らせ、俺はその日もたくさんのヤマメを釣った

俺は釣ったヤマメを鮎釣りの友バッグに活かしておく

喰って旨そうな個体を選抜していくのだ
a0279321_11115516.jpg

ダイワ何かくれ

大きすぎるヤマメを川に戻し、ひらりひらりと泳いでいくのを見送りながら

俺はの後ろ姿に声をかけた

ヤマメ持って帰るか

それを待っていたかのように振り向いたが答える

ふ~ん咲いたマンさんキープするんですか~

ボクは基本キャッチアンドリリースだなぁ~



釣ってから言え!


そしてワタが抜いてあれば持って帰ってもいいと言う

俺は友バッグから旨そうなヤマメを選りすぐり

と妻子の分を下ごしらえして帰りに持たせてやるのだ






...






気分転換にルアーを投げたりもするが

俺はほとんどヤマメをエサで釣っていた

エサはたいてい川虫を使う

根がケチンボでエサ代が惜しいせいもあるが

売っているイクラやらブドウ虫より圧倒的に釣れるのだ
a0279321_14424130.jpg

いろいろな川虫がいる

キンパクやらヒラタやらクロカワムシやら

ピンチョロやら鬼チョロやらスナムシやら

川により季節により水況により時間帯により

当たりエサは間違いなくあり、それは変わる

それを見極めるとともに、その川虫が何時どこで採れるのかを知っていなくてはならない

そんな川虫に関する引き出しの多寡が

ヤマメ釣りの釣果に大きく影響する

俺はヤマメ釣りの技量の半分はそこにあると思っている






...






そんなヤマメのエサにこだわりを持つ俺だが

この数年は毛鉤釣り一辺倒だ

毛鉤釣りと言ってものようにフライではなく

一般的なテンカラでもない

詳しくはシーズンになったら記事にしたいと思うが

長いハエ竿にレベルライン、ドライフライで水面を釣る


a0279321_1533725.jpg

“鹿毛トビゲラ”は一番できる子

渇水時の夕マヅメなら最強のメソッドじゃないか

日没前後のホンのひとときで

たいてい喰うに十二分なだけ天然ヤマメが釣れるのだ

a0279321_13221141.jpg






...







何をやってもアバウトだったりピントを外してしまうだが

毛鉤を自作するようになってその隠れた才能を開花させた

毛鉤を巻くのが異常に上手いのだ

プロはだしと言ってもいい


a0279321_1554764.jpg

幾多の伝説を生んだ“ミカンうずら”

は精巧かつ堅牢に毛鉤を巻きあげる

a0279321_16112535.jpg

仕事は雑なのに

の毛鉤で俺はヤマメを釣る

今の俺のヤマメ釣りはの毛鉤がなくては成り立たないのだ







...








は今地方都市に単身赴任している

任されちゃいましたよ、えへへと本人は言っているが

仕事が雑だから飛ばされ20年前に会社を辞めた俺には本当のところはわからない

シーズンオフの寒い冬の夜

は独り寂しく毛鉤を巻いている


の中に巣くった妄想がカイコのように糸を吐き

はそれをカタチにし続けているのだ


a0279321_16522486.jpg

凝った毛鉤はたいてい釣れない



よ、早く戻ってこい

俺たちのホームの北関東の渓々はかなりキツめにベクレっちまったが

おたがい年をとり子も成した

ただちに健康被害がなければいいじゃないか

そしてたまには海へ逝こう

九州の頃のように海の魚を釣って喰おう

君の好きなフライフィッシングもいいぞ

フリーバードさんのように海フライの達人もいる

房総のココロ優しい魚たちはきっと

君のちょっとハズシた仕掛けにも喰いついてくれると思うぞ



にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村

海釣り ブログランキングへ

渓流釣り ブログランキングへ

読んでくれてありがとう


[PR]
by US100243 | 2013-01-25 17:18 | 四方山話 | Comments(16)
Commented by M良好きな籠師 at 2013-01-25 22:21 x
渓流師って、釣り場もそうだけど、毛バリも人には公開しないのではないですか?
自分も渓流を少しだけ齧って来たんで…。
勿論、自分は不器用なので出来合いの毛バリしか買ってませんでしたが。

やはく再会出来るといいですね Mさんと・・・。
Commented by 咲いたマン at 2013-01-26 12:38 x
M良好きな籠師様、こんにちは。
ご訪問いただき有難うございます。

鮎と違ってヤマメはその毛鉤でなければ釣れないという場面はあまりない気がしますので、最近は自分の毛鉤を秘匿するタイプの釣り師は減ったようです。
釣り場に関しては海と同様で、特にネット上では配慮が必要かもしれませんね。
Commented by turi-iso at 2013-01-26 13:35
SとMの濃密な関係をドキドキしながら
読ませていただきました
あの一線は、超えなかった・・・・

あそこは超えてほしかったです(笑
Commented by US100243 at 2013-01-26 15:02
turi-iso様、こんにちは。
ご訪問いただき有難うございます。

そうなんです。
一線を越えて爛れた関係に堕ちていくか、あるいは海で死んだことにしたほうが面白いと思ったのですが、ウソはいけませんからね。本人が読んだら怒るでしょうし。
ひょっとしてその気になられたら、かなり面倒ですし(笑。
Commented by なみ平 at 2013-01-27 22:03 x
那珂川の写真、大きな石があってドキドキしました。

こういう川ではフライもテンカラも一緒ですね。

ドライフライもウェット毛鉤も一緒。

エルクのドライからパートリッジのウェットに変わったのかな・・・
Commented by 咲いたマン at 2013-01-28 07:17 x
なみ平さん、おはようございます。

ご多分に漏れず、那珂川もまったく意味のない河川改修で石や淵が埋まりつつありますが、おおむねいい川です。
オレパーはMに頼んで巻いてもらいましたが、実際使うのはドライがほとんどですね。
沈めた方が釣れますが、魚を見るのが楽しみの半分です。
Commented by izu at 2013-01-28 22:53 x
う~ん・・・
深いですね。若輩者の私には他に言葉が見つかりません^^
磯の怖さも恐ろしいまでに感じました。
そう言えば淡水の釣り・・・私も20年くらい前に九州に住んでいた頃にやってました。
と言っても上流域ではなく中流域で川虫使ってのヤマベ釣りですが(笑
小型の物を持ち帰っては(大きいのはあまり釣れなかったので)母が甘露煮にしてくれたのが懐かしいです。
Commented by US100243 at 2013-01-29 09:48
izuさん、こんにちは。

izuさんもそのころ九州にお住まいでしたか。
純朴な少年と若いサラリーマンは、どこかですれ違っていたかもしれませんね(笑。
交通が不便だったころの名残か、少し海から離れると大切に川魚を食べる食文化が残っていたりしますね、懐かしいです。
Commented by げん at 2013-01-29 22:06 x
全編読ませて頂きました。
まさかこっちの方向へ進むとは、予想外でした。私にも長年の釣り友達がおりますが、離れたり交わったりと長い人生、流れていきたいとのです。
Commented by 咲いたマン at 2013-01-31 11:32 x
げん様、こんにちは。
ご期待に添えなかったなら申し訳ありません。
倫理コードに抵触するのか、ブログ村以外では記事紹介さえ表示されませんし(笑。
これに懲りず、これからもヒマつぶしにおいで下さいませ。
Commented by フリーバード at 2013-02-01 22:01 x
こんばんは。
長期出張から帰って、わくわくで読んでたら・・・
わ! なんと! 達人なんて・・・ 恐縮です。

咲いたマンさんもMさんと是非振ってみてください。 
海は寛容です。 どんなフライでも反応はあると思います。 ハリだけでも釣れるぐらいですから・・・
  
Commented by 岡崎より at 2013-02-01 23:29 x
咲いたマンさんこんばんわ。完結しましたね。おそらくですが、諸般の事情で釣り師が減って、魚影が濃くなった那須の川に、Mさんと釣行できるといいですね。
Commented by 咲いたマン at 2013-02-02 19:22 x
フリーバードさん、こんばんは。
勝手にお名前だしてしまって、申し訳ありません。
海フライといえばフリーバードさんだと、アタマに焼き付いてしまっているもので(笑。
フライはキャストが高い壁ですね。アジングタックルでウェットフライをガンダマかまして投げたら面白いんじゃないかなんて、邪道なことを考えたりしてます。
Commented by 咲いたマン at 2013-02-02 19:34 x
岡崎よりさん、こんばんは。
原発事故以来、以前より自然が回復した那須の川ですが、気のせいかたまたまなのか、かなり水生昆虫が減ってるように感じます。
今季はまめにストマックをチェックして調べてみたいと思いますが、果たしてMの釣果がアテにできるかどうか(笑。
Commented by げん at 2013-02-05 21:27 x
いえいえ。充分に興味深いお話でした。
なんせ那珂川の上流で生まれ育ったものなので。
Commented by 咲いたマン at 2013-02-06 10:05 x
げん様、おはようございます。

おおっ、そうでいらっしゃいましたか。
あの広大な那珂川流域のいずこかでお育ちとは!
まるで同郷人のように感じてしまいます。
お差支えない範囲内で、いろいろ教えくださいませ。

釣って食べたり採って食べたり
by 咲いたマン
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
アトランティックな夜..
by 咲いたマン at 17:57
キンキンに冷やしたズブロ..
by atlantic night tales at 06:10
内房の名無しさん、お..
by 咲いたマン at 07:50
おお ズブロッカ 商用..
by 内房の名無し at 15:00
しげさん、おはようご..
by 咲いたマン at 09:10
katsuさん、おは..
by 咲いたマン at 09:04
orchid.tit..
by 咲いたマン at 08:57
こんばんはー ラムとお..
by しげ at 00:09
毎日更新されてるか確認し..
by katsu at 22:43
お久しぶりです。 ..
by orchid.titi at 10:58
タミーさん、おはよう..
by 咲いたマン at 07:20
海おとこさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:14
磯トンボさん、おはよ..
by 咲いたマン at 07:06
咲いたマンさん、こんばん..
by タミー at 21:25
ご無沙汰しておりやす。 ..
by 海おとこ at 12:18
アルコール度数7度の酒を..
by 磯トンボ at 10:20
もも兄ぃさん、こんに..
by 咲いたマン at 18:06
銀玉ピストルさん、こ..
by 咲いたマン at 17:56
キュウリ草さん、こん..
by 咲いたマン at 17:42
 咲いたマンさん、こんに..
by もも兄ぃ at 11:27
ブログジャンル
家庭菜園
釣り